借金が150万円まで膨らんでも、余裕で返済が出来るのではと思われるかもしれません。

ただ、返済計画を立ててみると、利息は意外と多いことが分かりますし、いろいろな問題が起こってくる可能性があります。

ここでは、返済がキツクなってくるラインと、返済計画が長引きそうな場合の対処法について解説をしていきます。

借金150万円の返済計画と返済期間

150万円を銀行から借りていた場合、金利はそれほど高くないですし、比較的余裕で返済できるでしょう。

しかし、消費者金融から借りていると、金利は15.0%になる可能性が高くなるので返済はかなりキツクなります。

実際、金利ごとに返済期間がどうなるかシミュレーションをしてみると以下のようになります。

金利5%の場合

月々の返済額 返済期間 利息
10万円 16回(1年4ヶ月) 52,194円
8万円 20回(1年8ヶ月) 65,118円
5万円 33回(2年9ヶ月) 105,707円
3万円 57回(4年9ヶ月) 185,506円

金利5%ぐらいでしたら、150万円の返済なんて余裕ですね!

金利8%の場合

月々の返済額 返済期間 利息
10万円 16回(1年4ヶ月) 85,704円
8万円 21回(1年9ヶ月) 107,726円
5万円 34回(2年10ヶ月) 179,170円
3万円 62回(5年2ヶ月) 330,633円

金利8%でも、毎月5万円ずつぐらい返済出来れば、まったく問題ないでしょう!

金利10%の場合

月々の返済額 返済期間 利息
10万円 17回(1年5ヶ月) 109,068円
8万円 21回(1年9ヶ月) 107,726円
5万円 35回(2年11ヶ月) 233,301円
3万円 65回(5年5ヶ月) 448,426円

金利が二桁になると、返済ペースは、少し上げていく必要がありますね

金利12%の場合

月々の返済額 返済期間 利息
10万円 17回(1年5ヶ月) 133,405円
8万円 21回(1年9ヶ月) 169,443円
5万円 36回(3年) 292,289円
3万円 70回(5年10ヶ月) 589,806円

毎月の返済額が3万円程度だと、数十万円の利息を払うことになります

金利15%の場合

月々の返済額 返済期間 利息
10万円 17回(1年5ヶ月) 171,592円
8万円 22回(1年10ヶ月) 219,977円
5万円 38回(3年2ヶ月) 391,756円
3万円 79回(6年7ヶ月) 868,611円

金利15%だと、バンバン繰り上げ返済しなければ、かなりキツイですね・・・

金利18%の場合

月々の返済額 返済期間 利息
10万円 18回(1年6ヶ月) 212,063円
8万円 23回(1年11ヶ月) 274,539円
5万円 41回(3年5ヶ月) 507,721円
3万円 94回(7年10ヶ月) 1,293,252円

金利18%で、毎月の返済額も少ないと大ピンチです・・・

150万円の借金を余裕で返せるラインとは?

車のローンやおまとめローンなどで金利が5%~8%ぐらいの範囲であれば、完済まで支払う利息の総額は20万円以内ぐらいに抑えられるなので余裕で返済せると思います。

しかし、金利が12%を超えて来て、かつ月々の返済額が5万円を下回ってくると、利息の負担は数十万単位になってくるので、返済負担はかなりやばいラインだと言えます。

最悪なのは、金利が利息制限法の上限である18%(複数の消費者金融から借入をしているとこのような金利になります)で、最低返済額に近い3万円で返済し続けるということです。

そうすると、完済までに支払う利息は1,293,252円と借りた150万円と同じぐらいの金額になってしまうので早急に対策を講じる必要ががあります。

借金150万円のリスク

実際、借金150万円の返済がズルズル長引くと、以下のような支障が出て来ます。

精神的にキツイ

150万円の借金を返済しようとすると、その間は、いろいろなことをガマンしなければならなくなります

実際、ギリギリの生活をしながら借金返済をしている人からは、かなり切実な気持ちが垣間見えたりします。

うちは恥ずかしながらクレジットローンが150万くらいあります。
毎月なんとか払ってますが厳しい。泣きたくなります。

まずは、今月です。
様々な出費が重なり、私に残されたお金は25,000円。
給料日まで、あと17日。
食費以外に結婚式二次会などがあり最低でも交際費に2万円は必要です。
もう貯金は使いたくないので
⚫︎食費は5,000円で!!!
⚫︎足りなければ物を売る!!!
これでやっていきたいと思います。

借金がこれ以上増えないとは限らない

ここでご紹介したのは、あくまでも、借金返済だけをおこなった場合の返済シミュレーションです。

返済負担が大きいと、生活も苦しいままですし、下手をしたら、さらに借金が増えてしまうリスクもあります

特に、パチンコ依存症などで借金癖があると借金地獄から抜け出すのは非常に困難になってしまうでしょう。

結婚に影響を与える場合がある

150万円の借金をまともに返済しようとすると時間が掛かりますし、その期間は貯金も作れないでしょう。

そのため、借金がその人の結婚に深刻な影響を与える場合があります

まだ、結婚をしていない人は、婚期を逃してしまうリスクがあります。

既に結婚をしている人は結婚生活が破綻する可能性もあります。

実際、主婦の方からはこんなコメントがあったりします。

150万くらいあって、月5万。
離婚考えてます、旦那が作った借金だから。

たとえ、あなたが大丈夫でも、恋人や配偶者が、うんざりしている可能性はかなりあるのです。

借金150万円を効率的な返し方とは?

借金150万円を効率的に返す方法はいくつかあります。

一番のポイントは、利息が増える前に、いかに繰り上げ返済をしていくかということです。

まずは、副業などをしながら、収入を増やす努力をしてみてはいかがでしょうか?

週末に短期のアルバイトをしたりするだけでも、月に数万円稼げたりするので、これによってトータルで支払う利息を少なくすることが出来ます。

また、借金が150万円程度であれば、月にがんばって2万円ぐらい節約をするだけでも、かなり楽になります。

例えば、金利が15%で、月々の返済額が3万円から5万円になるだけで、利息は、476,855円節約出来ますから、その差は一目瞭然ですよね。

ただ、それでもどうしても返済が難しいという方は、債務整理で、より効率的に借金を減らすというやり方もあります。

債務整理でどれくらい借金を減らせるかは、以下の方法で簡単に調べることが出来ますので、気軽に利用してみてはいかがでしょうか。

takeshi1

借金150万円は、金利が低ければ、余裕で返済が出来ますが、金利が高く、月々の返済額が5万円を下回ると、かなりキツクなってくるので、返済が長引きそうな場合は、早めに弁護士や司法書士に相談をしてみて下さい。