アコムから一括請求をされた時、すぐに返済できる人はいないと思います。

一括返済が出来るくらいなら、あなたは滞納なんかしないで、どんどん借金を返していたでしょう。

では、一括請求が来た後でも分割払いに戻すことは出来るのでしょうか?

アコムから一括請求されるまでの流れ

アコムに返済が出来なかったらからといって、すぐに一括請求されることはありません。

一括請求に到るまでには、いくつかのステップを踏むことになります。

アコムの返済が遅れた直後

アコムが指定した返済日までに支払いが出来ないと、その翌日にアコムから携帯電話へ連絡が来ます。

もし、うっかりミスで、返済をしていなかったのであれば、新たな期日を設定して、支払いを行えば、それで問題解決です。

電話がダメから書面で

しかし、アコムからの電話が来ても、無視を続けた場合は、次に書面での督促が来ます

(状況によっては、自宅訪問をされる場合もあります)

もし、何とか返済が出来そうなのであれば、そこでアコムに連絡をして相談をすれば、返済期間を延ばす代わりに返済額を下げてもらうという交渉も可能です

滞納1ヶ月以上でカードを停止

しかし、それでもアコムからの電話や書面を無視し続けると、アコムのカードが利用停止となります。

その後は、アコムからの借入が一切できなくなってしまいます

滞納が61日~3ヶ月を超えると信用情報機関に登録

滞納の期間が61日~3ヶ月を超えると、延滞情報が信用情報機関に登録されてしまいます。

延滞情報は、完済日から5年を超えない期間で残ってしまい、その期間はアコムだけでなく他の銀行や消費者金融からの借入でも出来なくなります

4ヶ月以上の滞納でアコムを名乗るように

アコムの滞納期間が4ヶ月を超えると、取り立ての際はアコムの名前を名乗るようになります。

延滞が始まって間もない頃は、契約者に連絡をする場合は、最初、アコムだと名乗りませんし、自宅へ督促の郵送を送る場合も、”ACサービスセンター”という名前で送ります。

しかし、滞納が長引くと、そうった遠回し的な表現はしなくなりますので、その分、家族や会社にアコムの借金を滞納していたことがバレやすくなります

アコムから一括請求をされるタイミング

それでもアコムからの催促を無視し続けた場合は、アコムから一括請求をされることになります。

アコムから”一括返済のお願い”というような名前の催告書が届きます。

アコムで働いていた人の話によると、催告書は、延滞が始まってから半年ぐらいで送るケースが多いそうです。

その一方で、延滞をしてから1~2年後にアコムから一括請求が来たという人もいます。

万が一、滞納をしてから、5年以上が経過していれば、消滅時効の期間を過ぎているので、アコムに返済をするのではなく、弁護士や司法書士を通じて、時効の援用の手続きを行なうと良いでしょう。

しかし、まだ5年経っていなければ、一括返済をしないと、裁判の手続きに移行されてしまいます。

裁判所を通じて一括請求された場合

アコムから裁判を通じて訴えられるのは、滞納を1年以上続けているとか、延滞金が100万円を超えているとかなど、かなり悪質なケースです

裁判を通じて訴えられた場合は、最初に支払督促申立書が自宅に届きます

そこでも一括請求を求められますが、2週間以内に異議申し立てを行えば、地方裁判所での通常訴訟となり、そこで分割払いが出来ないか和解交渉を行なうことが出来ます。

しかし、支払督促申立書も無視すると、次に仮執行宣言付支払督促が届きます

この場合も、2週間以内に異議申し立てを行えば、通常訴訟で分割払いの交渉をうことが出来ますが、これが分割払いの交渉に応じてもらえる最後のチャンスです

仮執行宣言付支払督促が来ても2週間以上、無視を続けていれば、強制執行がされて給与や財産が差し押さえられてしまいます

給与が差し押さえの対象になった場合は、その4分の1(給料が44万円を超える場合は、33万円を差し引いた全額)が差し押さえの対象となってしまいます。

債務整理で分割払いに応じてもらう

アコムから一括請求された場合、裁判で分割払いの交渉を行なうという方法もありますが、弁護士や司法書士を通じて、債務整理を行ない、分割払いにしてもらうというやり方もあります。

例えば、任意整理の手続きを行った場合、損害遅延金や将来利息をカットした上で、元本のみを3年~5年で分割返済するという形で和解することも可能です。

また、弁護士や司法書士に債務整理を依頼すると、アコムに受任通知が送られて、アコムからの取り立て・催促がストップするというメリットもあります。

takeshi1

アコムから一括請求された場合、裁判書で分割交渉を行なうというやり方もありますが、弁護士や司法書士を通じて債務整理を行った方が、手続きは簡単になりますので、まずは気軽に無料相談から始めてみて下さい。