借金 600万円

借金が600万がある場合、任意整理で解決できないか検討される方もいらっしゃるかと思います。

実際、ブログやサイトを見ていると、借金600万円を任意整理で返済したという体験談を見かけます。

しかし、そういった体験談は、実はあまりアテになりません。

ここでは、なぜ、そう断言出来るのか、そして借金600万円はどうしたらいいのか、具体的に解説していきます。

借金600万円の任意整理体験談はアテにならない

借金600万円を任意整理したという話を見ても、それがあなたのケースにも当てはまる可能性は低いです。

それには、以下のような理由があるからです。

月々の返済額が高すぎる

任意整理を行うと、原則として、将来利息をカットして、残債を3年~5年で返済していくことになります

将来利息をカットするだけで、最終的に支払う返済額はかなり減らせるので、そういった意味で任意整理は有効だと言えます。

ただ、問題は、任意整理後の月々の返済額です

借金が600万円あった場合、月々の返済額は、以下のようになります。

  • 3年で返済する場合:166,667円
  • 4年で返済する場合:125,000円
  • 5年で返済する場合:100,000円
  • 7年で返済する場合:71,400円

もちろん、年収が700万とか800万とかあれば、まだ任意整理後の返済が可能かもしれません。

しかし、普通のサラリーマンだと、これだけの金額を毎月支払い続けるのは、かなりきついでしょう。

過払い金は発生しないことが多い

任意整理の体験談を見たりしていると、「過払い金が発生して、600万円の借金が200万円に減額されました!」という話を見かけたりします。

もちろん、過払い金が認められるようになった2007年の直後ぐらいであれば、そのような話もあり得たかもしれません。

しかし、今は、過払い金の時効(最後の取引から10年)を迎えたり、グレーゾーン金利が撤廃されてから借金が増えたりしたケースも多くなっています。

そういった場合は、過払い金が発生せず、600万円の借金はほとんど減額されません

どんなに任意整理に強い弁護士や司法書士に依頼をしても借金を減額してもらうことは、まず不可能です。

ブログや体験談の中には、「600万円の借金を任意整理をしたら、月々の返済額が65,000円に減りました」というコメントもあります。

しかし、これは多額の過払い金が発生しないとあり得ない話なので、自分の借金でも同じようなことが起こるとは考えない方が良いでしょう。

借金600万はどうしたらいい?

「じゃあ、借金600万円はどうしたらいいの?」という話に次はなりますよね。

もちろん、任意整理は簡単ではないからといって、自力返済をすると、もっと地獄を見る可能性だってあります

>>600万の借金を返す方法~自力返済は可能なのか?

ですから、より現実的な返済方法について解説をしていきます。

奨学金からの借金が多い場合

もし、600万円の借金の中で、奨学金の残債の割合が多ければ、任意整理の方が良い場合もあります

ただ、奨学金の借金を任意整理の対象にする訳ではありません。

奨学金は元々低金利で、長期返済が可能なので、任意整理をするメリットはまったくないからです。

任意整理をするのは、奨学金以外に銀行や消費者金融から高金利で借り入れをしたお金です。

例えば、奨学金の残債が400万円で、銀行から消費者金融から200万円の借金があったとしします。

ここで、奨学金以外の借金を任意整理すれば、仮に過払い金が発生しなくても月々の返済額は3~5万円の範囲に抑えることも出来ます。

>>借金200万円を任意整理した場合のシミュレーション

奨学金の月々の返済額は元々2~3万円程度なので、任意整理後の毎月の返済額はトータルで、数万円程度にすることも十分可能です。

この方法は、奨学金を借りた際、親や親族が連帯保証人となっていて、奨学金を債務整理したら、保証人に返済義務が発生するという人にとって特に有効です

あとは、任意整理に強い弁護士や司法書士に依頼をして、債権者とより有利な形で和解できるよう交渉してもらいましょう。

個人再生をして返済する

600万円の借金をすべて任意整理で解決しようとした場合、任意整理後の返済はかなり大変です。

しかし、個人再生の手続きを行えば、600万円の借金は、法的手続きによって、弁済額を5分の1まで減らすことが出来るので、最低弁済額は120万円となります。

もちろん、個人再生でも将来利息はカットされます。

個人再生を行った後は、残債を3年~5年で返済することになるので、月々の返済額は、

  • 3年で返済する場合:33,333円
  • 5年で返済する場合:20,000円

まで減らすことが出来ます。

さらに、個人再生の場合は、借金を大幅に減らせるだけでなく、住宅ローンが残っていれば、それを整理の対象外として家を守ることが出来るというメリットもあります。

個人再生のデメリット

しかし、その一方で、個人再生には以下のような任意整理にないデメリットがいくつかあります。

  • 住宅ローン以外の借金はすべて対象にしなければならない
  • 官報に名前や住所が載ってしまう
  • 裁判所を通じたかなり複雑な手続きとなる

例えば、連帯保証人がついた奨学金の返済が残っている場合、任意整理では、整理の対象から外すことも出来ますが、個人再生では外せないので、保証人に迷惑が掛かることなってしまいます

また、個人再生は手続きが複雑である分、家族に内緒で行うことが難しいです

最後の手段は自己破産

個人再生でも解決が難しい場合、最後の手段は自己破産となります。

自己破産は、借金が600万円まで膨らんでいても、すべてチャラに出来るというメリットがあります。

しかし、その一方で、家や車など一定以上の価値を持つ財産は、手放さなければいけなかったり、一時的に制限を受ける資格や職業があるなど、任意整理や個人再生以上にデメリットが大きいです

ですから、あなたにとってどの手続きが最も良いかは、弁護士や司法書士など法律の専門家に相談しながら決められることをお勧めいたします。

まとめ

600万円の借金を任意整理で解決したというブログや体験談もありますが、特定の条件が揃わないと任意整理での解決は難しいので、あまり参考にしない方が良いと思います。

ただ、個人再生であれば、弁済額を120万円まで減らすことも可能ですし、自己破産をしなくても600万円の借金を解決できる方法は見つかると思います

ですから、良い意味で希望を持って、弁護士や司法書士に気軽に相談されることをお勧めいたします。

takeshi1

奨学金の有無や、収入によって、600万円の借金を解決出来る方法は違ってくるので、まずは法律の専門家に相談するところから始めてみて下さい。