飲食店経営 失敗 借金

飲食店経営を脱サラして始めたけれども失敗をして閉店に追い込まれ、借金を抱えてしまう方はかなりの割合でいらっしゃいます。

新規開業をしてから1年未満で閉店するお店は3割以上という話もあります。

また、飲食店が3年間続けること自体が鬼門だとも言われています。

サラリーマン時代に20年以上コツコツと開業資金を数百万円を貯めて、夢の脱サラをしたけれども、2ヶ月で資金を使い果たして廃業・閉店したという話も聞いたりすると正直本当に胸が痛みます。

では、飲食店経営で失敗をして借金をしたら、悲惨な生活が一生続いてしまうのでしょうか?

実は、こちらの方法を使えば、いったん借金問題はしっかりと解決出来ますし、飲食店経営の失敗からリカバリーすることも十分可能です

また、ここでは飲食店経営に比べて失敗するリスクが少ない方法についてもご紹介していきますので、合わせてご参考にして下さい。

飲食店経営はなぜ失敗しやすい?

そもそも飲食店経営はなぜそんなに失敗をして閉店してしまう人が多いのでしょうか?

実際に経営が苦しくなって借金を抱えてしまった人のパターンを見てみると以下のような特徴が挙げられます。

  • 開業資金が想定外に掛かってしまった
  • 立地が悪かった(周辺の環境が変わってしまった)
  • 料理の腕はあったけれども経営の知識がなかった
  • 周辺のお店との競争に勝てなかった
  • 客層の好みが変わってしまった
  • お店が認知されるまで時間が掛かってしまった
  • 人を雇っても仕事がキツくて辞める人が多かった
  • お店と地域の客層が合っていなかった

飲食店経営は、様々なところで失敗に陥ってしまう要素がありますが、最大の問題はやはり多額の開業資金と運転資金が掛かるという点だと言えるでしょう。

一般的に飲食店経営の開業資金の相場は、数百万円~1,000万円ぐらいだと言われています。

もちろん、立地の良いところを選ぶとその分、家賃も掛かりますし、お店を回そうとすると従業員も雇わないといけないので人件費も毎月掛かります。

そのため、少しでも歯車が狂いだすと、すぐに経営資金が尽きて、借金が増え始め、結局は閉店に追い込まれるというケースが非常に多いのです。

失敗しても借金しないビジネスモデル

このように飲食店経営は、一つでも失敗をすると、それが命取りになってしまうリスクが高い業種だと言えます。

ですから、もし、飲食店経営で失敗をして借金を抱えてしまった人がその教訓を生かすのであれば、開業資金がほとんど必要なく、一人でも十分回していけるビジネスモデルを探していくことをオススメいたします。

例えば、アフィリエイトなどのネットビジネスは、その典型的な例です。

最初はパソコン一台とネット環境さえあれば、すぐに始められますし、投資をするといってもそれこそ、10万円ぐらいから始めてもまったく問題ありません。

万が一失敗をしても、失うのはそれまで投じてきた時間ぐらいで、金銭的に受けるダメージはほとんどありません。

実際に主婦でもネットで起業をして、月に100万円以上稼いでいる人たり、アフィリエイトの副業で儲かって脱サラをしたりする人はたくさんいらっしゃいます。

飲食店経営で失敗した後は、そのようなビジネスで再起を図ってみるのはいかがでしょうか?

アフィリエイトで借金は返せる?失敗しないコツは?

再起を図るのはダメージの少ない内に

実際、お店をたたむためにも、保証金の償却費や退去するまでの家賃、そして現状回復費などお金はいろいろ掛かってきます。

ただ、引くに引けない状態をズルズル続けるよりは、早く見切りを付けることをオススメいたします。

もちろん、経営コンサルタントのアドバイスを受けながら、再起を図っていく方法もあるかもしれませんが、さらに失敗するとキズがもっと深くなってしまう可能性があるからです。

また、どうしても借金の返済が難しい場合は、債務整理を行なうという手続きもありますので、弁護士や司法書士に依頼をしてみるのも一つの方法です。

最悪は、自己破産という形になってしまうかもしれませんが、キズが浅ければ任意整理などダメージが少ない形で、再起を図っていくことも可能です。

債務整理の手続きであれば、悲惨な生活が一生続くという状態は確実に避けることが出来ます

takeshi1

「失敗は成功のもと」とも言われますが、飲食店経営で失敗をして借金を抱えた分、あなたは多くのことを学んでいるはずなので、その経験を活かして、成功しやすいビジネスを見つけ、見事に再起していかれることを願っています。