日本政策金融公庫 返済できない 任意整理

日本政策金融公庫は、政府が100%出資している金融機関で、非常に低金利で融資を受けられるので、たくさんの事業主が利用しています。

しかし、日本政策金融公庫への返済が出来ないで延滞しそうな場合は、どうすれば良いのでしょうか?

ここでは、具体的にリスケジュールという方法について解説をしていきます。

リスケジュールについて

日本政策金融公庫への返済が不能になってしまった場合、一番やってはいけないことは、別の貸金業者からお金を借りて返済に回すことです。

そもそも、日本政策金融公庫自体の金利が非常に低いので、他から借りる場合は、より高い金利のところから借りることになるでしょうから、これでは自分の首を絞めるだけです。

この場合は、日本政策金融公庫の返済相談窓口に対して、リスケジュールが出来ないか交渉をしていくのが最もオススメです。

リスケジュールの具体的な流れを簡単に説明すると以下のようになります。

返済条件変更申込書を提出

まず、返済可能な金額を算出した上で、返済条件変更申込書を提出します。

返済条件変更申込書には、

  • 月々の返済額を減らす
  • 返済期間を伸ばしてもらう

という2つの観点で、どこまでの基準を交渉で求めていくか決めていくようになります。

事業計画書の作成

ただ、「返済が難しいから、返済条件を変えて下さい」と言っただけで、リスケジュールが出来る訳ではありません。

事業者は、経営を再建していくための具体的な事業計画書を税理士と相談をしながら、作成していく必要があります。

もちろん、事業計画書は今後、経済を改善していくことを前提としたものである必要があります。

ただ、あまり現実とかけ離れたものとなると、後から苦しむ結果になってしまうので、気を付けるようにして下さい。

資金繰り表を作成

最後に、事業計画書をもとに、資金繰り表を作成していきます。

延滞をする前にリスケの相談を

リスケジュールの交渉をする場合、延滞をする前と後では、交渉の進めやすさがかなり違ってきます。

実際、日本政策金融公庫はリスケジュールがしづらいという話もあります。

ですから、もし、日本政策金融公庫への返済が出来ないで延滞しそうだと感じた時は、早めにリスケの交渉を開始して下さい。

少しでも自分の立場が悪くなる前にアクションを起こしていくことが大切です。

日本政策金融公庫からの借金は任意整理は可能?

ただし、どんなにがんばっても日本政策金融公庫への返済ができないこともあります。

その場合は、弁護士や司法書士を通じて債務整理を行なうという方法もあります。

実際に債務整理でどれくらい借金が減らせるかは、こちらの方法を使うことによって日本政策金融公庫からの借金の苦しみから解放される道が見えて来ます

債務整理の中では任意整理が最も負担が少なくて人気なのですが、日本政策金融公庫の場合、元々、金利が低いため、残念ながら任意整理で解決するのは難しい可能性が高いです。

ですから、一般的には、個人再生か自己破産のいずれかで解決できないか検討していくようになります。

また、日本政策金融公庫は、個人再生を行った場合など、再生計画に反対してくることが多いとも言われいるのでご注意下さい。

takeshi1

このように日本政策金融公庫への返済が出来ない場合は注意点がいろいろあるので、必ず債務整理に強い弁護士や司法書士に相談をしていきながら、慎重に進めていくようにして下さい。