任意整理 体験談 600万

借金が600万に対して、債務整理をする場合、任意整理が良いのではと考える方も多いです。

しかし、実は600万円の借金を任意整理で解決したというブログや体験談はほとんどありません。

ここでは、その理由と借金600万円を解決するための具体的な対処法について解説をしていきます。

600万円の借金を任意整理した体験談が少ない理由

600万円の借金を任意整理で解決したという人は、割合的には少ないです。

借金600万円を任意整理した人の体験談

借金600万円を任意整理したい人がいないかというと決してそいういう訳ではありません。

ネット上で紹介されている体験談を紹介すると以下のようなものがあります。

  • 体験談1:600万円を任意整理して月々の返済額が14万円から10万円に減額
  • 体験談2:借金の総額が600万円を越えて、月々の返済額が15万円に達したが6万5000円に減額(返済期間は4~5年)
  • 体験談3:600万円の借金を抱えてしまったが月々の返済額が21万5,000円から9万5千円に減額

ここでは、それぞれの体験談の結果を簡単にお伝えしてみましたが、要約を見ただけでも、「月々の返済額は、減ったとしても、まだ多いな」と感じた方は多いのではないでしょうか。

そのような観点を、もう少し深堀りして、600万円の借金を任整整理するのは、なぜ簡単ではないのかお伝えしていきます。

月々の返済額が高すぎる

任意整理を行うと、原則として、将来利息をカットして、残債を3年~5年で返済していくことになります

将来利息をカットするだけで、最終的に支払う返済額はかなり減らせるので、そういった意味で任意整理は有効だと言えます。

ただ、問題は、任意整理後の月々の返済額です

借金が600万円あった場合、月々の返済額は、以下のようになります。

  • 3年で返済する場合:166,667円
  • 4年で返済する場合:125,000円
  • 5年で返済する場合:100,000円
  • 7年で返済する場合:71,400円

もちろん、年収が700万とか800万とかあれば、まだ任意整理後の返済が可能かもしれません。

しかし、普通のサラリーマンだと、これだけの金額を毎月支払い続けるのは、かなりきついですよね。

過払い金は発生しないことが多い


また、上記の返済額と比べると、最初にご紹介した600万円の任整整理の体験談における月々の返済額は、かなり低く抑えられていると感じる方もいらっしゃるかもしれません。

その理由は、体験談の中では、あまり詳しく書かれていないのですが、過払い金(払い過ぎた利息)が発生して、債権者によっては大幅に借金が減額したり、お金が戻って来たりしたりしていると思われます。

もちろん、過払い金が認められるようになった2007年の直後ぐらいであれば、そのような話もあり得たかもしれません。

しかし、今は、過払い金の時効(最後の取引から10年)を迎えたり、グレーゾーン金利が撤廃されてから借金が増えたりしたケースも多くなっています。

そういった場合は、過払い金が発生せず、月々の返済額は減らせても、600万円の借金(元本)はほとんど減額されません

どんなに任意整理に強い弁護士や司法書士に依頼をしても借金自体を減額してもらうことは、まず不可能です。

そういった観点からも、600万円の借金を任意整理したというブログや体験談は、現在においては、あまり当てにならないことが分かって来ます。

600万円の借金を任意整理するメリット

それでも任意整理を行った際に算出される月々の返済額を払える人には、最終的に支払う返済額を大幅に減らせるというメリットがあります。

仮に、600万円の借金の金利が、10%であった場合、自力返済をすると、返済期間や最終的に支払う利息は以下のようになります。

月々の返済額 返済期間 最終的に支払う利息額
16万円 46ヶ月 1,224,104円
14万円 54ヶ月 1,453,747円
12万円 65ヶ月 1793,827円
10万円 84ヶ月 2,352,420円

>>600万の借金を返す方法~自力返済は可能なのか?

まともに返済したら、莫大な金額の利息を銀行や消費者金融に対して、払わなければならないことが分かります。

任意整理を行うと、これだけの利息を一切払わなくても良くなる可能性が高いので、そういった点で、メリットは非常に大きいと言えます。

600万円の借金が任意整理で解決できるか知るには?


