借金返済 200万円

借金が200万円を超えると、一般のサラリーマン家庭が返済をするのは、なかなか大変になってきます。

もちろん、住宅ローンなど低金利で借りている人は、まだ大丈夫でしょう。

しかし、消費者金融からのキャッシングという形でお金を借りている場合は、金利が15.0%になっているケースが多いですし、リボ払いにした場合も手数料は平均して15%掛かります。

借金が200万円を超えた段階で金利や手数料がそれぐらい掛かると、自力返済はかなり厳しくなってきます。

ここでは、200万円の借金の返済計画を見て行きながら、任意整理だとどれくらい損失が減らせるのか解説をしていきます。

借金200万円の返済計画

消費者金融から金利15%で200万円の借金をしてしまった場合、毎月の返済額に応じた返済期間とトータルで支払う利息(利子)がどうなるか一覧表にしてみました。

毎月の返済額 返済期間 トータルで払う利息
8万円 31ヶ月 413,045円
7万円 36ヶ月 480,779円
6万円 44ヶ月 603,380円
5万円 56ヶ月 789,985円
4万円 79ヶ月 1,158,176円

このように返済計画を見てみると、がんばって8万円ずつ返済をしても、トータルで支払う利息(利子)は40万円以上掛かってしまいます。

逆に、返済額が4万円まで下がると、トータルで支払う利息は100万円以上になり、返済期間も6年以上掛かってしまうというやばい現実が見えてきます。

200万円の借金を返済する方法

200万円の借金を抱えてしまった場合、やはり問題になってしまうのは、金利と利息(利子)です。

借金が数十万円~100万円のレベルであれば、金利の負担はそこまで深刻にはなりません。

しかし、借金が200万円を超えると、かなり利息が大きくなってしまうことは、先ほどの数字から分かって来るかと思います。

ですから、200万円の借金を自力返済するには、この利息(利子)の問題を何とかする必要があります

副業や節約は有効か?

利息の支払いを最小限に抑えるには、毎月の返済額を増やして、元金返済の割合を増やしていく必要ががあります。

そのために有効なのが副業や節約です。

最近は、インターネットを通じて自宅で出来る副業も増えていますので、うまくやれば月数十万円稼いで、一気に200万円の借金を完済できる可能性もあります

ただ、肉体系のアルバイトは体を壊すリスクがあります。

また、ビジネス系の副業は、まったく稼げない時もありますし、逆に損をして借金が増える時もあります

参考記事:借金返済ができる副業の種類

一方、節約に関しても、水道光熱費、食費、通信費など、家計をじっくり見直してみれば、いろいろと支払い金額を削れる部分も見えて来ます。

しかし、手取りが20万円とか収入が限られていると、借金が200万円ある場合は、節約をしても焼け石に水の状態になってしまう可能性もあるのでご注意下さい。

参考記事:借金返済の為の節約術

おまとめローンは有効か?

200万円以上の借金を抱えている人は、一ヶ所ではなく、数ヶ所の消費者金融などから借りているケースが多いです。

ですから、それらの借金をまとめて、金利を下げるおまとめローンを利用すれば、返済の負担はある程度、軽くすることが可能です。

おまとめローンは、金利が下がるだけでなく、信用情報に傷が付かないというメリットもあります。

ただ、その一方で審査が厳しいですし、返済期間が延びて、トータルでは支払う利息(利子)があまり減らないというデメリットもあります。

200万円の借金を任意整理で解決

もし、借金返済を本格的に考えている人であれば、弁護士や司法書士を通じて、任意整理という債務整理の手続きをするのが最も効果的です。

実際に任意整理での手続きが可能かどうかは、以下の方法で簡単に診断してもらうことが可能です。

借金が200万円ある場合、返済能力がまったくなければ自己破産も一つの選択肢となりますが、ある程度の返済能力があれば、任意整理で借金問題を解決出来る人は多いです。

任意整理のメリット

もし、以前に利息制限法を超える高い金利で利子を支払っていた人は、払い過ぎた利息が戻って来て、その分、残債が一気に減ることもあります。

また、任意整理では将来利息は原則カットされ、元金だけを返済出来るというメリットがあります。

将来利息をカット出来れば、200万円の借金を自力返済する時に発生する数十万円~百万円単位の利息を支払う必要がなくなります

そして、任意整理後は、元金だけを3年~5年で分割返済していくことになります。

仮に、払い過ぎた利息は発生しなかった場合でも200万円の借金の将来利息がカットされた場合、月々の返済額は以下のようになります。

  • 3年間で返済:55,555円
  • 5年間で返済:33,333円

200万円の借金で苦しんでいた人にとっては、ここまで毎月の返済額が下がれば、返せる範囲に入ってくるのではないでしょうか?

任意整理は気軽に出来る

任意整理は、個人再生や自己破産など他の債務整理の手続きと違って、裁判所を通じた手続きになりません

手続きはその分、簡単になるので、弁護士や司法書士に依頼した場合、一つの債権者に対して掛かる報酬費用も1件あた5万円程度に抑えることが出来ますし、家族に内緒で手続きを行なえる可能性も高いです。

(利息を払い過ぎていたことが判明した場合、借金を減額できた金額に対して、減額報酬が10%掛かるのが一般的です)

takeshi1

もちろん、それでも返済が難しい場合は、個人再生や自己破産という形になりますが、まずは200万円の借金を任意整理で解決できないか、弁護士や司法書士と相談しながら検討してみて下さい。

多くの人達が借金の悩みを解決しています!

「毎月の返済が厳しい・・・」
「返しても返しても借金が減らない・・・」
「取り立ての連絡が怖い・・・」

そんな時、法律の専門家に相談すれば借金を減らす方法を教えてもらうことが出来ます。

返済が難しい借金は放置すると毎日、利息が増えていくので、その分、確実に損をしてしまいます。

ですから、1人では決して悩まず、早めに相談をして、新しい人生の第一歩を踏み出してみて下さい。

>>今すぐ借金をどれだけ減らせるか調べてみる