自己破産後は約10年間、住宅ローンの審査は通らないというのが一般的な通説となっています。

自己破産の手続きを行なうと信用情報機関に約5年~10年間、事故情報が登録されてブラックリストに載った状態になってしまうからです。

ただ、いろいろな人の体験談を見てみると、自己破産後に住宅ローンが組めたという人も中にはいらっしゃいます。

ここでは、なぜその人達は審査に通ったのか分析していきながら、自己破産後でも住宅ローンの審査に通るコツについて解説をしていきます。

自己破産後に住宅ローンを組めた人の体験談

まず、Yahoo!の知恵袋から、自己破産後に住宅ローンを組めた人の体験談を集めてみました。

私は組めました。
免責後6年目でした。
2200万 ローンOKでしたよ。
頑張ってください!

2ヶ月前に注文住宅が完成して、入居できました。
自己破産後9年目です。全銀には情報ありの状態です。

フラット35を優良住宅ローンで借りることができました。手数料が安くて、おすすめですよ。
他には、JAと地銀に事前審査をお願いし、通過しました。
借入3200万円、30年支払いです。

うちの場合は丸8年でジェイモーゲージを通してフラット35で通りました。
勤続年数半年、頭金も1割以下という悪条件でしたが、承認いただけました。KSCにだけ自己破産載っています。

うちは自己破産後8年でフラット35承認もらい、現在建築中です。m
KSCに記載がある限り、銀行は無理ですよ!ノンバンク経由からフラット35に申込をおすすめします

債務整理中に住宅ローンで審査に通った人の事例(2件)

このようにいろいろ探してみると、自己破産をして5年を過ぎたぐらいから住宅ローンが組めた人が出て来ていることが分かります。

では、なぜ本来であれば自己破産の10年後以降でないと住宅ローンに通らないと言われているにも関わらず、その前に審査に通った人がいるのでしょうか?

自己破産後に住宅ローンの審査に通るコツ

5年を過ぎた後はノンバンク系でチャンスあり

自己破産をすると信用情報機関に事故情報が登録され、ブラックリストに載ってしまうのですが、実は信用情報機関の種類によって、登録される期間は違ってきます

信用情報機関 登録期間
CIC(信販会社系) 5年
JICC(消費者金融系) 5年間を超えない期間
KSC(銀行系) 10年を超えない期間

CIC・JICC・ KSCの違いと信用情報開示の方法

基本的にこれらの信用情報機関はCRINというシステムで個人の信用情報を共有してはいます。

ただ、実際にノンバンク系の金融機関の中には、CICやJICCの信用情報だけを照会して、KSCの信用情報は見ない、或いは重要視しないケースもあります。

その場合は、自己破産後、5年を過ぎれば住宅ローンの審査に通る可能性が出てくるということになります。

ノンパンク経由フラット35は狙い目

自己破産後に住宅ローンを組めた人のもう一つの特徴として、フラット35を利用して審査に通った人が多いということです。

フラット35とは、独立行政法人である住宅金融支援機構が、民間金融機関と共同で提供する住宅ローンの商品です。

フラット35を利用したい場合は、フラット35を取り扱っている金融機関を通じて申し込むようになりますが、この時に銀行ではなく、ノンバンク系の金融機関を選ぶことがポイントとなってきます。

無理は禁物

ここの事例は、あくまでも自己破産後10年間は絶対住宅ローンに通らないと言われて絶望的な気持ちにならないようにご紹介をさせて頂きました。

ただ、一つ気を付けなければならないのは、自己破産後に住宅ローンを組めた人がいるからといって、決して無理をしてはいけないということです。

無理をして住宅ローンを組んでも、再び返済不能になってしまうリスクが高まってしまいます

ですから、必ず住宅ローンをキチンと返済できる見込みが立った上で、余裕を持って申込みを行なうようにして下さい。

takeshi1

また、これから債務整理を行なう方は、自己破産以外で借金問題を解決出来る方法もありますので、まずは気軽に弁護士や司法書士に相談するようにして下さい。