任意整理 500万円

任意整理は500万円の借金がある場合はできないのでしょうか?

借金が300万ぐらいまでなら、まだしも、500万円も借金があると任意整理はできないと感じてしまう人は多いです。

ただ、だからといって、個人再生や自己破産をすると費用も手間も掛かるので、極力避けたいところですよね。

実際の事例を見ると700万円以上の借金でも任意整理をしたというケースもあります。

では、どういった場合であれば500万円の借金でも任意整理による返済が可能になるのか、そのポイントを解説していきます。

500万円の借金を任意整理するメリット

500万円の借金を任意整理するとどんなメリットがあるのでしょうか?

任意整理の手続きを開始すると、まず、弁護士や司法書士は、各債権者から取引履歴を取り寄せ、債務の状況を調査します。

取り引きの明細を取り寄せた後、今までの借金を利息制限法で決められた上限金利に基づいて再計算していくことになります。

そこで払い過ぎた利息(過払い金)が発生していれば、その段階で借金総額を減らすことが可能です

さらに、任意整理では、将来利息をカットすることによって、本来、払うべきであった利息分を払う必要がなくなるというメリットがあります。

例えば、500万円の借金を消費者金融や銀行から金利12%で借りていた場合、月々10万円ぐらい返済しても完済まで約6年掛かってしまいますが、そこで支払う利息の総額は、約200万円となってしまいます。

仮におまとめローンを利用して金利を5%に下げることが出来たとしても、それでも同じ期間で完済した場合、最終的に支払う利息の総額は80万円弱となります。

しかし、任意整理では、その分の利息をまるまるカット出来るので、弁護士や司法書士に支払う費用を差し引いても得をすることになるのです。

また、任意整理には、個人再生や自己破産などの他の債務整理の手続きに比べて

  • 裁判所を通さずに手続きが出来る
  • 必要書類の数が少ないので家族や会社の人達に内緒で手続きをしやすい
  • 借金の理由は問われないのでギャンブルなどが借金の原因でも問題ない
  • 任意整理の対象とする借金を選べるので連帯保証人や返済中の車のローンを外すことも可能
  • 費用が安い
  • 官報に掲載されない

という様々なメリットがあるので、おすすめです。

借金500万円を任意整理で解決するための3つのポイント

ただ、500万円の借金は誰でも任意整理で解決できるワケではありません。

任意整理が可能かどうか判断するには、具体的に3つのポイントをチェックしていく必要があります。

元本をどれだけ減らせうか

最初のポイントは、500万円の借金の元本をどれだけ減らせるかという点です。

任意整理の場合、最近の借金であれば、払いすぎた利息(過払い金)が発生せず、元本を減らすことは出来ません

ただ、貸金業法が改正(※)される前から消費者金融などから高い金利でお金を借りていた人は、利息を払い過ぎていた可能性があります

※貸金業法は、2007年~2010年に掛けて段階的に改正されていきました。

その場合は、払い過ぎていた利息分を借金の総額から差し引くようになりますが、人によっては、劇的に借金が減り、任意整理で解決できる道が一気に開ける可能性もあります

月々の返済額をどこまで減らせるか?

任意整理の手続きでは、将来利息をカットした上で、債権者と和解をした後、残った金額を原則は3年間で分割返済しながら完済していくことになります。

もし、払い過ぎた利息(過払い金)が発生していなければ、月々の返済額は14万円近くになってしまいます

ただ、債権者との和解交渉によっては、返済期間を長くすることによって、月々の返済額を減らすことも可能です。

500万円の借金の任意整理した場合、返済期間に対する月々の返済額は以下のようになります。

  • 3年(36ヶ月):138,888円
  • 4年(48ヶ月):104,166円
  • 5年(60ヶ月):83,333円
  • 6年(72ヶ月):69,444円
  • 7年(84ヶ月):59,523円

返済期間がどれくらいになるかは、消費者金融など債権者の方針によって決まる部分もありますが、弁護士や司法書士の交渉能力によっても左右されます

>>任意整理の返済期間は?5年以上や7年でも可能?

ですから、任意整理の続きは、必ず債務整理に強い法律の専門家に相談されることをお勧めいたします。

返済能力がどれくらいあるか?

そして最後は、月々の返済額に対して、確実に支払えるだけの収入(返済能力)があるかという点が問題となってきます。

もし、月々の返済額が14万円ぐらいになったとしても、毎月、16万円以上、支払える返済能力があれば、任意整理は可能となるからです。

ただ、ここで気を付けないといけないのは、決して、ギリギリの返済プランは立てないということです。

なぜなら、任意整理を行なった後、約5年間は信用情報機関に債務整理を行なった情報が登録(ブラックリストに載る)され、その間は、新たな借金が出来なくなるからです。

もし、ギリギリで返済をしていると、途中で、収入が減ってしまったら、そこで返済が出来なくなってしまいます。

任意整理では債権者と和解をした後の返済で2回(2ヶ月)以上滞納してしまうと、和解内容が無効となるため、十分、ご注意ください。

>>任意整理後に支払いが遅れてしまった場合の対処法

任意整理ができない時は?

上記の内容をチェックしたり、確認したりしながら、それでも任意整理が難しい場合は、同じ債務整理の中でも、個人再生か自己破産のいずれかを選択していく必要があります。

個人再生では500万円の借金であれば100万円まで減額できる可能性がありますし、住宅ローンを守ることが出来るというメリットがあります。

自己破産では、500万円の借金すべて免責してもらえる可能性が高いです。

ただ、個人再生や自己破産は、借金を大幅に減らせるというメリットがある反面、

  • 裁判所を通じた手続きである
  • 弁護士費用や実費がかなり掛かる
  • 官報に掲載されてしまう
  • 連帯保証人がついた借金などを整理の対象から外すことが出来ない
  • 一定以上の財産は処分の対象となる(自己破産の場合)

など、デメリットも様々あります。

ですから、500万円の借金がある場合でも、まずは任意整理で借金問題を解決できないか、確認されることをオススメいたします

実際にあなたが500万円の借金を任意整理で解決できるかどうかは、無料の借金減額診断を使うことによって簡単に調べることが出来ます。

まとめ

500万円の借金があると、もう自己破産しかないと早急に判断してしまう方もいらっしゃいます。

しかし、実際に、弁護士や司法書士に相談してみると、任意整理など他の債務整理の方法で解決できることはあります。

例えば、

  • 思いの他、払いすぎた利息(過払い金)が発生していて、500万円の借金が劇的に減った
  • 弁護士や司法書士が消費者金融などの債権者と粘り強く交渉をして、返済期間が長くなり月々の返済額をかなり減らせた

というケースもあるからです。

任意整理は、個人再生や自己破産に比べて様々なメリットがあるので、まずは、任意整理で500万円の借金問題を解決できないか、弁護士や司法書士に相談されることをお勧めいたします

また、仮に任意整理での解決が難しくても、個人再生や自己破産などいずれかの方法で解決することも十分可能なので、その点では、是非、希望を持って下さい。

takeshi1

実際、借金が500万円の場合は、任意整理も簡単ではないケースが多いですが、法律の専門家に相談しながら、債務整理を通じて最も効率的に借金を減らせる方法を見つけていって下さいね。