CIC・JICC・ KSC 違い

CIC、JICC、そしてKSCというのは、主要な信用情報機関の名称です。

よく債務整理をすると、ブラックリストに載るという表現が使われます。

これは具体的には、信用情報機関に債務整理を行なった情報が記録されることを意味します。

ローンなどの借入れをする場合、銀行や消費者金融などの貸金業者は審査のプロセスで信用情報機関に申請者の情報をチェックします。

そして、債務整理をした記録が残っていれば、申請を却下するようになってしまうのです。

ここでは、CIC、JICC、KSCの違いや信用情報機関に情報開示する方法について解説をしていきます。

CIC、JICC、KSCの違い

CIC、JICC、KSCは似ているところも多いですが、一番の違いは加盟している会員(会社)の系列です。

  • CIC(株式会社シー・アイ・シー):クレジットカード会社や信販会社が多い
  • JICC(株式会社日本信用情報機構):消費者金融が多い
  • KSC(全国銀行個人信用情報センター):一般社団法人全国銀行協会(全銀協)が運営している

という違いがあります。

ただし、これはあくまでも傾向であって、例えばアコムやプロミスは消費者金融ですが、CICとJICCの両方に加盟しているなど、複数の信用情報機関に登録している業者も多く見られます。

債務整理の情報はどれだけ残る?

債務整理を行なった場合、信用情報機関に情報が記載されてしまいますが、期間は限定されています。

また債務整理の種類によって記録が残る期間は違ってきます。

sの違いを表にまとめると以下のようになります。

任意整理 個人再生 自己破産
CIC 記録されない 記録されない 5年
JICC 5年を超えない期間 5年を超えない期間 5年間を超えない期間
KSC 記録されない 10年を超えない期間 10年を超えない期間

ただし、ここで債務整理の記録がされないからと言ってもまったく記録されない訳ではありません。

返済状況などは記録されますし、債務整理を行なうと手続きを行っている期間は債務者の事情により返済が発生しない空白の期間が記録されます。

そういった入金の状況を見れば債務整理を行なったことが分かるようになっています。

また、信用情報機関は、CRINというシステムを通じて、債務者の個人信用情報や履歴を共有しています。

ですから、いずれかの信用情報機関に情報が残っていれば、そこで審査は難しくなってしまいます。

例えば、銀行の住宅ローンが返済不能となってKSCに事故情報登録されると、CICやJICCでも情報が共有されてしまうため、クレジットカードの申込をしても、審査に落ちてしまうということになります。

情報開示はどの信用情報機関へするのが良い?

もし、債務整理を行なって、しばらく間をおいた後に、借入が出来そうかチェックするために信用情報機関に情報開示を求めるのが良いでしょう。

その時に、どの信用情報機関に問い合わせをするのが良いかという話になるかと思います。

基本的には自分がお金を借りていた貸金業者が加盟している信用情報機関に情報を開示を求めるのが一番確実です。

信用情報の開示方法は、CICやJICCはインターネット開示も可能ですが、KSCは郵送のみというような違いは対象ありますが、基本的な流れは変わりません。

信用情報機関ごとの具体的な情報開示方法は以下のようになっています。

CIC JICC KSC
情報開示の方法 パソコン
スマートフォン
郵送
窓口
スマートフォン
郵送
窓口
郵送のみ
手数料  1,000円
(窓口であれば500円)
1,000円
(窓口であれば500円)
1,000円
掛かる期間 パソコン、スマホ、窓口であれば即日
郵送であれば10日間
スマホは手続き完了後郵送
窓口であれば即日
郵送であれば1週間~10日
数日
情報開示の問い合わせ先  CICの情報開示案内  JICCの情報開示案内  KSCの本人開示案内

必要書類などについては各信用情報機関のページで直接ご確認下さい。

情報開示をするデメリットは、若干の費用が掛かってしまうぐらいなので、気になる方は、気軽に取り寄せてみるのが良いと思います。

まとめ

債務整理を行なう場合の最大のデメリットの一つは、信用情報機関に情報が記録されてしまうということです。

ですから、債務整理を行なう際は、手続き後に、どのような形で情報が記録されるのが知っておくことが大切です。

takeshi1

信用情報機関の違いや信用情報開示の流れを把握しておけば、将来、住宅ローンなど新たな借入の申請をする際に役立つので、事前に把握しておかれることをオススメいたします。