個人再生 費用 相場

個人再生の費用はどれくらい掛かるのでしょうか?

ここでは、実際に法律事務所が提示している費用を例に挙げながら、相場について解説をしていきます。

また、弁護士より司法書士の方が費用は安くなるのですが、その理由についてもお伝えしていきます。

個人再生の実費(裁判所に払う費用など)は?

個人再生は裁判所を通じて行なう手続きなので、郵送代や裁判所へ支払う費用など、様々な実費が掛かって来ます。

この費用は、個人再生の手続きを自分でやる場合でも掛かってきますので、以下の項目をご参考にして下さい。

種類 掛かる費用
申立て手数料(収入印紙) 10,000円
予納金(官報公告費用) 12,000円
郵便切手代 約1,600円
個人再生委員への報酬 15万円~25万円

※個人再生委員への報酬は、弁護士へ依頼した場合、個人再生委員の作業を代理してもらうことが可能となり、その場合、15万円ぐらいに下げることが可能となってきます。

弁護士費用や司法書士の費用の相場

次に、弁護士や司法書士に依頼をした場合に掛かる報酬費用の相場は、

  • 弁護士に依頼した場合:50~60万円
  • 司法書士に依頼した場合:30万円ぐらい

となってきます。

司法書士の費用が安い理由は?

相場を見てみると、弁護士に依頼するより司法書士に依頼をした方が、費用が安いことが分かります。

ただ、ここで気を付けないといけないのは、司法書士は地方裁判所の代理人として立てないため、業務に制限が生まれてしまうという点です。

ですから、司法書士に個人再生の依頼をした場合、対応できるのは、書類の作成代行までとなります。

そのため、裁判官と話をする時は本人が必ず裁判所へ行くなど、余分な手間が発生しますので、すべてお任せしたい場合は、最初から弁護士に手続きを依頼されることをお勧めいたします。

個人再生の報酬費用の比較

具体的に、債務整理を得意としている法律事務所5社の個人再生の費用を一覧にしてまとめてみましたので、ご参考にして下さい。

※法律事務所名をクリックすると各事務所の口コミのページに飛びます。
※価格は全て税抜となります。

法律事務所 個人再生の費用 最低掛かる費用
弁護士法人アドバンス 着手金:20万円
報酬金:20万円
※住宅資金特別条項を利用する場合はプラス10万掛かります。
550,000円
東京ロータス法律事務所
(弁護士事務所)
着手金:300,000円
報酬金:300,000円
諸費用:50,000円
住宅ローン特則有の場合:プラス100,000円
650,000円
弁護士法人サルート法律事務所 住宅ローン特則なしの場合:500,000円~ 
住宅ローン特則ありの場合:600,000円~
500,000円
ウイズユー司法書士事務所 住宅ローン特則なし 300,000円
住宅ローン特則あり 400,000円
300,000円

個人再生の費用が払えない場合は?

個人再生は任意整理に比べると、どうしても費用が掛かってしまうので、弁護士費用や司法書士費用が払えない不安を抱える方も中には出て来ます。

その場合、法テラスに依頼すると、民事法律扶助制度と言って、費用を立て替えてくれて、後で分割払いをするというサービスを受けられる場合もあります。

ただ、上記のような債務整理を得意としている法律事務所では、基本的に分割払いや後払いにも柔軟に対応しているところが多いです。

実際、法テラスの立替制度は、収入がある一定以下の基準でないと受けられないですし、審査もあったりと何かと手間が掛かります

ですから、最初から、分割払い対応している弁護士や司法書士へ直接相談した方が、手続きの流れはスムーズに行く可能性が高いです。

任意整理で解決できる場合も

実際、借金をいろいろ整理してみると、個人再生をせずに任意整理で解決出来てしまうケースもあります。

特に借入期間が長いと、払い過ぎた利息(過払い金)が発生して、大幅に残債が減ることもよくあるからです。

任意整理であれば、個人再生よりも、遥かに安い金額で手続きを行なうことが可能となって来ます。

任意整理の費用を比較

takeshi1

最初から個人再生ありきで考えるよりも、まずは、法律の専門家に相談をしながら、自分に合ったベストの解決方法を見つけるようにして下さい。