債務整理 デビットカード

任意整理など債務整理をした後はデビットカードを作っておくと便利です。

クレジットカードを使えない時でも、デビットカードがあればかなりカバー出来るからです。

ここでは、おすすめのデビットカードも紹介しながら、債務整理後の不便さを極力減らせる方法をご紹介していきます。

また任意整理でどれくらい借金を減らして不便さを解消できるかはこちらの方法で一度試してみて下さい。

債務整理後でもデビットカードなら作れる!

債務整理をすると、任意整理だと約5年間、個人再生や自己破産だと約5年~10年間、信用情報機関に事故情報が登録されてしまうというデメリットがあります

そのため、その期間は、クレジットカードを作れなかったり、更新できなくなったりしてしまいます。

クレジットカード会社が審査を行なう際は、信用情報機関の情報を照会するため、そこで引っ掛かってしまうからです。

任意整理をしてもクレジットカードは作れる?

しかし、デビットカードでは、審査がないケースがほとんですし、仮に審査があっても信用情報機関の情報を照会しないので、債務整理をした人でも簡単に作ることが出来ます。

デビットカードは、利用するとすぐに指定の銀行口座からお金が引き落とされるシステムとなっています。

口座の残高以上にお金を使うことがないため、債務整理後でもデビットカードを作れるのは当然だと言えるでしょう。

デビットカードを選ぶ際のポイントは?

では、債務整理をした人がデビットカードを選ぶ際のポイントについて解説をしていきます。

加盟店の多さ

デビットカードは、大きく分けて、VISAデビット、JCBデビット、Jデビットの3種類に分かれます。

もし海外でも加盟店が多いところが良いという方であれば、VISAデビットがオススメです。

一方、国内の加盟店重視であれば、JCBデビットが良いでしょう。

Jデビットは海外やインターネットでの決済が出来ないのでおすすめは出来ません。

債務整理をした人はクレジットカードが持てない可能性が高いので、デビットカードの使える範囲は非常に重要です。

年会費の少なさ

デビットカードには年会費を取られるものもあります。

債務整理をした後は、極力余分な出費を減らしたいものですよね。

ですから、デビットカードも年会費が出来るだけ安いものを選ぶようにしましょう。

ポイントの還元率

デビットカードはクレジットカードに比べるとポイントの還元率は落ちますが、それでも還元はされます。

なので、ポイント還元率が出来るだけ高いところを探してみて下さい。

銀行の振込み手数料の安さ

任意整理や個人再生の場合、残債を返済していく際に、指定銀行の口座への振り込みを毎月行なうようになります。

ですから、デビットカードを作る際は、その口座への振込手数料が安いところを選ぶようにすると良いでしょう。

おすすめのデビットカードは?

私が最もお勧めしたいデビットカートは、楽天のデビットカードです。

楽天のデビットカードでは楽天銀行の口座を利用するようになりますが、楽天銀行では、振込手数料が他行へ振り込む場合でも165円と安いからです。

(他の銀行では216円であるケースがほとんどです)

また、楽天では、VisaデビットとJCBデビットがありますが、あとは以下の点をチェックして選ぶようにして下さい。

楽天VISAデビットカード 楽天JCBデビットカード
加盟店 海外で多い 国内で多い
ポイント還元率 0.2% 1.0%
年会費 1,029円(税込) 無料

ETC機能付きのデビットカードは作れるか?

車を持っている人は、ETC機能がついたデビットカードが作れないかと考える人もいるかもしれません。

しかし、デビットカードにはETC機能を付けることが付けることが出来ません

ただ、ETCカードの中には、ETCパーソナルカードというクレジット機能を使わないタイプのものもあり、こちらであればクレジットカードがない人でも作ることが出来ます。

ですから、ETCを利用したい方は、デビットカードは使わずに、こういったETCカードを直接作るのが良いでしょう。

任意整理(債務整理)後でもETCカードを使うには?

takeshi1

債務整理をした後でもデビットカードがあれば、クレジットカードに近い機能を使うことが出来ますので、債務整理をする際はあまり心配をせずに、法律の専門家に相談してください。