債務整理とは、簡単に言ってしまうと、文字通り、債務を整理する法的手続きとなります。

つまり債務整理では、あなたが抱えている借金を減額したり、チャラにしたりすることが出来るのです。

債務整理の手続きは、基本的には弁護士や司法書士を通じて行うようになります。

自分でやろうと思えば出来ないこともありません。

ただ、手続きはかなり複雑になってくるので、オススメはしていません。

また、債務整理は、具体的に任意整理、特定調停、個人再生、自己破産と4つの種類に分かれます。

ここでは、それぞれの方法について簡単に分かりやすく説明をしていきます。

債務整理の種類

任意整理

任意整理とは、債務者(借金を抱えた人)が、弁護士や司法書士を通じて、特定の債権者(消費者金融などお金を貸しているところ)に対して交渉を行ないながら借金を圧縮していく手続きです。

他の債務整理の手続きと違って、唯一裁判所を通さずに行えるという点が任意整理の大きな特徴の一つです。

任意整理では、以下のことを行ないます。

  • 取引履歴を債権者から取り寄せ、引き直し計算を行い、払い過ぎた利息があれば借金を減額していく
  • 将来利息をカットする
  • 最終的に和解した内容に基づき残債を3~5年で返済していく

任意整理は、債務整理の中でも比較的、借金(債務)の少ない人が行なう傾向があります。

また、裁判所を通さない分、手続きもやりやすいため、債務整理の中では任意整理を選ぶ人が一番多くなっています。

特定調停

特定調停は、簡易裁判所を通じて、特定の債権者と交渉を行い、借金の減額や返済条件の緩和を行っていく手続きです。

形式的には任意整理と似ていますが、裁判所を通じて行うという点が大きく違います

また、特定調停では、弁護士や司法書士を通さず、簡易裁判所が選任した調停委員が仲介を行うようになります。

特定調停の大きなメリットは、費用を安く済ますことが出来るという点です。

掛かってくる費用は、申立手数料や印紙代ぐらいとなり、一つの債権者あたり1,000円程度とかなり格安となっています。

ただ、その一方で特定調停は、

  • 自分で裁判所に通ったり、書類を準備したりしなければならないので、手続きがかなり大変。
  • 調停委員が債務整理に詳しいとは限らないため、有利に交渉を進められる保証はない。
  • もし過払い金が発生していた場合は、別途過払い金請求訴訟を起こす必要がある。

など、デメリットがいろいろあります。

実際、特定調停を利用する人の数は年々減少している傾向もあり、当サイトでも特定調停はオススメしていません。

個人再生

個人再生とは、裁判所を通じて、債務を減額していく手続きです。

減額できる借金の額は金額にもよりますが、例えば、借金が500万円~1500万円の場合は、個人再生を通じて、借金の金額を5分の1まで減らすことも可能です。

そして、残債を3~5年で返済していくような流れになります。

自己破産のように借金をチャラに出来るという訳にはいきませんが、任意整理よりも減らせる借金の額は大きいです。

そのような意味で、個人再生は任意整理と自己破産の中間的な位置にあるとも言えます。

また、個人再生では、原則としてすべての債務が整理の対象となりますが、住宅ローンだけは、住宅資金特別条項を利用することによって、整理の対象から外すことが出来ます

大切な自宅を残したまま、借金を整理することが出来るという点が、個人再生の最も大きな特徴の一つです。

自己破産

自己破産は、裁判所を通じて、全ての債務を免除してもらう手続きです。

税金の滞納分だけは例外となりますが、裁判所に認めてもらえれば、借金を一気にゼロに出来るので、そういった意味では最も強力な債務整理の手続きだということが出来ます。

ただ、その一方で、自己破産を行うと、

  • 現金は99万円までしか保有することが出来ない
  • 現金以外の財産は20万円を超えると処分しなければならない

などの制約を受けるようになります。

ですから、自己破産をする場合は、弁護士などとよく相談しながら、どのようなデメリットがあるか、よく認識した上で手続きを行っていく必要があります。

あなたにとってベストな債務整理を行なっていくためには?

ここでは、債務整理の具体的な種類について解説をしていきました。

ただ、あなたにとって、どのタイプの債務整理が良いか、すぐには分からない場合もあります

また、いきなり近くの弁護士事務所や司法書士事務所へ相談するというのもかなり敷居が高いと感じる方も多いでしょう。

ですから、そういった場合は、あなたの借金が具体的にどれぐらい減らせるか簡単にシミュレーションできたり、債務整理に強い弁護士や司法書士などに匿名で無料相談が出来たりするサービスを利用すると便利です。

多重債務になったしまったりするなど、借金の金額が多くなると、誰にも相談できず一人で悩んでいる方が多いというのも実情です。

そういった場合でも、今は、ネットで簡単に法律の専門家に相談することが出来ますので、気軽に利用してみて下さい。