任意整理 クレジットカード 作れる

任意整理をしてもクレジットカードは作れるのでしょうか?

任意整理は、整理する債権を選べるので、条件によってはクレジットカードが作れるのではと考える方もいらっしゃいます。

実際のところ、どうなのか整理をしながらお伝えしていきます。

また、もし任意整理を検討中の方は、実際にどれくらい借金を減らせるか、こちらの方法でチェックしてみて下さい。

任意整理をした会社のクレジットカードは作れない

まず、任意整理をした会社が発行しているクレジットカードに関しては、任意整理を行った後は、再度、新規で取得することは出来ません。

これはクレジットカード会社が、あなたを要注意人物として自社のリストに載せてしまうからとなりますが、これはある意味、当然の流れです。

任意整理をしていない会社のクレジットカードは作れる?

では、任意整理の対象としなかったクレジットカードは作れるのでしょうか?

結論から言うと、任意整理を行った後、約5年間はカードを作ることが基本的に出来ません

なぜなら任意整理をすると、信用情報機関に事故情報が約5年間は残り続けてしまうからです。

信用情報機関は、CIC、JICC、KSCと3つの機関があり、お互いに情報を共有しています。

CIC・JICC・ KSCの違いと信用情報開示の方法

クレジットカードを申込むとクレジットカード会社は信用情報機関に情報を照会するため、そこで申請に落ちてしまうことになります。

楽天のクレジットカードなら債務整理後も作れる?

ただ、クレジットカード会社によっては、任意整理など債務整理を行った後、事故情報が消えていない段階でも作れる場合があると言われています。

例えば、楽天のクレジットカードは審査に甘いことで定評があり、債務整理後でも作れたという話を時々聞きます。

もちろん、必ずカードを作れるという保証はありませんので、あくまでも自己責任で対応して下さい。

任意整理中に楽天カードの審査は通る?(みんなの体験談)

持っているクレジットカードは更新できるのか?

任意整理の対象としなかったクレジットカードはそのまま残すことが出来るのでしょうか?

実際、クレジットカードは更新する際にも信用情報が照会されますし、また定期的に途上与信という形で信用情報がチェックされたりもします

ですから、その段階でクレジットカードが使えなくなる可能性が高くなります。

ただ、クレジットカード会社によっては無事に更新できることもあるので、ここはケースケースバイだと言えます。

クレジットカードが作れない場合の対処法?

本来であれば、新規でクレジットカードを作るには、信用情報機関に載っている事故情報が消えるまで約5年間、待つというのが原則です。

実際、ブラックリストに載っている間に、審査に甘いところを探して申請をしても、そこで審査に落ちてしまった場合、その履歴が約6ヶ月間信用情報機関に残ってしまうからです。

ですから、ここでは、より安全な方法を二つご紹介しておきます。

家族カードなら作れる

もし、任意整理など債務整理を行っていないご家族でクレジットカードを持っている人がいたら、家族カードという形であれば、クレジットカードを作れる可能性は高いです。

家族カードの場合でも、信用情報が照会されるのは、基本的には契約者本人のみだからです。

デビットカードなら作れる

同様にデビットカードも任意整理後、ブラックリストに載っている状態でも、作れる可能性は高いです。

デビットカードは、利用をした時に、すぐ指定している銀行口座から引き落としがされるため、借金の扱いにならないからです。

デビットカードについてはこちらの記事で詳しくまとめています。

債務整理(任意整理)後もデビットカードなら作れる!

takeshi1

基本的に任意整理後はクレジットカードを作ることは難しいですが、対策はいろいろあるので、ご参考にして下さい。