借金返済 200万円

借金が200万円を超えると、一般のサラリーマン家庭が返済をするのは、なかなか大変になってきます。

もちろん、住宅ローンなど低金利で借りている人は、まだ大丈夫ですが、消費者金融から借りている場合は、金利が15.0%になっているケースが多いので、かなり大変です。

ここでは、200万円の借金の返済計画を見て行きながら、任意整理だとどれから損失が減らせるのか解説をしていきます。

借金200万円の返済計画

まず、消費者金融から金利15%で200万円の借金をしてしまった場合、毎月の返済額に応じた返済期間とトータルで支払う利息(利子)を一覧表にしてみました。

毎月の返済額 返済期間 トータルで払う利息
8万円 31ヶ月 413,045円
7万円 36ヶ月 480,779円
6万円 44ヶ月 603,380円
5万円 56ヶ月 789,985円
4万円 79ヶ月 1,158,176円

このように返済計画を見てみると、がんばって8万円ずつ返済をしても、トータルで支払う利息(利子)は40万円以上掛かってしまいます。

さらに返済額が4万円まで下がると、トータルで支払う利息は100万円以上になり、返済期間も6年以上掛かってしまうという厳しい現実が見えてきます。

200万円の借金を返済する方法

200万円の借金を抱えてしまった場合、やはり問題になってしまうのは、金利と利息(利子)です。

借金が数十万円~100万円のレベルであれば、金利の負担はそこまで深刻にはなりません。

しかし、借金が200万円を超えると、かなり利息が大きくなってしまうことが数字から分かって来ます。

ですから、200万円の借金を返済するには、この利息(利子)の問題を何とかする必要があります

実際、借金が200万円以上の借金を抱えている人は、一ヶ所ではなく、数ヶ所の消費者金融などから借りているケースが多いです。

ですから、それらの借金をまとめて、金利を下げるおまとめローンを利用すれば、返済の負担はある程度、軽くすること可能です。

おまとめローンは、金利が下がるだけでなく、信用情報に傷が付かないというメリットもあります。

ただ、その一方で審査が厳しかったり、返済期間が延びて、トータルでは支払う利息(利子)があまり減らないというデメリットもあります。

ですから、もし、借金返済を本格的に考えている人であれば、任意整理という債務整理の手続きがオススメです。

実際に任意整理での手続きが可能かどうかは、こちらの方法で簡単に診断してもらうことが可能です。

任意整理のメリット

任意整理のメリットは、将来利息をカットすることが出来るという点です。

さらに、以前に利息制限法を超える高い金利で利子を支払っていた人は、払い過ぎた利息が戻って来て、その分、残債が一気に減ることもあります。

任意整理を行なえば、自力返済する時に発生する数十万円~百万円単位の利息を支払う必要がなくなり、任意整理で掛かる費用を差し引いても、かなりの損失を防ぐことが出来ます。

また、任意整理は、個人再生や自己破産と違って、裁判所を通じた手続きになりません

手続きはその分、簡単になるので、一つの債権者に対して掛かる費用も1件あたり2~5万円程度に抑えることが出来ますし、家族に内緒で手続きを行なうことも可能となってきます。

takeshi1

もちろん、それでも返済が難しい場合は、個人再生や自己破産という形になりますが、まずは任意整理で解決できないか、検討してみることをお勧めいたします。