借金 1000万円

借金が1000万円まで膨らんでしまうと、債務整理を行なう場合、自己破産の確率がどうしても高くなってしまいます。

ただ、必ず自己破産しなければならないかというと決してそういう訳ではありません。

ここでは、1000万円の借金を抱えた人が自己破産以外の方法で解決した事例をお伝えしていながら、借金問題の解決法を解説していきます。

パチンコやギャンブルで借金1000万円

私が以前、働いていた事務所に親がパチンコや競馬などのギャンブルにハマってしまい、借金が1000万円を超えてしまったという方が相談に来たことがありました。

1000万円の借金を返済するには以下の3つの方法から、いずれかを選ぶ必要があります。

  • お金を稼ぎまくって自力で1000万円を返済する
  • 債務整理で借金を減額して残りの金額を返済する
  • 自己破産ですべての借金をチャラにする

自力で返済をするには?

一番、周りに迷惑が掛からない方法は、自力で返済をすることです。

ただ、月々の返済額と返済期間に耐えきれるかどうかが問題になってきます。

もちろん、最近はおまとめローンなど借り換えによって、金利を下げ、月々の返済額を減らすことも可能です。

しかし、おまとめローンは審査が厳しいですし、返済期間は長期化するので、根本的な解決にはつながらないケースも多いです。

ちなみに、その時、相談された方の親御さんは既に月々の返済額が13万円を超えていました。

さらに病気になって仕事が思うように出来ず、収入が激減してしまったので、自力での借金返済は難しいという話になりました。

自己破産をする場合の注意点

また、その親御さんは、借金の理由はパチンコなどのギャンブルだったという問題もありました。

その場合、自己破産の申立てをすると、簡単には免責されない(免責不許可事由に該当してしまう)状況が生じてしまう可能性があります

一応、裁判所に対して弁護士や司法書士を通じて交渉していけば、裁量免責という形で免責の了承を得られるケースの方が実際は多くはなっていますが、手続きはかなり面倒になります。

また、その方の家は親御さんの名義で住宅ローンが残っていました。

自己破産を行うと、当然、自宅を手放すことになるため、それは困るという話になり、自己破産以外の解決法を探すことになったのです。

1000万円の借金を効率的に減らすには?

そうなると、残りの方法は、任意整理か個人再生です。

任意整理は、裁判所を通さないですし、整理する債権も選べるので、負担なく手続きをしやすいというメリットがあります。

しかし、任意整理だと、借金の額自体は、それほど減らすことが出来ないので、1000万円の借金の場合は不向きです。

(ただ、払い過ぎた利息がたくさんあり、かつ任意整理後の返済額を支払うだけの返済能力があれば、任意整理が可能な場合もあるので、一度、弁護士や司法書士に相談をしてみて下さい)

すると、残りは個人再生となります。

個人再生の場合、債権者の同意を得ることが出来れば、1000万円の借金は5分の1の200万円まで一気に減らすことが出来ます

(その場合、借金の理由は問われないので、パチンコやギャンブルが原因でも問題はありません)

利息も原則としては払う必要がなくなり、残った金額を3年または5年で返済していくようになります。

また、個人再生では、住宅ローンを債務整理の対象から外すことが出来るため、自宅を守ったまま債務整理を行なうことが可能です。

結局、その方の親御さんは、個人再生を行ない、残債を月々5万5000円支払いながら3年間に渡って返済をするようになりました。

ちなみに、あなたの借金がどれくらい減らせるかはこちらの方法を使えば簡単にチェックすることが出来ます。

1,000万円の借金返済で苦しんでいる多くの人達がこの方法で解放されていますので、是非一度試してみて下さい。

1000万円の借金=自己破産=人生の終わりではない

借金が1000万円まで膨らんでしまうと、

「もう自己破産しかない・・・」

「もう人生終わった・・・」

と絶望してしまう方が時々いらっしゃいます。

しかし、ここでの例でも挙げたように、1000万円の借金問題を解決していく方法は自己破産だけではありません

よくよく調べてみれば、もっと良い方法はいろいろ出て来るので是非希望を持つようにして下さい。

takeshi1

自分一人では悩まず、専門家に相談をしながら最善の道を見い出していって下さいね。