自己破産をするとすべての借金が免責(チャラ)にされるというメリットがあります。

しかし、奨学金の返済が残っている状態で、自己破産をすると、連帯保証人(保証人)がかなりマズいことになります。

ここでは、実際に連帯保証人や保証人がどうなってしまうのか解説をしていきます。

自己破産すると保証人に返済義務が課せられる

自己破産の手続きを行なう際は、債権者平等の原則から、すべての債務が整理の対象となります。

ですから、奨学金の残債があると、当然、それも整理の対象となります。

免責を受けることが出来れば、すべての借金がチャラになりますが、もし奨学金で保証人を立てていると、すべての返済義務が連帯保証人(保証人)に課せられることになります。

ですから、奨学金の返済が残っている人は、まず、連帯保証人や保証人が誰なのか確認をして、その人達に相談をする必要があります。

連帯保証人と保証人の違い

奨学金の手続きを行なう際は、連帯保証人と保証人の両方を立てる必要があります。

連帯保証人は基本的には親(親が難しい時は兄弟姉妹や叔父、叔母など4親等以内の親族)がなり、保証人は父母を除き、かつ別生計である4親等以内の親族がなります。

保証人は

  • 催促の抗告権:主たる債務者に対して請求を行うよう要求できる権利
  • 検索の抗告権:主たる債務者が返済を拒否した場合、強制執行を要求できる権利
  • 分別の利益権:保証額を保証人の人数で割った金額だけを返済すれば良いという権利

を持つことが出来ますが、連帯保証人は上記の権利を一切持ちません。

参考記事:保証人と連帯保証人の違い

ですから、基本的には子供が自己破産をした場合、連帯保証人となっている親などが、まずは全ての責任を負うことになります

保証人は分割返済が可能?

子供が自己破産をした場合、奨学金を管理しているJASSO(日本学生支援機構)は連帯保証人に対して、一括請求を行なうことが出来ます。

ただ、交渉によっては、分割返済も可能となりますし、基本的には分割に応じてもらえるケースがほとんどです。

機関保証であれば親・兄弟には影響なし

その一方で、奨学金をもらっている人の中には、連帯保証人や保証人を立てる人的保証ではなく、保証会社を通じて行なう機関保証を行っている人もいます。

機関保証は、保証料が別途掛かってしまいますが、もし、自己破産をした場合は、保証会社が責任を持ってくれるので、親や兄弟に迷惑が掛からないというメリットがあります

参考記事:奨学金が機関保証であれば個人再生や自己破産でも大丈夫?

人的保証から機関保証への変更は可能?

そのような話を聞くと、奨学金の保証人を人的保証から機関保証に変更することは出来ないかと考える方もいます。

人的保証から機関保証への変更に関しては、平成16年度以降の奨学金採用者の場合、連帯保証人や保証人が死亡またはやむを得ない事情で、保証人なることが出来ず、かつ、

  • 延滞をしていない
  • 振替口座(リレー口座)による返還を行っている
  • 本人が破産、債務整理の状態にない

という条件を満たしている場合に行なうことが出来ると、日本学生支援機構のHPに記載されています。

ちなみに連帯保証人や保証人が死亡した場合などは、

  • 連帯保証人:父母。兄弟姉妹または叔父・叔母(配偶者は不可)
  • 保証人:父母を除く4親等以内の親族で、本人または連帯保証人と別生計

という条件などを満たしている親族に変更をすることも可能です。

自己破産で保証人に迷惑を掛けなくない場合は?

実際、奨学金を自己破産の対象とすることによって、連帯保証人や保証人になっている親や親族に返済義務が行くようになり、連鎖破産をするケースも多く、社会問題化しているところもあります。

では、そのような事態を避けるにはどうすれば良いのでしょうか?

この点に関しては、以下の記事で詳しく解説しています。

参考記事:奨学金を自己破産すると生じるデメリットとその対処法

具体的には、

  • 日本学生支援機構に相談して自己破産しないで対処できる方法を探してみる
  • 任意整理で解決できないか弁護士や司法書士に相談する

という2つの方法があります。

takeshi1

親や兄弟が奨学金の連帯保証人や保証人になっている場合、自己破産をすると様々なトラブルの原因となってしまうので、まずは弁護士や司法書士によく相談をしながら進めるようにして下さい。