20代で借金地獄にハマって債務整理を検討されている方はやはりいらっしゃいます。

女性の場合だと、ついつい買い物依存症になったり、エステや旅行にハマったりして借金が膨らんでしまう方もいらっしゃいます。

男性の場合でも、パチンコなどのギャンブルにハマったり、ソーシャルゲームに夢中になったりして多額の借金を抱えてしまうこともあります。

また、20代であれば奨学金の返済に悩んでいる男女も多いです。

借金地獄に陥ると、自己破産のイメージを思い浮かべる方も多いかもしれません。

しかし、20代であれば任意整理の方がよりスムーズに借金問題を解決できる可能性が高いので、その理由をお伝えしていきます。

20代に任意整理をお勧めする理由

月々の返済額を減らせる

20代は他の世代の人達に比べて、借金の平均はそれほど多くないのですが、借金で苦しむ人は意外と多い傾向があります。

その理由は、20代では、まだ収入が少ない人が多いからです。

参考記事:20 代の借金の平均と気を付けるべき点とは?

そのため、20代の給料では、月々の返済額を返しきれないため、滞納をしたり、返済不能に陥ってしまったりしてしまうケースが出てくる訳です。

しかし、任意整理であれば、将来利息をカットすることによって月々の返済額を減らせるため、完済までの道が開かれるというメリットがあります。

整理する債務を選べる

20代の人は、奨学金の返済が出来なくて悩んでいる方も多いです。

ただ、中には奨学金自体の返済というよりも他社からの借金の返済もあって、トータルの返済額が増えてしまっている方もかなりいらっしゃいます。

債務整理の中でも自己破産を行なうと、すべての債務が整理の対象となるため、奨学金の連帯保証人が親になっている場合は、迷惑を掛けてしまいます。

場合によっては親子で自己破産というケースも十分あり得ます

また、20代の方であれば車のローンが終わっていない方もいらっしゃいます。

その場合、個人再生や自己破産では車のローンも整理の対象とせざるを得ないので、原則的に車は引き上げられてしまいます

しかし、任意整理では、奨学金や車のローンなどを整理の対象から外すことも可能なので、より少ないダメージで手続きが出来るというメリットがあるのです。

任意整理は内緒で手続きがしやすい

任意整理は、個人再生や自己破産と違い、裁判所を通さずに手続きが出来るので、誰にも知られずに内緒で借金問題を解決出来る可能性が非常に高くなっています

例えば、20代の女性で結婚を検討されている方は、彼氏にバレずに任意整理を行なうことも十分可能です。

ですから、20代の方が他の世代よりも多く持っている可能性や未来をしっかり守っていく上でも任意整理はオススメです。

20代では任意整理が難しい場合も

ただ、任意整理は個人再生や自己破産に比べて、借金をそれほど減らせないというデメリットもあります。

例えば、借金の額が300万、400万レベルになったり、うつ病などの病気で返済能力がほとんどないと判断されたりするような場合です。

そういったケースでは、20代でも個人再生や自己破産の方がより多く借金を減らせるので、有利に働くこともあります。

実際に、あなたが任意整理で借金問題を解決出来るか、任意整理に強い弁護士や司法書士に相談してみて下さい。

20代は任意整理で解決できる方が多い

ただ、一般的に、20代の方は、借金の額がそこまで大きくありませんし、バリバリ働ける人も多いです。

ですから、そういった方は、よりダメージの少ない任意整理を選択した方がスムーズに借金問題を解決しやすくなります。

takeshi1

20代は借金を抱えても、社会的にリカバリー出来る可能性は非常に高いので、任意整理で借金の返済額を減らし、より良い再スタートを切られることを願っています。