700万円 債務整理

借金が700万円以上の人が返済できずに債務整理を行なう場合、どういった手続きが可能なのでしょうか?

通常、借金の額が100~200万円ぐらいであれば、任意整理の手続きで解決出来るケースが多いです。

しかし、借金が600万~700万円のレベルになると、任意整理では難しいため、個人再生や自己破産で手続きをするケースが多くなってきます。

ここでは、700万円の借金を債務整理する場合、どんな感じになってくるのか具体的に解説にしていきます。

700万円以上の任意整理の事例

冒頭で、借金が700万になると、任意整理は難しいと書きましたが、それでも700万円以上の任意整理の事例はあります。

一番、有名なのは『任意整理による、借金総額700万返済ブログ』ではないでしょうか?

こちらのブログの管理人の方は、700万円以上の借金を任意整理で返済していく体験談を実況中継するかのように細かくブログに書かれています。

借金の原因は、競馬や浪費だったそうですが、最初は消費者金融のアコムから借り始め、それからオリックス銀行、ジャックスカード、楽天銀行、住信SBIネット銀行、複数の地元の銀行などからお金を借りる多重債務の状態になっていました。

そして、700万円以上に膨れ上がった借金を任意整理で和解し、5年計画で現在も返済を続けている途中です。

給与明細なども公開されていますが、手取りの給与は25万円ぐらいで、そこから月々10万円以上の返済をされています。

ブログを読むと分かりますが、見ていて気迫が伝わってきます。

実際、700万円の借金を任意整理を通じて返済していくことも可能ではありますが、相当な精神力が必要になってくることが分かるかと思います。

個人再生や自己破産の場合

ただ、収入がそれほどない方の場合は、個人再生や自己破産など、他の債務整理の手続きを通じて、借金問題を解決していくことをお勧めいたします。

自己破産の場合は、すべての借金をチャラにすることになるので、話は分かりやすいかと思います。

ただ、自己破産では、借金の原因が、パチンコや競馬などのギャンブル関係、あるいは浪費であった場合、免責不許可事由というものに該当して、免責を簡単に受けられなくなっています。

自己破産ができない場合~免責不許可事由に該当したらダメ?

自己破産が出来ないワケではないのですが、手続きが複雑になりますので、そこで、借金の理由が問われない個人再生を選択する方も多いです。

(個人再生であれば、住宅ローンを整理の対象から外せるというメリットもあります。)

個人再生の場合は、債務を5分の1ぐらいまで減らすことが出来るので、700万円の借金であれば140万円が最低弁済額となります。

それを3年~5年で返済していくようになるので、月々の返済額は23,000円~38,000円の範囲となってきます。

これぐらいの返済のペースではあれば、何とか払っていこうと考える方も多いです。

個人再生のメリットとデメリット

ちなみにあなたの借金や返済額がどれくらい減らせるかはこちらの方法で簡単に調べることが可能なので、参考にしてみて下さい。

無理のない債務整理の方法を選んでいく

700万円の借金を債務整理で解決していく場合、任意整理でもやろうと思えば出来ないことはありません。

ただ、こちらで紹介したブログの方のように、かなりがんばる必要があります

それでうまく返済できれば良いのですが、途中で返済が出来なくなってしまうと、再和解は難しいですし、そこから個人再生や自己破産の手続きをするケースもあり、余計なお金が掛かってしまう可能性が高いです。

takeshi1

ですから、700万円の借金がある場合は、自分に無理のない方法で債務整理が出来るよう必ず事前に弁護士など法律の専門家に相談をするようにして下さい。