借金が150万円まで膨らんだ場合、債務整理をするべきなのでしょうか?

それぐらいの借金であれば余裕で返済が出来るのではと思われるかもしれません。

ただ、返済計画を立ててみると、利息は意外と多いことが分かりますし、いろいろな問題が起こってくる可能性があります。

ここでは、その具体的な問題点と債務整理を行うメリットやデメリットについてお伝えしていきます。

借金150万円の返済計画と返済期間

150万円を銀行から借りていた場合、金利はそれほど高くないでしょう。

しかし、消費者金融から借りていると、金利は15.0%になる可能性が高くなります

そのような条件で返済計画を立てた場合、月々の返済額ごとの返済期間は以下のようになります。

月々の返済額 返済期間 利息の総額
3万円 79ヶ月(6年7ヶ月) 868,611円
4万円 51ヶ月(4年3ヶ月) 536,686円
5万円 38ヶ月(3年2ヶ月) 391,756円
6万円 31ヶ月(2年7ヶ月) 309,776円
7万円 26ヶ月(2年2ヶ月) 256,880円
8万円 22ヶ月(1年10ヶ月) 219,977円

>>より詳しい150万円の返済計画はこちら