確かに600万円の借金を任意整理で解決出来る人は少ないですが、だからといって、すべての人が借金600万円を任意整理で解決出来ないという訳ではありません。

ただ、ここで大切なことは、自分なりに判断するのではなく、法律の専門家に相談をしながら、決めていくということです。

以下のサービスを使えば、任意整理など債務整理の手続きを行うと、どれくらい借金の負担を減らせるか、無料で簡単に診断してもらうことが出来ます。

>>今すぐ借金をどれだけ減らせるか調べてみる【所要時間1~2分】

一般論という訳ではなく、あなたの借金状態に合った解決法を提案してもらえますので、気軽に利用してみて下さい。

600万円の借金に対して個人再生を行った場合

任意整理だと、月々の返済額を払えないという方は、個人再生を検討してみるのも良いでしょう。

個人再生で月々の返済額はどれくらい減らせる?

一方、個人再生を行った場合は、600万円の借金であれば、法的手続きによって、弁済額を5分の1まで減らすことが出来るので、最低弁済額は120万円となります。

もちろん、個人再生でも、将来利息はカットされます。

ですから、600万円の借金を任意整理か個人再生の手続きで減額して、残債を返済していく場合の、月々の返済額は以下のようになります。

  • 3年で返済する場合:33,333円
  • 5年で返済する場合:20,000円

また、個人再生の場合は、借金を大幅に減らせるだけでなく、住宅ローンが残っていれば、それを整理の対象外として家を守ることが出来るというメリットもあります。

ですから、住宅ローンが残っている家を失いたくないので、自己破産は避けたいという方に個人再生はお勧めです。

借金600万円を個人再生する場合のデメリット

しかし、その一方で、個人再生には以下のような任意整理にないデメリットがいくつかあります。

  • 住宅ローン以外の借金はすべて対象にしなければならない
  • 官報に名前や住所が載ってしまう
  • 裁判所を通じたかなり複雑な手続きとなる

例えば、連帯保証人がついた奨学金の返済が残っている場合、任意整理では、整理の対象から外すことも出来ますが、個人再生では外せないので、保証人に迷惑が掛かることなってしまいます

また、個人再生は手続きが複雑である分、家族に内緒で行うことが難しくなっています

>>個人再生のメリットとデメリット

まとめ


借金を600万円抱えてしまっても、自分で何とか返済しようとがんばっている方もいらっしゃいます。

「借りたお金は必ず自分で返す」というのは素晴らしい精神だと思います。

自力返済の一番のメリットは、やはり何といっても人に迷惑を掛けないという点です

それに借金を自分の力で全て完済すれば、それはものすごい自信につながります。

ただ、その一方、600万円の借金を返済している人のブログを見ると、かなり壮絶な生き方をされていることが分かります。

副業や節約を徹底的に行なう一方で、過剰なストレスを抱えていたり、疲れてしまったり、気持ちが折れかかったりしていることが伝わってくる記事を見かけることは多いです。

さらに、借金600万円を自力返済をしようとすると、金利によっては、莫大な利息な掛かるリスクがあります

ですから、借金の返済がキツイ場合は、債務整理も一つの選択肢として考えられることをお勧めいたします、

ただ、600万円の借金を任意整理しようとした場合、払いすぎた利息(過払い金)が発生していなければ、月々の返済がかなり高くなってしまうので、普通のサラリーマンだと厳しいかもしれません。

ですから、その場合は、個人再生を行うことによって、弁済額を5分の1の120万円まで減らすというやり方もあります。

それでも、返済が難しい場合は、自己破産という形になってしまうかもしれませんが、いずれかの方法で、解決することは可能です。

takeshi1

借金600万円の解決方法は、その人の借金状況によって、違って来ますので、自分に合った最適の方法を知るためにも、法律の専門家に気軽に相談をしてみて下さい。