借金が膨らみ続けると、人はどんな心理状態となり、どんな行動を起こすようになるのでしょうか。

ここでは、消費者金融や闇金からの借金が450万円まで膨らんだ芸人のカンニング竹山さんの体験談をご紹介していきます。

また、実際にそれだけの借金を抱えてしまった場合、出来るだけ早く解決する方法についても解説していきます。

カンニング竹山が借金減額に成功した体験談

借金が450万円まで到る心理状態

カンニング竹山さんは、しくじり先生という番組でご自身の借金体験談を語り、それがかなり話題となりました。

最初に借金をしたきっかけは、相方の中島さんのバイクで交通事故を起こした際、示談金の50万円を払うために、消費者金融から借り入れをしたことでした。

初めてキャッシングをした時に、カンニング竹山さんは、

「借金は簡単に出来るんだ」

と思ってしまいます。

そして、

「芸人は借金をするぐらいがかっこいい」

と思って、眼鏡代、洋服代、飲食代、競馬などのギャンブル代、後輩におごるお金などで、80万円まで借金が膨らみます

ただ、その借金は、カンニング竹山さんのお母さんが全額返済してくれました

しかし、それによって、消費者金融から、返済能力がある人だと思われ、お金を借りないかというお誘いの連絡が来るようになったそうです。

そして、そこから再度、借金が膨らむようになるのですが、借金の金額ごとにカンニング竹山さんの心理は次のように変化していきます。

  • 100万円未満:まだイケる
  • 100万円を突破:ちゃんと返せるかな?
  • 200万円を突破:ガンガンいこうぜ!

200万円を超えたあたりから、金銭感覚が麻痺してしまい、借金は遂に450万円にまで膨らんでしまったのでした

闇金から借りるとマズイ

カンニング竹山さんは、いろいろな貸金業者から借金をする中で、貸金業者を大きく3つに分類していました。

  • Aグループ:大手の消費者金融(優良企業で最初はここから借り始めた)
  • Bグループ:中小の消費者金融(審査は甘くなるが返済が出来ないと取り立てが厳しい)
  • Cグループ:闇金(取り立てが超厳しい)

その時、カンニング竹山さんは、Cグループの闇金にも手を出してしまっていて、法外な利息を請求され取り立ての連絡が激しく来ていました。

通常の貸金業者であれば、取り立ての方法が法律で規制されています。

>>借金の取り立ての方法で禁止・違法行為

しかし、闇金は元々違法の業者なので、そういった法律は一切無視して、ガンガン取り立てをしてきたのでした

困ったカンニング竹山さんは、遂に彼女からお金を借り始めます。

しかし、彼女は「自分がいるとあなたはダメになってしまう」と言って去ってしまいます。

その時、初めて、カンニング竹山さんは450万円の借金を何とかしなければと思い、債務整理を行なう決心をしたのでした。

450万円の借金を債務整理で解決

債務整理を行なう際、カンニング竹山さんは、弁護士には頼らず、裁判所へ行って直接手続きを行ないました。

その結果、450万円の借金を180万円まで減らすことに成功しました

借金を180万円まで減らすことに成功したカンニング竹山さんは、裁判所を出て、空が青いことに気が付いたそうです。

それまでは、借金のせいで、ずっと下を向いていたからです。

また、この450万円の借金地獄という経験を通じて、カンニング竹山さんは、お金=信用なんだという大切な教訓を得たとのことです。

450万円を債務整理した場合のシミュレーション

債務整理は、任意整理、個人再生、自己破産と大きく3つの種類に分かれますが、もう一つ、特定調停という弁護士を通さずに行なえる手続きがあります。

カンニング竹山さんは、恐らくこの特定調停を行ったものと思われます。

特定調停では払い過ぎた利息があれば、その分を残債からカットし、将来利息をカットして、残債を基本的には3年で分割返済していく手続きです。

特定調停は、費用を安く済ますことが出来るので、お金を節約したいのであれば、特定調停の手続きで借金問題を解決するのも良いでしょう。

ただ、特定調停では、裁判所へ何度か通う必要がありますし、書類も全部自分で揃えないといけないので手間が掛かるというデメリットがあります。。

任意整理した場合

その一方で、任意整理であれば、特定調停と同様に払い過ぎた利息を減額したり、将来利息をカットしたりすることが出来るだけでなく、裁判所を通さずに手続きが出来るので、手軽に行なうことが出来るというメリットがあります。

特定調停より任意整理を強くオススメする理由

カンニング竹山さんの場合、払い過ぎていた利息(過払い金)がかなり発生していたので、借金は180万円まで減額できたということになります。

そして、任意整理では、残債を3年~5年で返済していくことになるので、任意整理後の月々の返済額は、3万円~5万円まで減らすことが可能です。

ただ、その一方で、払い過ぎた利息が減額されない場合、月々の返済額は、以下のようになります。

  • 3年返済:12万5千円
  • 5年返済:7万5千円
  • 7年返済:5万3,600円

実際に、あなたの借金をどれくらい減らせるかは以下の方法で簡単に調べることが出来ます。

個人再生した場合

実際、借金が450万円まで膨らんでしまった場合、個人再生の方が有効なケースも多いです。

なぜなら、個人再生であれば、450万円の借金は100万円まで減額することも可能だからです。

そして、個人再生後の月々の返済額は、

  • 3年返済:2万7,778円
  • 5年返済:1万6,667円

個人再生は、住宅ローンの返済をそのまま続けながら、それ以外の借金だけを減額することによって家を守れるというメリットもあります。

自己破産も可能かもしれないけれども

もし、任意整理や個人再生でも難しいのであれば、自己破産ということになります。

自己破産を行えば、450万円の借金がすべてチャラになるというメリットもありますが、一定以上の財産を手放す必要があるなどデメリットもいろいろ出て来ます

ですから、借金の負担を減らしつつ、債権者に何らかの形で返済を続けたいのであれば、まずは、任意整理や個人再生での解決が出来ないか、弁護士や司法書士に相談してみると良いでしょう。

まとめ

カンニング竹山さんは、債務整理を行うことによって、見事、450万円の借金の減額に成功しました。

しかし、途中で闇金に手を出してしまったり、彼女から振られてしまったりと、いろいろな紆余曲折を経ることになってしまいました

もちろん、カンニング竹山さんは、そこから様々な人生の教訓を得た訳ですが、早い段階で法律の専門家に相談をすれば、もっと効率的に借金問題を解決できた可能性は高いです

takeshi1

債務整理を早く行えば、その分、借金返済で苦しむ期間も短く出来ますし、周りの人へ掛ける迷惑も最小限に抑えられますので、まずは弁護士や司法書士へ相談するところから始めてみて下さい。