当サイトでは、借金をどれくらい減らせるか、無料で調べるための方法として、借金減額シュミレーターをおすすめしています。

あなたは、借金の返済日までにお金を準備するのが大変で、胃がキリキリするようなストレスを抱えていませんか?

そんな方が借金減額シュミレーターを使うと、借金を大幅に減らせることが分かり、それだけでも気持ちがかなり楽になるというメリットがあります。

ただ、その一方で、借金減額シュミレーターを使っても大丈夫なのか心配になる方もいらっしゃるかと思います。

そこで、ここでは敢えて借金減額シュミレーターのデメリットについてお伝えしていきます。

基本的には債務整理のデメリットと同じ

借金減額シュミレーターの仕組みを簡単に説明すると、

  1. 借金減額シュミレーターの無料診断を申込む
  2. 法律の専門家から診断結果が来る
  3. 無料相談を電話やメールでしてもらう
  4. 実際に借金を減らす場合は、紹介された弁護士や司法書士を通じて債務整理の手続きを行なう

という最終的には債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)で借金問題を解決する流れになっています。

ですから、借金減額シュミレーターのデメリット=債務整理のデメリットとなります。

債務整理は借金が減らせるというメリットがありますが、その一方で以下のようなデメリットがあります。

債務整理の種類 デメリット
任意整理 ●ある程度の返済能力が必要
●残債が減らない場合も
●任意整理に応じない債権会社もある
個人再生 ●ある程度の返済能力が必要
●手続きが複雑
●住宅ローン以外の債務はすべて整理の対象となる
●官報に記載される
自己破産 一定以上の財産を手放す必要がある
すべての債務を整理の対象としないといけない
免責される制限される職業や資格がある
官報に記載される

あとは、債務整理の共通したデメリットとして、信用情報機関に事故情報が約5年~10年間は登録されるというデメリットがあります。

ですから、その期間は、住宅ローンを組んだり、クレジットカードを作ったりするなど、新たな借入れをすることが難しくなってしまいます。

ただ、債務整理は、こういったデメリットがある一方で、取り立てや催促の連絡がストップしたり、借金が大幅に減額されたりするという大きなメリットがあります

借金減額シュミレーターでは弁護士や司法書士に無料相談が出来ますので、債務整理のメリットとデメリットをよく比較した上で、実際にどうするか判断されると良いでしょう。

そもそも、債務整理で借金が減らせるという仕組み自体が怪しいのではと思う方もいらしゃるかもしれません。

しかし、債務整理は国が認めた合法的な借金の減額方法なので大丈夫です。

>>借金減額の仕組みを解説!なぜそんなことが可能なのか?

借金減額シュミレーターのデメリットは?

次に借金減額シュミレーターデメリットはあるのか解説をしていきます。

しつこい連絡が来る?

こういった無料診断を利用すると、後からしつこい勧誘の連絡が来るのではないかと心配する方がいらっしゃいます。

実際、借金減額シュミレーターは電話番号の入力が必須となっているので、そこで大丈夫かと不安になるかと思う人もいます。

例えば、中古車の無料査定を利用された方は分かると思うのですが、無料査定を申込むと、その瞬間から一気に電話が鳴り響きます

不動産査定はそこまでではないですが、時々、しつこい方もいらっしゃいます。

でも、借金減額シュミレーターでは、そうったしつこい勧誘は一切ありません

ですから、弁護士や司法書士から無理矢理、債務整理を勧められるのではという心配は不要です。

また、借金減額シュミレーターに電話番号を入力する際は、以下の点に気を付けると良いでしょう。

>>借金減額シュミレーターで電話番号を記入しても大丈夫?

弁護士や司法書士の費用が高くなる?

こういった無料サービスを利用すると、実際に債務整理を依頼する場合の報酬費用が高くなるデメリットがあるのではと心配する方もいらっしゃいます。

ですので、実際に報酬費用の話をする場合は、以下のページを参考にしながら、債務整理の報酬費用の相場を頭に入れた上で、判断されると良いでしょう。

ただ、実際のところ、借金減額シュミレーターを通したからといって、必ずしも報酬費用が高くなる訳ではありません。

また、費用に関しては、無料相談の段階で、弁護士や司法書士に確認することが可能なので、そこで相場よりも高いと思ったら、その段階でストップすることも可能です。

あと、一つ気を付けないといけないのは、報酬費用が安くても債務整理に強くない法律事務所に依頼をすると、かえって損をする可能性が高くなるということです。

特に任意整理は、弁護士や司法書士の交渉力によってどれだけ借金を減らせるかが決まって来るので、費用だけを見て、下手な弁護士や司法書士に依頼をすると本当に痛い目に遭います。

ですから、報酬費用も大切ですが、それ以上に紹介された弁護士や司法書士が債務整理にどれだけ精通しているかをしっかり見極めることが大切です

無料相談の段階で検証してみる

もし、債務整理や借金減額シュミレーターのデメリットを考えてみと、やっぱり怪しいと思ったら、別の方法を考えてみることも一つの方法です。

ただ、次の方法が見つかるまで、今の借金問題は、そのままとなり利息は増え続けます

その一方で借金減額シュミレーターを通じて借金の減額診断を受ければ、あなたが納得できる形での解決法が見つかるかもしれません。

しかも、その解決法に関しては無料で教えてもらえます。

ですから、無料相談の段階で、メリットとデメリットを比較した上で、最終的に判断することをお勧めいたします

実際、借金減額シュミレーターは口コミや評判はどうなっているのかは、こちらの記事で検証をしています。

>>借金減額シュミレーターの知恵袋での口コミが実は怪しい!?

takeshi1

借金減額シュミレーターは基本的にはデメリット以上にメリットの方が大きいものなので、まずは気軽に無料相談をしてみてはいかがでしょうか?