借金が900万円を超えると、普通のサラリーマンが返済することは出来るのでしょうか?

確かに年収が1,000万円を超えるようなエリートサラリーマンであれば、返済が可能かもしれません。

ただ、平均的な給料のサラリーマンだと、コツコツがんばっても、限界にぶち当たる可能性が高いです。

ここでは、900万円の借金を返済しているサラリーマンのブログを紹介しながら、債務整理するメリットやデメリットについてもお伝えしていきます。

900万円の借金返済を目指すサラリーマンのブログ

サラリーマンの方が多額の借金を返済するプロセスを綴っているブログはいろいろあります。

その中で、こちらの方は、900万円の借金を自力返済しようとがんばっていらっしゃいます

この方は、2013年の段階で、5社から約900万円の借金を抱えて、月々の返済額は25万円となっていました。

そして、2017年が終わった段階では、450万円以上の借金が残っています。

サラリーマンとしての月収は手取りで約35万円で、あとはビットコインなどの仮想通貨や副業に挑戦されています。

さらに、以前は多重債務状態でしたが、今は、おまとめローンで、ろうきんに借り換えして、借り入れ先を一社にまとめられています。

実際、借金が900万円まで膨らむと、平均的なサラリーマンの収入では、簡単に返済することが出来ません。

ですから、こちらのブログの方のようにプラスαの取り組みや努力をしていかないと、完済をするのは難しくなってしまうでしょう

サラリーマンの借金の限界はいくら?

ところで、サラリーマンが返済可能な借金の限界はいくらぐらいなのでしょうか?

ちなみに、サラリーマンの借金の平均に関しては、正確な統計データは出ていないのですが、それでも大体、住宅ローンも含めて500万円弱ぐらいだと推測されます。

サラリーマンの借金の平均と完済するまでのプロセスとは?

実際、住宅ローンは金利が1%前後程度ですし、今まで払っていた家賃の分をローンの返済に充てる感じになるので、それほど問題にはならないでしょう。

ただ、その一方で消費者金融などのキャッシングやカードローンからお金を借りていると、金利が10%を超えて来るので、借金の額が200万、300万円のレベルになっても、サラリーマンにとっては返済がキツクなります。

また、消費者金融からお金を借りる場合は、現在、総量規制という貸金業者で定められたルールにより年収の三分の一以上は借りられなくなってきます

ですから、年収600万円のサラリーマンだと200万円以上を借りることは出来ません。

一方、銀行のカードローンは総量規制の対象外なので、年収の三分の一を超える金額を借りられる時代が続いて来ました。

しかし、最近は、銀行のカードローンでお金を借り過ぎて、返済不能になる人が増えて来たため、自主規制で融資可能金額を消費者金融の基準に合わせる銀行も増えて来ています。

そのような流れを考えると、やはりサラリーマンの借金の限界は、住宅ローンを除くと、年収の三分の一ぐらになってくると考えた方が良いでしょう。

ですから、借金が900万円ある場合は、サラリーマンとしての収入だけでは返済が難しいので、早めに何らかの対処を行っていくことをオススメいたします。

900万円の借金を債務整理する場合

こちらの記事でご紹介したサラリーマンの方は、仮想通貨や副業、そしておまとめローンを駆使しながら、900万円の借金を頑張って返済しようとされています。

ただ、その方法だと、返済期間が長引くリスクも出て来ます

そこで、もう一つ方法として有効なのが弁護士を通じて債務整理を行なうというやり方です。

債務整理というと自己破産を思い浮かべる方が多いかもしれません。

ただ、債務整理には任意整理や個人再生など、借金の額を減らし、将来利息をカットし、月々の返済額を少なくして完済していくというやり方もあります。

例えば、個人再生の手続きであれば、900万円の借金は約180万円まで減らすことも可能です

それを3年間で返済するので、月々の返済額は、5万円まで下げることが出来ます。

あなたの借金をどれくらい減らせるかは以下の方法で簡単に調べられます。

債務整理を行なうと、信用情報機関に事故情報が登録されて、ブラックリストに載ってしまうというデメリットがあります。

ただ、その一方で、債務整理で900万円の借金を一気に減らせれば、無理に副業や節約をする必要性がなくなり、余分な手間と時間を掛けずに済ませられるというメリットがあります。

ですから、そのような債務整理のメリットとデメリットを総合的に考慮した上で、最終的に判断されると良いでしょう。

takeshi1

900万円の借金は、よっぽど頑張って返済しないと、ずるずる長引いてしまうリスクがありますので、まずは一度、法律の専門家に相談されることをお勧めいたします。