借金減額 ショッピングのみ

ショッピングのみで増えてしまった借金を減額することは可能なのでしょうか?

このようなケースでは、リボ払いで、返済が難しくなってしまうパターンが多いですよね。

ここでは、ショッピングのみのリボ払いによる借金問題を解決できるかという点について解説をしていきます。

ショッピングのみの借金の減額について

キャッシングで出来た借金を減額するケースは多いので、イメージしやすいところがあるかもしれません。

その一方で、ショッピングのみで出来た借金に関しては減額することが出来るのでしょうか。

この点に関しては、債務整理の中でも、どのような手続きをするかによって対応が異なります

ショッピングで借金をする方の大半は、リボ払いを行っているので、「リボ払いの借金が減額されるのは本当か」と気になる方も多いですが、簡単に言えば、出来ない時もあれば、出来る時もあるということになります。

任意整理では減額はできない

債務整理の中でも、一般的によく行われているのが、任意整理の手続きです。

任意整理の手続きを弁護士や司法書士に依頼すると、弁護士や司法書士は、債権者から、取引履歴を取り寄せます。

そこで、過去に利息制限法を超えた金利で、利息を払っていた場合は、その分を減額することができます。

ただ、ショッピングによって出来た借金の場合、この方法で減額されることは一切ありません

なぜなら、利息制限法での上限金利は、15~20%であるのに対し、ショッピングのリボ払いなどで課せられる手数料は、基本的に年率15%未満であるからです。

元々、手数料の利率が、相対的に高くないので、手数料を払い過ぎていることが法的に認められることがないということになります。

しかし、ショッピングのみだと借金が減額されないからといって、任意整理をやる意味がないかと言えば、決して、そんなことはありません。

その理由は、任意整理を行った場合、将来的に掛かる手数料をカットしてもらえる可能性が高いからです。

リボ払いで残高がなかなか減らないのは、手数料が足かせになってしまっているからです。

しかし、その手数料が、今後、一切掛からないということになると、あとは、元本のみの返済となるので、どんどん借金を減らすことができるでしょう。

ですから、ショッピングのみの借金で困っている方も、まずは、気楽に借金の負担を減らせないか相談してみることをお勧めいたします。

>>今すぐ借金をどれだけ減らせるか調べてみる【所要時間1~2分】

個人再生や自己破産では減額が可能

その一方で、個人再生や自己破産を行った場合は、ショッピングのみの借金でも減額することも可能です。

個人再生は、住宅ローン以外の借金を約5分の1に減額したりすることができる手続きです。

この方法であれば、過去に高い手数料を払っていようとしまいとも、合法的に借金を減額することができます。

また、自己破産を行った場合は、減額という次元を超えて、すべての借金がチャラになります。

このように、どうしても返済が難しい場合には、国が認めた合法的な手続きによって、ショッピングのみの借金でも減額、またはチャラにしてもらうことが可能なのです。

リボ払いを減額した場合のデメリット

しかし、その一方で、ショッピングのみの借金をリボ払いで返済している人が、債務整理を行おうとした場合、以下のようなデメリットが発生します。

商品が引き上げられる可能性について

ショッピングで出来た借金をリボ払いで返済している途中に、債務整理を行うと、場合によっては、該当商品を引き上げられるリスクが発生します。

リボ払いなどの分割払いをクレジットカード会社を通じて行っている場合、代金の支払いが終了するまで、商品の所有権は、信販会社にあるという所有権留保の特約が結ばれているケースがあるからです。

日本クレジット協会が公開しているリボ払いによる包括クレジット契約を締結した場合における書面記載事項の例の中には、以下のような記述があります。

第●条(商品の所有権留保に伴う特約)
会員は、会員がカード利用により購入した商品の所有権が、当社が販売店等に立替払したことに
より販売店等から当社に移転し、立替払契約に基づく債務が完済されるまで当社に留保されること
を会員は認めるとともに・・・

ですから、原則論の観点から見れば、債務整理を行った場合、まずは、返済が完了していない商品が引き上げられて、その時点で、換価した額が、残債から差し引かれ、残った金額に対して、債務整理を行うという流れになります。

