任意整理を検討されている方の中には、任意整理後に車のローン(カーローン)を組めるのか、心配する方がいらっしゃいます。

実際に、ローンを組めた人はいるのでしょうか?

ここでは、実際の事例を紹介しながら、解説をしていきます。

任意整理後の車のローンは基本的に難しい

まず、一般的なお話からすると、任意整理中・任意整理後は、約5年間、車のローン(オートローン)を組むことが難しくなります

その理由は、任意整理を行なうと信用情報機関に約5年間、事故情報が登録されて、ブラックリストに載った状態になるからです。

(個人再生後や自己破産後だと約5年~10年間ブラックリスト状態となります)

例えば、ディーラーローンを組もうとした場合、トヨタファイナンスやオリコなどの信販会社は、信用情報機関の情報を必ずチェックするので、そこで審査に引っかかる可能性が高くなります。

過払い金請求後は自動車ローンを組める?

もし、プロミスやアイフルなどに過払い金請求を行った場合、最終的に、過払い金が戻って来たのであれば、ブラックリストには載りません。

ですから、自動車ローンの審査に影響が出ることもないので、その点ではご安心下さい。

>>過払い金請求後の信用情報

任意整理後の完済後であれば自動車ローンは組める?

任意整理をされる方の中には、完済後であれば、自動車ローンが組めるのではないかと思う方もいらっしゃいます。

しかし、信用情報機関で重要なのは、あくまでも任意整理を行った記録が残っているかどうかであって、完済をしたかどうかは基本的に関係ありません

ですから、仮に任意整理後、3年間で完済をしたとしても、残り約2年間は、待たなければいけないということになります。

完済後5年間カーローンが組めない場合も

もし、任意整理をする前に滞納をしていた場合、CICという信用情報機関では、契約終了後(完済後)5年以内、事故情報が情報が残ってしまい、カーローンが組めない時もあるので、ご注意下さい。

実際に、信用情報機関から事故情報が消えたかどうかは、主要な信用情報機関に情報開示の請求を行って確認されることをお勧めいたします。。

>>CIC・JICC・KSCの違いと信用情報開示の請求方法