障害者の方が借金返済が難しくなってしまうと、その立場ゆえに普通の人よりも、借金問題を解決することが大変になってしまうところがあります。

その場合、借金が免除されたり、減額されたりすることは可能なのでしょうか?

ここでは、障害者が借金返済が出来なくなった場合の対処法について解説をしていきます。

障害者は借金が免除される?

うつ病など精神障害があると借金返済が免除されるのではないかと期待をする方もいらっしゃいます。

しかし、障害者だからといって借金が免除されることはありません

もちろん、障害者手帳を持っている場合、福祉用具の貸与、医療サービスの助成、交通費・公共料金の免除や割引、税金の減免などの優遇措置を受けることは可能です。

しかし、障害者手帳の優遇措置の中に借金返済が免除されるという項目は入っていません。

そこら辺はかなりシビアなところがあります。

障害者が債務整理を行なう場合

障害者だと、どうしても自己破産をしなければならないのかと思う方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、本人に返済能力があれば、自己破産以外の方法で借金問題を解決していくことも可能です。

既に障害年金をもらっている人は、障害年金の受給資格がなくなってしまうのではと心配する方もいらっしゃいます。

しかし、債務整理を行っても障害年金がもらえなくなることは絶対ありません

債務整理で借金の返済額を減らして、障害年金のお金を借金返済に回すという方法もアリです。

ただ、障害年金をこれから申請しようとする方は、債務整理をする場合、気を付ける点がありますので、こちらの記事をご参考にして下さい。

自己破産と障害年金の関係~うつ病で借金返済が出来ない時

障害者の方でも借金返済の問題を解決できる道はいろいろありますので、まずは、今の借金がどれくらい減らせるかをチェックしてみることをオススメいたします。

返済能力がない障害者の方は?

実際に障害者の中には、知的障害者であったり、総合失調症などの障害がひどかったりして借金の返済能力がない方もいらっしゃいます。

その場合は、自己破産をしてから生活保護を受けるという方法もあります。

また、そういったケースでも、弁護士費用が数十万円掛かるので、法テラスに連絡をして、弁護士費用の立て替えや免除について相談するのが良いでしょう。

takeshi1

ただ、本人に返済能力があれば、もっと簡単な方法で借金の返済をしていくことは可能ですので、まずは、弁護士や司法書士に相談するようにして下さい。