リボ払い 任意整理

クレジットカードのリボ払いの返済が厳しくなってしまった場合、任意整理によって解決をするという方法があります。

実際、リボ払いの場合、あまり借金が減らないため、個人再生や自己破産など他の債務整理の方法の方が良いと考える人もいます。

しかし、任意整理でもリボ払いの借金はかなり整理することが出来ますので、その理由や注意点について解説をしていきます。

リボ払いだと任意整理しても残高が減らない?

クレジットカードのショッピングのリボ払いの場合、一般的な手数料(キャッシングでの利息に該当)の相場は15.0%となっています。

リボ払いの残高が増えて来ると、15.0%という手数料だと、かなり重たくのしかかってくるものですよね。

もし、リボ払いの金利(手数料)が、利息制限法で決められた上限金利を上回っていれば、その分を借金の総額から減らすことが出来ます。

しかし、15.0%というリボ払いの手数料は、利息制限法というルールの範囲内となっているので、残念ながら、残高自体を減らすことは出来ません

任意整理は将来利息(手数料)をカット

しかし、だからといって、リボ払いの借金を任意整理しても意味がないというワケでは決してありません。

なぜなら、任意整理を行なえば、原則として、将来利息(手数料)をカットすることが出来るからです。

実際、リボ払いでやっかいになってくるのは、この手数料です。

こちらの記事にも書いていますが、リボ払いで100万円の残高を抱えている人は、支払い方法によっては、最終的に約50万円の手数料を支払うことになってしまいます。

リボ払いの借金返済

ですから、この手数料をカットできるという点だけでも、リボ払いの借金を任意整理で整理する価値は十分あると言えます。

リボ払いを任意整理する場合の注意点

任意整理はリボ払いの借金を解決するために、とても有効な手段ですが、その一方でいくつか気を付ける点もあります。

ブラックリストに載ってしまう

任意整理は債務整理の一種なので、手続きを行うと、信用情報機関に債務整理を行ったことが約5年間記録されてしまいます

いわゆるブラックリストに載った状態になってしまう訳です。

ですから、その期間は新たな借入れを行うことが出来ません。

もちろん、クレジットカードも利用出来なくなってしまうので、その点は理解しておく必要があります。

購入した商品が没収される場合がある

ショッピングのリボ払いの残高分を任意整理した場合は、そのクレジットカードで購入した商品の中で、支払いが完全に終わっていないものが出てきます。

その段階では、クレジットカード会社が商品の代金を立て替えた状態となっており、商品の所有権はクレジットカード会社にあります

ですから、リボ払いの途中の段階で、任意整理などの債務整理を行なった場合は、既に購入した商品を没収される可能性があるので、注意して下さい。

任意整理を開始した後も、引落しをされる場合がある

任意整理の手続きを開始すると、基本的にはクレジットカードからリボ払いの支払いがストップされるようになります。

しかし、銀行の手続きが追いつかない場合もあるため、そこで任意整理を開始した後も、引落しがされてしまうことがあります。

ですから、クレジットカードのリボ払いの引落し先の銀行口座の残高はゼロにしておいた方が良いでしょう。

任意整理でリボ払いの借金問題を解決

任意整理ではリボ払いの借金自体を減らすことは出来ませんが、手数料をカットすることによって、トータルの返済総額や月々の返済額をしっかり減らすことが可能です

任意整理は、個人再生や自己破産と違って、裁判所を通さずに行なえますし、費用も安く済ませることが出来ます。

実際に任意整理も含めた債務整理でどれくらい借金が減らせるかはこの方法で調べられますが、返済額がグッと減るので、驚かれる方も多いです。

takeshi1

このように、クレジットカードのリボ払いの借金地獄で苦しんでいる人は、是非、一度、弁護士や司法書士へ気軽に相談してみて下さい。