0120306327

0120306327はアプラスからの着信です。

この番号からの電話は結論から言うと、無視をしても大丈夫です。

ここでは、その理由について解説をしていきます。

0120306327はアプラスからの電話


0120306327はアプラスからの電話です。

アプラスと言えば、新生銀行グループの信販会社ですよね。

アプラスのクレジットカードを持っている方に対して、0120306327から電話が掛かって来たり、SMSでメッセージが来たりします。

アプラスが扱っているクレジットカードは具体的に以下のような種類があります。

  • Tカードプラス
  • アクシスカードプラス
  • ヤングアクシスカードプラス
  • アプラスゴールドカード
  • 新生アプラスカード
  • キズナアイカード
  • ALBIREX BB BOOSTER CARD
  • マンチェスター・ユナイテッドカード
  • ECナビカードプラス
  • エバーライフカード
  • G・O・Gカード

0120306327からの着信があった方は、上記のいずれかのカードを持っていると考えられます。

0120306327からの電話の内容は?

では、0120306327からの電話はどういった内容なのでしょうか?

その点に関しては、アプラスの公式ページにで以下のように説明がされています。

つまり、0120306327からの電話の内容は、各種サービスの案内です。

アプラスからの電話と聞くと

「何か、まずいことをしたのかな?」

と心配になる方もいらっしゃるかもしれませんが、決して、不正利用や、取り立て、或いは督促の連絡ではありません

もし、各種サービス以外の連絡がある場合は、別の電話番号から掛かってくるので、その点ではご安心下さい。

また、各種サービスの案内をするフリーダイヤルは、

  • 0120-116-336
  • 0120-060-803
  • 0120-306-327
  • 0120-182-600
  • 0120-502-292

という感じでいくつか種類があります。

0120306327からの電話の口コミが最悪!?


次に、0120306327からの各種サービスの案内とは、具体的にどういったものかというと、口コミを見ていると、基本的にはリボ払いへの勧誘が多いことが分かります。

ただ、皆の口コミで反応を観ると、0120306327からの電話に対する口コミの評判は、以下のような感じで、すこぶる悪いです。

  • 最後まで話をきくと、勝手にリボ払いの手続きにいこうとする。
  • 口の利き方や対応がクソで最悪
  • タメ口で口座番号を聞いて、散々暴言を吐かれて一方的に電話を切られた。
  • クレジットカード関連の緊急連絡のフリをしたが、ただの勧誘電話だった。
  • 電話に出て来るまで掛けて来る
  • マンション投資の話で、興味がないと断ったが、なかなか電話を切ってくれなかった。
  • 掛け直したら、TSUTAYAリボ払いキャンペーンのお知らせだった。
  • 一度電話に出て断ったが、5日後にまたかかってきた。

0120306327からの電話を掛けて来るのは、実際は、アプラスから委託を受けた業者なのかもしれません。

そして、営業のノルマが厳しいのか、しつこくて対応が横柄だという口コミが数多く見られました

0120306327からの電話の対処法


0120306327から電話が掛かって来た場合、基本的には無視しても構いません

ただ、その場合は、何度も電話を掛けてくる可能性もあります。

ですから、それが嫌な場合は、思い切って、着信拒否をしてしまうのも一つの方法です

もちろん、アプラスには、お得なキャンペーンがあるのかもしれません。

ただ、それは、アプラス側ではなく、あなたのペースで進めるのが良いので、必要であれば、アプラスにこちらから連絡をして問合せをすれば良いと思います。

アプラスへの支払いが出来なくない場合は?

アプラスは新生銀行グループの信販会社なので、基本的には安心して使えるサービスです。

ただ、借金残高が増えて来て、リボ払いの切り替えると、手数料や利息の負担は、かなり大きく掛かって来ます。

アプラスのクレジットカードは、ショッピングでは、手数料が年率で10~13%、キャッシングだと金利が年率18%と非常に高いからです。

ですから、もし、返済がキツイ場合は、弁護士や司法書士に無料で相談をすることも可能です。

>>今すぐ借金をどれだけ減らせるか調べてみる【所要時間1~2分】

takeshi1

0120306327からの電話は、取り立てや督促の連絡ではないので、安心して大丈夫ですし、アプラスのキャンペーンなどの関心がなければ、着信拒否をしても全然大丈夫ですよ。