債務整理したら車のローン組めない

車を必要としている方は、債務整理をしたら車のローンが組めないのではと心配される方もいらっしゃいます。

実際、債務整理後は一定期間、車のローンが組めない可能性が高くなります。

ただ、対処法はいろいろあるので、それも含めて解説をしていきます。

車のローン審査と債務整理の関係

債務整理を行なうと、信用情報機関に事故情報が登録されてしまい、いわゆるブラックリストに載った状態となってしまいます

車のローンを申込んだ場合、ローン会社は審査の過程で信用情報機関の情報を照会しますが、そこで事故情報が残っていると、審査に落ちます。

任意整理の場合は、約5年間は車のローンが組めないですし、個人再生や自己破産であれば、場合によっては10年間、ローンを組めない場合があります。

任意整理の完済後なら自動車ローンは通るのか?

人によっては、「任意整理の完済後なら自動車ローンの審査には通りやすくなるのでは?」と考える方もいらっしゃいます。

結論から言うと、完済後であれば多少はローンを組みやすくなるという人もいらっしゃいます。

ただ、完済後も信用情報機関に事故情報が残っている間は、依然として審査に落ちる可能性が高いことは認識しておいた方が良いでしょう。

債務整理後に車のローンが通った人は本当にいない?

ただ、ブラックリストに載った状態で、カーローンが通った人がいないかというと、そういうワケでもありません。

こちらの方は、個人再生を行って、まだ事故情報が残っている間に、ろうきんのカーローンに通ったそうです。

ちなみに、ろうきんでは、債務整理後に住宅ローンを組めたという人もいらっしゃいます。

債務整理中に住宅ローンで審査に通った人の事例(2件)

しかし、任意整理後に車のローンが通ったケースは極めて稀です。

ですから、基本的には審査に通らないことを前提として対策を考えていかれることをオススメいたします。

債務整理後に車のローンが組めない場合の対処法

債務整理したら車のローン組めないというのは、車が必要な方にとってはかなり厳しい現実となってしまいます。

しかし、いろいろな対処法はありますし、中には裏技的なものもありますので、ご紹介していきます。

ローンが組めるまで待つ

一番オーソドックスな方法は、信用情報機関から事故情報が消えて、再びローンが組めるまで待つという方法です。

また、事故情報が残っているかどうかは、信用情報機関に情報開示を行なうことによって確認することが出来ます。

CIC・JICC・ KSCの違いと信用情報開示の方法

そして、車のローンが組めない期間は、頭金とするためのお金をひたすら稼いで、ローンが組めるようになった時の負担を出来るだけ減らすというのが、ある意味、一番確実な方法なのかもしれません。

家族など親族の名義でローンを組んでもらう

もし、家族や親族の協力が得られるのであれば、その人の名義でカーローンの契約を結んでもらうというのも一つの方法です。

別にローンの名義人以外の人が車に乗ってはいけないというルールはないので、身内の理解を得られるのであれば、お願いしてみると良いでしょう。

中古車を一括払いで購入する

もし、新車であれば車の購入するための金額はかなり高額になってしまいます。

しかし、中古車であれば値段が安くなるので、場合によっては一括払いで購入することが出来るかもしれません。

一括払いであれば、ローンを組まないので債務整理をした直後でもまったく問題はありません。

自社ローンを利用する

ここら辺は少し裏ワザ的になるのかもしれませんが、販売店によっては、自社ローンという独自で行っているローンを利用出来る場合があります。

自社ローンであれば、審査基準がローン会社と異なり、ブラックリストに載っていても関係ありません

ただ、自社ローンの場合は、

  • 金利が高い
  • 保証人が必要
  • 車の値段が高くなる

というデメリットが出てくる場合もありますので、詳しくは販売店に直接確認をしてみて下さい。

車のリースはダメなのか?

債務整理したら車のローンが組めないのであれば、リース契約は出来ないかと考える方もいらっしゃいます。

しかし、残念ながらリース会社も信用情報機関に加盟していているため、ブラックリストに載っていると審査に通れなくなってしまいます。

ですから、車のリース契約は通常のカーローンと同様、厳しいという結果となってしまいます。

takeshi1

基本的に債務整理したら車のローンが組めない期間がしばらく続いてしまいますが、対処法もいろいろありますので、弁護士や司法書士の方とも相談しながら検討するようにして下さい。