借金 600万円

借金が600万がある場合、それを自力返済するか、債務整理をするか、判断に迷う人も多いかと思います。

ここでは、どちらの方法で返済するか決める上で重要となるポイントや債務整理を行った場合、どのような手続きが最適なのかという点について解説をしていきます。

自力返済する場合のメリット・デメリット

借金を600万円抱えてしまっても、自分で何とか返済しようとがんばっている方もいらっしゃいます。

「借りたお金は必ず自分で返す」というのは素晴らしい精神だと思います。

自力返済の一番のメリットは、やはり何といっても人に迷惑を掛けないという点です。

それに借金を自分の力で全て完済すれば、それはものすごい自信につながります

ただ、その一方、600万円の借金を返済している人のブログを見ると、かなり壮絶な生き方をされていることが分かります。

副業や節約を徹底的に行なう一方で、過剰なストレスを抱えていたり、疲れてしまったり、気持ちが折れかかったりしていることが伝わってくる記事をよく見かけるからです。

ですから、そういった600万円という大きな借金のプレッシャーに負けない精神力と返済能力を持っているかが、自力で借金返済するかどうか判断する上でのポイントとなってきます。

借金600万円を返済する際にネックとなるのは、その利息です。

奨学金など低金利で借りていれば、まだ良いですが、金利が高いとトータルで支払う利息は100万円を超える場合もあります

>>600万の借金を返す方法~自力返済は可能なのか?

債務整理する場合はどうなる?

自分の力では600万円の借金を払えないと思った場合は、債務整理を利用するという道があります。

どこからの借金が最も多いのか?

債務整理を行おうとする場合、まずチェックすべきなのは、どこからの借金が一番多いかということです。

もし、600万円の借金が奨学金のような連帯保証人のいる借金だと、債務整理をするのは、簡単ではない場合があります。

なぜなら、債務整理をすれば、連帯保証人に返済義務が発生してしまうからです。

しかし、600万円の借金の内訳が、消費者金融やクレジットカードなど保証人がいない債務で占められている場合は、債務整理はより行ないやすくなります。

特に、消費者金融から借りている場合は、過去に利息を払い過ぎていたかもしれないので、引き直し計算を行った際、借金の残高が劇的に減る可能性があります

実際にあなたの借金がどれくらい減るかはこちらの方法を使えば簡単に調べられて、600万円という借金の苦しみから抜け出す道も見えて来ます。

任意整理や個人再生での返済シミュレーション

もし、任意整理や個人再生を行なう場合は、債務整理の手続きをした後、3年~5年に掛けて残債を返済していくようになります。

600万円の借金の場合、もし払い過ぎた利息が発生していれば、残債を500万円や450万円に減らせる場合もあります

そして、任意整理では将来的な利息が発生しないので、残債を3年での返済であれば36で割り、5年の返済であれば60で割れば、月々の返済額が出て来ます。

一方、個人再生の場合は、600万円の借金であれば、法的手続きによって、弁済額を5分の1まで減らすことが出来るので、最低弁済額は120万円となります。

もちろん、個人再生でも、将来利息はカットされます。

ですから、600万円の借金を任意整理か個人再生の手続きで減額して、残債を返済していく場合の、月々の返済額は以下のようになります。

残債 月々の返済額(3年で返済) 月々の返済額(5年で返済)
600万円 166,666円 100,000円
500万円 138,888円 83,000円
400万円 111,111円 66,000円
120万円(個人再生の場合) 33,333円 20,000円

このように見てみると、任意整理で600万円の借金を500万円や400万円に減らすことが出来たとしても、それを3年~5年で返済するのは、普通のサラリーマンだとかなり厳しいことが分かります。

一方、個人再生の場合は、借金を大幅に減らせるだけでなく、住宅ローンが残っていれば、それを整理の対象外として家を守ることが出来るというメリットもあります。

借金600万円を個人再生する場合のデメリット

しかし、その一方で、個人再生には以下のような任意整理にないデメリットがいくつかあります。

  • 住宅ローン以外の借金はすべて対象にしなければならない
  • 官報に名前や住所が載ってしまう
  • 裁判所を通じたかなり複雑な手続きとなる

例えば、連帯保証人がついた奨学金の返済が残っている場合、任意整理では、整理の対象から外すことも出来ますが、個人再生では外せないので、保証人に迷惑が掛かることなってしまいます

また、個人再生は手続きが複雑である分、家族に内緒で行うことが難しくなっています

参考記事:個人再生のメリットとデメリット

takeshi1

個人再生でも難しい場合は、自己破産ということになりますが、その人の借金の状況によって600万円の借金問題の解決方法は違ってくるので、一度、弁護士や司法書士など、法律の専門家に相談されることをオススメいたします。