700万円 債務整理

借金が700万円以上ある場合、思い切って債務整理で返済をした方が良いのでしょうか?

それとも、自力返済を続けた方が良いのでしょうか?

ここでは、借金700万円を債務整理すべきか判断するポイントについてお伝えする共に、債務整理を行う場合に、任意整理、個人再生、自己破産の中でどの手続きが有効なのか、事例も紹介しながら解説していきます。

借金700万円を債務整理すべきか判断するポイント

700万円の借金が奨学金である場合


借金700万円を債務整理するかどうか判断する上で、最も注意すべきは金利です

もし、700万円の借金の内訳の全額、或いは大半が奨学金の場合は、極力、自力返済をお勧めいたします。

その理由は、奨学金は金利が非常に低く、月々の返済額もある程度、抑えられるからです。

例えば、700万円の奨学金を1%の金利で借りていた場合、20年間の返済期間で、月々の返済額は3万円ちょっとぐらいになります。

もちろん、手取りの年収が20万円を下回るようなケースだと返済は大変かもしれません。

しかし、3万円の返済額であれば、節約をしたり、週末にバイトをしたりするなど、今の生活にプラスαの努力を加えていくだけで、何とか乗り越えられる可能性は高いと思います。

或いは、奨学金を払えない場合は、日本学生支援機構に連絡をして、返済期間を猶予してもらったり、月々の返済額を減らしてもらうという方法もあります。

その内に、給料も上がって来れば、給料の範囲内で返済が出来るようになって来るでしょう。

>>奨学金を返せない場合の対処法

金利が高い借金がある場合は?

しかし、その一方で、700万円の借金の金利が高いと、状況はまったく異なって来ます

もちろん、700万円の借金全額が消費者金融からの借金という人はいらっしゃらないでしょう。

なぜなら、消費者金融からの借金は総量規制のルールで年収の三分の一までと決められているからです。

ただ、仮に金利が8%ぐらいであったとしても、利息はかなり掛かって来ます。

月々の返済額 返済期間 利息の金額
12万円 75ヶ月 1,894,084円
15万円 57ヶ月 1,413,119円
18万円 46ヶ月 1,129,860円

毎月、10万円以上をガンガン返済しても、最終的に支払う利息の金額は、100万円~200万円になってしまいます。

もちろん、これは返済だけに集中した場合でのシミュレーションです。

途中で、返済がうまくいかない場合は、返済期間がさらに延びて、最終的に支払う利息は200万円を超えてしまう可能性も出て来てしまうでしょう。

ですから、その場合は、債務整理を検討することをお勧めいたします。

700万円以上の任意整理の事例


ただ、借金が700万円になると、任意整理では解決が難しいケースが多いです。

任意整理は将来利息をカットした上で、残債を3年~5年で分割返済できるよう債権者と和解する手続きです。

ただ、借金が700万円ある場合、月々の返済額は返済期間が3年だと毎月の返済額は194,444円、5年返済でも116,667円とかなりの返済負担になるからです。

しかし、それでも700万円以上の任意整理の事例はあります。

一番、有名なのは『任意整理による、借金総額700万返済ブログ』ではないでしょうか?

こちらのブログの管理人の方は、700万円以上の借金を任意整理で返済していく体験談を実況中継するかのように細かくブログに書かれています。

借金の原因は、競馬や浪費だったそうです。

最初は消費者金融のアコムからキャッシングを始め、それからオリックス銀行、ジャックスカード、楽天銀行、住信SBIネット銀行、複数の地元の銀行などからお金を借りる多重債務の状態になっていました。

そして、返済総額が700万円以上に膨れ上がった借金を任意整理で和解し、5年計画で現在も返済を続けている途中です。

任意整理で借金700万円の返済はキツイ!?

こちらのブログの方は、給与明細なども公開されていますが、手取りの給与は25万円ぐらいで、そこから月々10万円以上の返済をされています。

実際、こちらの事例の方のブログを読むと分かりますが、見ていて気迫が伝わってきます。

もし、それなりに収入があれば、700万円の借金を任意整理を通じて返済していくことも可能ではありますが、相当な精神力が必要になってくることが分かるかと思います。

無理をして任意整理をすると失敗する!?

700万円の借金を債務整理で解決していく場合、任意整理でもやろうと思えば出来ないことはありません。

ただ、こちらで紹介したブログの方のように、相当がんばる必要があります

それでうまく返済できれば良いのですが、途中で返済が出来なくなってしまうと、再和解は難しいです。

さらに、そこから個人再生や自己破産の手続きをすることになると、余計なお金が掛かってしまいます。

任意整理後の支払いができないと、かなり厄介なので、落とし穴にはまらないよう十分気を付ける必要があります。

>>任意整理後に支払いが遅れてしまった場合の対処法

ですから、あなたの700万円の借金を任意整理で解決出来るかどうかは、自分なりに判断せず、まず無料診断でどのくらい借金が減額されるかチェックしてから判断されることをお勧めいたします

実際に借金減額診断を受けてみると、債権によっては、過払い金が発生して、借金が大幅に減額されることもあります。

そうすれば、借金が700万円あっても比較的余裕を持って任意整理で解決できる可能性も出て来ます。

任意整理での解決が難しい場合

もし、700万円の借金を任意整理で解決するのが難しい場合は、個人再生や自己破産で解決出来ないか検討をしていくことになります。

借金700万円を個人再生する場合

個人再生の場合は、債務を5分の1ぐらいまで減らすことが出来るので、700万円の借金であれば140万円が最低弁済額となります。

(ただし、所有している財産の価値や手続きの内容によって弁済額が上がる場合もあります)

将来利息はカットし、返済期間は原則として3年間となるので、月々の返済額は38,000円となります。

また、3年間が難しければ返済期間を5年間にして、月々の返済額を23.000円まで下げることも可能です。

これぐらいの返済のペースではあれば、自己破産をせずに、700万円の借金を減額してもらった上で、返済を続けていこうと考える方も多いです。

また、個人再生であれば、住宅ローンを整理の対象から外せるというメリットもあります。

自己破産する場合の注意点

個人再生でも解決が難しい場合は、最後の手段として検討するのが自己破産です。

自己破産の場合は、すべての借金をチャラにすることになるので、話は分かりやすいかと思います。

ただ、自己破産では、借金の原因が、パチンコや競馬などのギャンブル関係、あるいは浪費であった場合、免責不許可事由に該当して、免責を簡単に受けられなくなっています。

他にも自己破産がのデメリットはいくつかありますので、心配な方は事前にチェックをしておいて下さい。

>>自己破産のメリットとデメリット~破産するとどうなる?

まとめ

借金が700万円ある場合でも、奨学金など金利の低い借金であれば、自力返済でも問題はないでしょう。

ただ、銀行や消費者金融から10%近くの金利で借りている人は、月々の返済額が10万円程度でも最終的に支払う利息が100万円~200万円になってしまうので、債務整理での解決をお勧めいたします。

借金が700万円ある場合でも、任意整理で解決した事例はありますが、それでも返済がキツクなるリスクは高いので、実際、どの方法で解決すれば良いか、弁護士や司法書士に相談されることをお勧めいたします。

takeshi1

700万円の借金問題の解決方法は、任意整理の他にもいくつかありますので、無理のない債務整理の方法で解決出来るよう法律の専門家に事前によく相談をして下さいね。