任意整理をする人達の中には、今、持っているクレジットカードを残すことが出来るか心配される方が、かなりいらっしゃいます。

クレジットカードが使えないと、生活のいろいろなシーンで不都合が生じるので、何とか使える状態にしておきたいですよね。

そこで、ここでは任意整理後のクレジットカードがどうなるのか解説しながら、具体的な対応策についてもお伝えしていきます。

任意整理の対象から外せば大丈夫?

任意整理のメリットは、整理の対象とする債権を選べるということです。

ですから、保証人に迷惑が掛かりそうな奨学金や、車を引き上げられてしまうリスクが生じるカーローンなどを対象から外すことによってピンチを切り抜けることが出来ます。

では、残したいクレジットカードがある場合、それを任意整理の対象から外せば、大丈夫なのでしょうか?

実際、任整理の対象から外したクレジットカードは、しばらくの間は残すことが出来ます。

しかし、やがて強制解約になる可能性は高いです

任意整理から外したクレジットカードは何で強制解約なの?

では、なぜ、任意整理の対象から外したクレジットカードも強制解約になってしまうのでしょうか?

その理由は、任意整理を行なうと、信用情報機関に事故情報が約5年間登録されますが、その期間内に

  • 定期的な途上与信
  • クレジットカードの更新

があると、そこで信用情報がチェックされて、審査に引っ掛かってしまう可能性が高くなるからです。

カードを残すことが出来ない場合の対処法

では、任意整理後、今、持っているクレジットカードを残すことが出来なくなったら、どうすれば良いのでしょうか?

楽天カードやアメックスなら残すことが出来る!?

原則的には、任意整理後、クレジットカードを残すことが出来なくなるのは時間の問題です。

ただ、口コミや体験談をチェックしてみると、楽天カードやアメックスなら任意整理後も作れたという話もあります

任意整理中に楽天カードの審査は通る?(みんなの体験談)

任意整理中でもアメックスの審査に通るって本当?

任意整理後は、楽天カードやアメックスなら残すことが出来るかもしれないので、そちらに切り替えるのも一つの選択肢かもしれません。

(ただ、審査には個人差がありますので、あくまでも自己責任で行って下さい)

任意整理後も家族カードなら残せる

任意整理後、本人名義のクレジットカードを残すことは難しいですが、家族カードであれば残すことが出来ます。

なぜなら、家族カードでチェックされるのは、あなたではなく本会員の信用情報だからです

参考記事:任意整理をすると家族カードは持てなくなる!?

デビットカードなら残せる

デビットカードは、利用すると指定の銀行口座からすぐお金が引き落とされる仕組みになっているため、その人の信用情報は問われません

ですから、任意整理後も問題なく利用することが可能です。

参考記事:任意整理後もデビットカードなら作れる!

takeshi1

任意整理後は基本的にクレジットカードを残すことが難しくなってしまいますが、それでもいろいろな対処法がありますので、任意整理に強い弁護士や司法書士に相談しながら、進めてみて下さい。