借金が800万円まで膨らむと自己破産を覚悟される方は多いです。

ただ、借金や債務者の状況によっては、他の債務整理の手続きでも解決出来る場合があります。

ここでは、裁判所を通すことなく、最も簡単に手続きが出来る任意整理で800万円の借金を解決出来る3つの条件について解説をしていきます。

800万円の借金を任意整理できる条件

任意整理では、手続きが行なえなくなる借金の限度額というものはありません。

ただ、債務の金額が大きくなればなるほど、任意整理での解決が難しくなってしまうのも事実です。

任意整理では、基本的に

  1. 債権者から取引履歴を取り寄せ、引き直し計算を行なう
  2. 払い過ぎた利息(過払い金)があればその分を残債から減額
  3. 将来利息をカットする
  4. 残債を和解で決まった期間(3年~5年)で分割返済する

という流れで行っていきます。

借金が800万円ある場合、残債をうまく減らすことが出来ず、返済期間が3年になると、月々の返済額は約22万円と、かなり高額になってしまいます

では、どういった条件であれば800万円の借金でも任意整理が可能なのか、3つの条件をお伝えしていきます。

過払い金がかなり発生した場合

もし、借り入れ期間が長い場合は、過払い金(払い過ぎた利息)が発生して、その分が残債から減る可能性が高くなります。

2007年~2010年にかけて改正貸金業法が段階的に実施されましたが、それ以前に消費者金融などからお金を借りていた場合は、利息を払い過ぎていた可能性があります。

人によっては、100万円、あるいは200万円以上の過払い金が発生していることもあります

もし、それによって、残債を一気に減らすことが出来れば、任意整理の和解後に決まる月々の返済額も低く抑えることが出来ます。

仮に払い過ぎた利息を差し引いて残債を400万円まで減額することが出来て、3年間で返済することになれば、月々の返済額を11万円ちょっとまで抑えることが出来ます。

ですから、まずは借金をどれぐらい減らせるか以下の方法で調べてみて下さい。

返済期間を長くしてもらえた場合

任意整理で、弁護士や司法書士を通じて債権者と和解交渉を行なう場合、返済期間は3年間というのが基本となります。

ただ、交渉次第では返済期間を5年~10年に延ばせることもあります。

返済期間 月々の返済額
3年 約22万2千円
5年 約13万3千円
6年 約11万1千円
8年 約8万3千円
10年 約6万7千円

返済期間がどれくらいになるかは、債権者の方針で決まってくるところもあります。

中には任意整理に応じない会社もあるのでご注意下さい。

任意整理に応じない会社はある?交渉に失敗したらどうする?

あとは、任意整理を依頼すると弁護士や司法書士の交渉力によって左右される要素も大きいです。

ですから、任意整理を行なう場合は、必ず任意整理を得意としている専門家に相談して下さい。

返済能力がある場合

借金が800万円あると、任意整理の手続きだと、どうしても月々の返済額は高くなりがちとなります。

ただ、もし、債務者にそれだけの返済額を支払う能力があれば問題はありません

任意整理の場合、債務者本人だけでなく、配偶者など家族が協力して返済をしても大丈夫です。

夫婦で力を合わせて、月々20万円以上の借金を返済できるのであれば、任意整理でも解決できる可能性は高くなるでしょう。

任意整理が難しい場合は?

仮に任意整理が難しい場合でも、すぐに自己破産になるかというと、そういう訳でもありません。

場合によっては個人再生で解決できるケースもあるからです。

個人再生では、任意整理よりも借金を大幅に減額出来るというメリットがあります。

もし、800万円の借金の場合であれば、5分の1の160万円まで借金を減らすことも可能です。

あとは、それを基本的に3年間で返済するので、月々の返済額は約4万4千円まで下がります。

個人再生では、住宅ローンを整理の対象から外すことも可能なので、家を手放したくない方にとっても非常に有効な方法となります。

takeshi1

借金が800万円あった場合でも、自己破産以外に様々な解決法がありますので、まずは法律の専門家に相談されることをお勧めいたします。