クレジットカードでショッピングリボをしている人が返済不能に陥った場合、自己破産をすることは可能なのでしょうか?

実は、買い物依存症になっているような人やカードを現金化したような人は、自己破産の手続きの途中で問題視される可能性もあります。

また、もし自己破産が出来た場合、返済途中の商品に関しては返却を求められるのでしょうか?

ここでは、ショッピングによる借金で自己破産を検討されている方が注意すべき点ついて解説をしていきます。

ショッピングリボも自己破産出来るけれども・・・

クレジットカードのショッピングリボの返済が出来ない場合でも、他の債務と同様に自己破産の免責対象にすることは原則として可能です。

もちろん、自己破産をする場合は、あなたに返済能力がないと裁判所が認めることが大前提となります。

参考記事:自己破産ができない場合

ただ、自己破産できる条件を満たせば、ショッピングリボの支払いも免責される可能性は高いでしょう。

しかし、その一方で以下の点に関しては十分気を付ける必要があります。

買い物依存症だと免責不許可事由に引っ掛かる

ショッピングリボを返済できない人の中には、買い物依存症になっていて、クレジットカードで買い物をしまくっているケースがあります。

そういった人は、浪費をしていたみなされ、破産法第252条第1項で定められた免責不許可事由に引っ掛かってしまいます。

浪費又は賭博その他の射幸行為をしたことによって著しく財産を減少させ、又は過大な債務を負担したこと。

簡単に言うと、「ムチャクチャなお金の使い方をしていたのだから、このままでは、借金はチャラにしませんよ。」ということです。

ただ、免責不許可事由に引っ掛かっても、裁判所に反省文を提出したりしていけば、最終的には裁量免責という形で、借金をチャラにしてもらえるというケースがほとんどです。

クレジットカードの現金化をすると自己破産できない!?

クレジットカードのショッピング枠を使っている人の中には、現金化している人もいらっしゃいます。

ショッピング枠で購入した商品を現金化業者に買い取ってもらって現金を得るという手法ですが、これも、免責不許可事由の以下の事項に引っ掛かります。

破産手続の開始を遅延させる目的で、著しく不利益な条件で債務を負担し、又は信用取引により商品を買い入れてこれを著しく不利益な条件で処分したこと。

インターネットの情報を見ていると、「クレジットカードのショッピング枠を現金化していたら、免責不許可事由に引っ掛かるから、自己破産が出来ない」と断言している方もいらっしゃいます。

しかし、これは、嘘です

なぜなら、この場合も、裁量免責という形で、免責を受けられる可能性が高いからです。

もちろん、だからといって、現金化をしても良いという訳では決してないんですけどね・・・

>>クレジットカードを現金化すると自己破産できないという誤解

未払い分の商品は没収される?

次に問題となってくるのが、ショッピングリボで支払いが残っている商品は、自己破産をすると没収されるかという点です。

基本的に、ショッピングローンの場合、支払いがすべて完了するまで、所有権はクレジットカード会社(信販会社)にあるという所有権留保の特約が結ばれています。

ですから、厳密に言えば、債務者が自己破産を行った際、クレジットカード会社は所有権を主張することによって、商品を返却してもらうことが可能です。

ただ、本当に回収をするかどうかは、ケースバイケースになります。

なぜなら、該当商品は元々安かったり、換価しても既に価値を失ったりしていると、回収する手間暇を考えたら効率が悪いと判断されるからです。

例えば、車、貴金属、家電、ブランド品など価値の高いものに関しては、回収されるケースもあります。

しかし、一般的には、回収されないケースの方が多かったりするので、詳しくは弁護士などに相談されるのが良いでしょう。

自己破産直前のカードでの買い物はNG

もし、ショッピングリボの自己破産を考えているのであれば、もう、クレジットカードは使わないで下さい。

なぜなら、自己破産の直前にクレジットカードを使ってショッピングリボで買い物をしたりすると、この場合でも、免責不許可事由に該当する可能性が出て来るからです

ここまでの話を聞いていると、「結局、何をやっても、裁量免責でチャラにしてもらえるんでしょう」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、免責不許可事由に該当したら、本来であれば、同時廃止事件という形で、簡単に自己破産の手続きを出来るところが、管財事件という手続きに切り替わり、余分な手間と費用が掛かってしまうリスクを抱えることになります。

>>自己破産する前にカードを使うことはやっぱりNG!?

まとめ

ショッピングリボによる借金を自己破産することは可能です。

しかし、買い物依存症の人や、クレジットカードの現金化をしたような人は注意が必要ですし、自己破産をすると決めたのであれば、決して、これ以上、カードを使ってはいけません。

takeshi1

そのような観点からも、ショッピングリボの借金がより複雑化することがないよう、早めに弁護士へ相談されることをオススメいたします。