自己破産を検討している人が、破産の手続きをする前にカードを使うとどうなるのでしょうか?

実際、そうすることは、いけないだろう分かっていても、どうしても、お金が必要になったり、買い物をしたい時ってありますよね。

ただ、自己破産前のクレジットカードの利用は以下の理由から十分注意する必要があります。

カードを使うことは基本的にNG

自己破産する前にカードを使うことは、基本的にNGとなります。

その理由は、破産法252条の第5項に記載されている免責不許可事由に該当する可能性があるからです。

破産手続開始の申立てがあった日の一年前の日から破産手続開始の決定があった日までの間に、破産手続開始の原因となる事実があることを知りながら、当該事実がないと信じさせるため、詐術を用いて信用取引により財産を取得したこと。

つまり、自己破産を検討している段階でカードを使うと、場合によっては、債権者や裁判所から詐欺的な行為を行なっていると判断され、免責を受けるための手続きが困難になってしまうのです。

もちろん、免責不許可事由に該当しても、最終的には裁量免責という形で免責を受けることも可能です。

しかし、同時廃止という簡単な手続きではなく、管財事件という形になって、余分な手間と費用が掛かる可能性が高くなります

キャッシングは特にダメ

クレジットカードを使う場合、キャッシングとショッピングの2パターンがあります。

この中で特にキャッシングは、完全な借入れ行為となりますので、免責不許可事由に該当する可能性が高くなります。

実際、自己破産をすると弁護士費用が数十万円程度掛かるので、そのためにキャッシングもしなければと考える人もいるかもしれません。

しかし、弁護士事務所は、分割払いにも対応しているところ多いですし、どうしてもお金がない人は法テラスに相談をして、弁護士費用を立て替えてもらうという選択肢もあります。

ですから、自己破産を検討している方は、カードを使う前に必ず弁護士や司法書士に相談されることをお勧めいたします。

ショッピングに関してはケースバイケース

その一方で、ショッピングに関しては、ケースバイケースのところがあります。

もちろん、高額な商品をクレジットカードで購入することはNGです。

しかし、その一方で、

  • 生活に必要なものを購入(浪費ではない)
  • カードを使う金額が数万円未満と少額
  • 回数が少ない

という条件を満たしていれば、問題にならないことの方が多くなります。

必ず弁護士に相談を

簡単にまとめると、自己破産をする前に、

「自己破産をしたら、全部の借金がチャラになるから、今の内に、どんどんクレジットカードを使ってしまえ。」

悪意を持って、カードを使うのは絶対NGです。

自己破産をすると、多かれ少なかれ、債権者に対して迷惑を掛けてしまいます。

そのことに対して申し訳ないという気持ちがなければ、自己破産をしても結局借金癖が治らず、自己破産後に同じ過ちを繰り返す確率が高くなります。

一方、やむを得ない事情でカードを使う場合でも、金額によっては、免責不許可事由に引っ掛かる可能性があります。

ですから、自己破産をする可能性が少しでもあるのでれば、早めに弁護士などに無料相談されることをオススメいたします。

takeshi1

弁護士に相談をすれば、任意整理や個人再生など、自己破産以外の債務整理の方法で借金問題を解決出来ることが分かるかもしれないので、まずは気軽に相談をしてみて下さい。

多くの人達が借金の悩みを解決しています!

「毎月の返済が厳しい・・・」
「返しても返しても借金が減らない・・・」
「取り立ての連絡が怖い・・・」

そんな時、法律の専門家に相談すれば借金を減らす方法を教えてもらうことが出来ます。

返済が難しい借金は放置すると毎日、利息が増えていくので、その分、確実に損をしてしまいます。

ですから、1人では決して悩まず、早めに相談をして、新しい人生の第一歩を踏み出してみて下さい。

>>今すぐ借金をどれだけ減らせるか調べてみる