司法書士法人リーガルリリーフ 口コミ

司法書士法人リーガルリリーフは、東京の渋谷にある司法書士事務所です。

こちらの事務所では、借金問題で悩んでいる方のために無料の減額診断サービスを提供しています。

ここでは、司法書士法人リーガルリリーフの口コミや特徴、そして減額診断を使うとどうなるかという点について解説をしていきます。

司法書士法人リーガルリリーフの口コミ・評判

司法書士法人リーガルリリーフの口コミや評判は、それほど多くはありません。

そういった状況の中でも見つかった口コミをいくつかご紹介します。

返済が出来なくなってしまった相談だったので、最初は戸惑いましたが、思い切って相談してみたら、事情を良く聞いてくれて解決のために親切に対応してくれました。

司法書士事務所リーガルリリーフ
丁寧に対応してくれる。

とても簡単な口コミですが、ご参考にしてください。

司法書士法人リーガルリリーフの特徴

司法書士法人リーガルリリーフの口コミが少ないのは、設立されたのが2020年9月30日と、まだ出来てから間もないからだと言えます。

ただ、司法書士法人リーガルリリーフの菊田司法書士は、元々、別の司法書士事務所や弁護士事務所で、過払い金請求や債務整理の業務を担当していたので、借金相談に関する経験の部分では、問題はありません

こちらの事務所では、債務整理だけでなく、不動産登記、商業登記、相続、成年後見など、様々な業務に携わっています。

また、司法書士法人リーガルリリーフでは、「すべての人が笑顔で安心して暮らせる明日を」というモットーを持ち、

わたしたち「司法書士法人リーガルリリーフ」はお客様に安心してご依頼していただけるよう迅速・親切・丁寧をモットーとして業務を行っております。ご相談時にも難しい言葉は使わず、分かりやすい説明を心がけております。

また、必要があれば他専門家とも協力しながら質の高いサービスをワンストップで提供しております。

という感じでコミュニケーションを重視しています。

司法書士法人リーガルリリーフの減額診断


司法書士法人リーガルリリーフでは、借金問題で悩む人たちが、簡単に相談できるよう減額診断サービスを提供しています。

こちらのサービスを使うと、数個の質問に答えるだけで、あなたがどれくらい借金の負担を減らすことができるか、簡単に診断をしてもらうことができます

また、より詳しいアドバイスを聞きたい方は、借金問題の専門家から、無料で、直接アドバイスをもらうことも可能です。

ちなみに、このサービスで紹介される方法は、債務整理を使った借金の減額方法です。

債務整理には、任意整理、個人再生、自己破産などの手続きがありますが、その中で、あなたに合った借金問題の解決方法を提案してもらえます。

もちろん、債務整理を依頼しない場合、費用が発生することは一切ありません。

>>司法書士法人リーガルリリーフの無料減額診断はこちら

司法書士法人リーガルリリーフはしつこい?

実は、司法書士法人リーガルリリーフの口コミを見ていると、電話がしつこいというコメントを時々見かけます。

昼間に何回もかけてくる
リーガルリリーフとか言うふざけた会社

減額診断を受けると、基本的に司法書士法人リーガルリリーフから電話が掛かってきます。

ただ、この点に関しても、裏を返せば、あなたの借金問題を解決するために熱心に取り組んでくれるということもできます。

逆に、いたずら半分に利用すると、後で困ることになるので、減額診断を受ける際は、真面目に借金問題を解決したいと思っている時だけ利用するようにしてください。

司法書士法人リーガルリリーフの費用

では、司法書士法人リーガルリリーフに債務整理を依頼した場合、費用はどれくらい掛かるのでしょうか。

まずは、司法書士法人リーガルリリーフが公開している債務整理の費用の一覧をお伝えしていきます。

任意整理の費用 着手金:20,000円~
内容により費用が異なりますのでお問い合わせください。
※ただし、残債務のない債権において過払い金返還額が30万未満の場合は免除
減額報酬:減額した金額の10%
過払い返還報酬:返還された金額の 20%(任意の場合/訴訟の場合は25%)
送金管理費:1社につき月1,000円/回
通信費:5,000円
過払い金返還請求(残債務のない債権者に対するもの) 過払い返還報酬:返還された金額の 20%(任意の場合/訴訟の場合は25%)
※ただし、残債務のない債権において過払い金返還額が30万未満の場合は免除。
通信費:5,000円
個人再生の費用 別途相談
自己破産の費用 別途相談
司法書士の代理権の範囲は、1業者あたり140万円以下の案件に限られます。

任意整理の費用は安い?

任意整理に関しては、着手金が20,000円からとなっています。

さらに、残債務のない債権において過払い金返還額が30万未満の場合は免除となっているので、これは、相場から見ると、かなり安いと言えます

減額報酬や過払い返還報酬の費用は、一般的な金額ですが、全体的に見ると、やはり良心的だと言えるでしょう。

実際、司法書士事務所の任意整理の費用は、弁護士事務所での費用より安い傾向があるので、司法書士法人リーガルリリーフも、その傾向を表しているのかもしれません。

ただ、債務の内容により費用が異なるということは、料金表でも明言しているので、具体的にどれくらい費用が掛かるのかは、無料相談の段階で、しっかり確認しておくことをお勧めいたします。

個人再生や自己破産ではおすすめできない?

その一方で、個人再生や自己破産の費用に関しては、別途相談ということになっており、さらに、「司法書士の代理権の範囲は、1業者あたり140万円以下の案件に限られます」と明記されています。

こういうことを敢えて記載する理由は、司法書士だと、140万円の壁が出てきてしまうからです。

>>債務整理での140万円~弁護士と司法書士の違い

もちろん、140万円を超える案件があった場合、代理権は難しくても、書類の作成代行などは、行えたりします。

また、債務整理の行なう人たちの大半は、任意整理で借金問題を解決していますので、この条件には引っかからない人の方が多いと思います。

ですから、まずは、一度、減額診断を受けるところから始めてみてはいかがでしょうか。

>>司法書士法人リーガルリリーフの無料減額診断はこちら

司法書士法人リーガルリリーフの基本情報

最後に、司法書士法人リーガルリリーフの基本情報を簡単にお伝えしておきます。

司法書士 菊田 吉紘
東京司法書士会 第8234号
簡易訴訟代理認定番号 第312049号
事務所 東京都渋谷区東2丁目27-10 TBCビル3階
営業時時間 10:00~18:00

アクセスに関しては、

  • 東京メトロ日比谷線 恵比寿駅から徒歩7分
  • JR山手線 恵比寿駅から徒歩8分
  • 東急東横線 代官山駅から徒歩9分
  • J山手線 渋谷駅から徒歩12分
  • 東急東横線 渋谷駅から徒歩12分

となっているので、関東圏にお住いの方にとっては、訪問しやすいところだと言えます。

まとめ

司法書士法人リーガルリリーフは、設立されてから間もない事務所であるため、口コミの情報も現時点ではそれほど多くありません。

ただ、菊田司法書士は、別の事務所で借金問題を扱う経験を積んできたので、実績面で、心配する必要はないでしょう。

また、司法書士法人リーガルリリーフは、司法書士ということで、特に任意整理の費用が安くなっています。

takeshi1

司法書士法人リーガルリリーフは、迅速・親切・丁寧をモットーとしているので、借金問題で悩んでいる方は、一度、減額診断を受けてみるところから始めてみてはいかがでしょうか。