ただ、実際のケースでは、商品が引き上げられないことが多いのも事実です

購入した商品を、既に消費してしまっているケースもありますし、商品が壊れたりして、価値を失っているケースもあるからです。

また、クレジットカード会社も多数の案件を扱っているため、すべてのケースに対して、規定通り、厳密に対応することができないという事情もあります。

しかし、だからといって、絶対、大丈夫だということは、言えません。

特に、高額な商品を購入している場合は、その分、商品を引き上げられる可能性が出て来るので、ご注意ください。

ブラックリスト状態になる

ショッピングで出来た借金を債務整理した場合、その情報が、信用情報機関に登録されてしまいます。

いわゆるブラックリスト状態になってしまう訳です。

信用情報機関に事故情報が登録されると、その記録は約5~10年間、残り続けてしまうため、その期間は、新たな借入れが出来なくなってしまいます。

クレジットカードが使えなくなる

これは、信用情報機関に事故情報が登録されることに関連した内容となりますが、ブラックリスト状態になると、クレジットカードが使えなくなります。

普段から、ショッピングを楽しんでいる方にとっては、かなりキツイかもしれません。

クレジットカードは、あなたの信用をベースに、商品が購入できるようになっていますが、その信用が、債務整理で傷ついてしまう訳ですから、ある意味、しょうがないことだと言えます。

また、人によっては、クレジットカードにETCカード機能なども付いている方もいらっしゃるかと思いますが、クレジットカードが使えなくなると、ETC機能も同様に使えなくなるので、ご注意ください。

ですから、債務整理を行った後、カードを使いたい場合は、

  • デビットカードを利用する
  • 家族に、家族カードを作ってもらう

という形で、対応されることをお勧めいたします。

リボ払いの借金を減額するメリット

ただ、その一方で、ショッピングで出来てしまった借金を減額する場合は、以下のようなメリットがあります。

借金の返済が加速する

債務整理を行う最大のメリットは何と言っても、借金の返済が加速することです。

任意整理の場合、ショッピングで出来た借金自体を減額することはできませんが、その一方で、将来的に掛かるリボ払いの手数料をカットしてもらえる可能性は高いです。

リボ払いの返済が困難になる最大の理由が、手数料であることを考えれば、手数料がカットされることによって、借金の返済が一気に加速することは容易に想像ができるかと思います。

買い物依存症から脱出するチャンス

ショッピングの借金を債務整理の対象にすると、約5年間~10年間、ブラックリスト状態になり、新たな借金ができなくなるので、それは、もちろん、デメリットだとも言えます。

しかし、その一方で、ショッピングを通じて、リボ払い地獄、そして借金地獄に陥ってしまった方にとって、新たな借入れが出来なくなったり、クレジットカードが使えなくなったりするのは、ある意味、メリットだとも言えます。

なぜなら、強制的に、クレジットカードを使えなくなることが、買い物依存症から脱却するきっかけにもなり得るからです。

また、ブラックリスト状態になっても、5年~10年の期間が過ぎれば、信用情報は回復します。

ですから、ブラックリストになっている期間は、借金癖をなくすための良い期間だと良い意味で捉えて過ごすと良いでしょう。

まとめ

ショッピングのみで借金が増えてしまった方でも債務整理で、問題を解決することは可能です。

借金減額という観点から見ると、任意整理では、借金自体を減額することはできませんが、債権者との交渉によって、将来的に掛かる手数料をカットできるので、そこで返済の負担を軽くすることができます。

また、個人再生や自己破産を行った場合は、合法的な方法によって、借金を減額(自己破産では免責)することも可能です。

ショッピングのみの借金を債務整理した場合、希に商品が引き上げられることがあったり、信用情報に事故情報が登録されてブラックリスト状態になったり、或いは一定期間はクレジットカードが使えなくなったりするデメリットが発生します。

ただ、それ以上に、借金を一気に返済できたり、買い物依存症から脱却するきっかけを作ることができたりするメリットがあるので、メリットとデメリットの両方を考慮した上で、判断されると良いでしょう。

takeshi1

ショッピングのみによる借金でも、減額をしたり、負担を軽くしたりすることは可能なので、まずは、弁護士や司法書士に気軽に相談するところから始めてみてください。