債務整理からローンを組めるまで、どれくらい待つ必要があるのでしょうか?

基本的に債務整理を行なうと、約5年~10年間は信用情報機関に事故情報が登録されてしまうため、その期間は新たな借入をすることが出来ません。

ただ、その場合でも、早くローンを組むためにはどうすれば良いのかという点についてお伝えしていきます。

ローンが組めない期間を判断するポイント

債務整理からローンが組めるまでの期間を判断する上で、重要となってくるのは、どこの信用情報機関にどれくらいの期間、事故情報が登録されているかという点です。

信用情報機関には、CIC、JICC、KSCの3種類がありますが、債務整理の種類ごとに登録される期間は以下のようになっています。

任意整理 個人再生 自己破産
CIC 登録されない 登録されない 5年
JICC 5年を超えない期間 5年を超えない期間 5年間を超えない期間
KSC 登録されない 10年を超えない期間 10年を超えない期間

また、各信用情報機関はCRINというシステムを通じてお互いに情報を共有しています。

そのため、債務整理からローンが組めるまで

  • 任意整理:最大で約5年間
  • 個人再生・自己破産:最大で約10年間

というのが基本的な期間となります。

ですから、債務整理後にローンが組めるのは、この期間を過ぎてからというのが基本です。

また、ローンをいつから組めるか早く知りたい方は、信用情報機関に情報開示を行うことによってチェックするようになります。

CIC・JICC・ KSCの違いと信用情報開示の方法

早くローンを組みたい場合

ここまでは一般的な考え方になりますが、人によっては、

「債務整理からローンが組めるまでの期間を出来るだけ短くしたい」

という方もいらっしゃるでしょう。

そのためのコツを代表的なローンである住宅ローンと車のローンについてお伝えしていきます。

住宅ローンの場合

住宅ローンの場合、任意整理であれば約5年間待てば良いですが、個人再生や自己破産の場合、ローンが組めるまで最大10年間掛かってしまう場合があります。

しかし、ここで注文をして頂きたいのは、個人再生や自己破産を行って、事故情報が約10年間登録されるのは、KSC(全国銀行個人信用情報センター)という銀行系の信用情報機関であるということです。

ですから、ノンバンク系のローンであれば、5年間を過ぎた辺りから、ローンの審査に通る可能性が出て来ますし、実際にフラット35などを使って、住宅ローンを組めた人もいらっしゃいます。

自己破産後に住宅ローンが組めた人はいる!審査に通るコツ

また、任意整理後に5年経っていない方でも、年収や勤務先などの属性が良かったり、ろうきんを使ったりすることによってローンを組めた人もいらっしゃいます。

債務整理中に住宅ローンで審査に通った人の事例(2件)

車のローン

車のローンでも、原則は約5年間~10年間は審査に通るのが難しくなってしまうのですが、債務整理からローンが組めるまでの期間を一気に短縮する方法があります。

それは、購入する車を中古車にして、さらに自社ローンを行っている車の販売店を探すという方法です。

住宅と違って、車は中古であれば、それほど金額が高くなりません。

ですから、自社ローンを行なう販売店も探せばいろいろ見つけることが出来ます。

自社ローンは、信用情報機関の情報を参照せず、独自の審査基準を設けています

ですから、この方法であれば、債務整理からローンが組めるまでの一般的な期間に関係なく、ローンを組める可能性が十分出て来るのです。

債務整理後に車を早く入手する方法については、こちらの記事でもいくつかの方法をご紹介しているので、ご参考にして下さい。

債務整理したら車のローンが組めない?裏ワザはある?

takeshi1

ただ、無理をしてローンを組むと、返済が出来なくなってしまうリスクが再び発生してしまうので、もし可能であれば、債務整理からローンが組めるまでの本来の期間をまっとうされることをオススメいたします。