有名人の中にも自己破産をした人はいらっしゃいます。

有名人は基本的に収入が多いので、自己破産とは縁遠いように見えますが、それ以上にお金を浪費したりしてしまうと、あっという前に借金地獄に陥り、自己破産に到るケースもあります。

ここでは自己破産をした有名人を紹介しながら、その後の人生についてもお伝えしていきます。

自己破産をした有名人

大場久美子(歌手・女優)

破産総額:1億4千万

コメットで人気を博した歌手で女優の大場久美子さん。

しかし、1990年に京都で副業で始めたレストランが2年で経営不振により破綻してしまいます。

さらに所属事務所も倒産し、大場久美子さん自身も1994年に自己破産しました。

その後は、再婚もして、心理カウンセラーなど様々な資格を取得して活躍しています。

岸部四郎(タレント)

破産総額:4億2千万

ザ・タイガースのメンバーとして、人気を博し、日本テレビ系列の「ルックルックこんにちは」の司会としても13年に渡って務めた岸部四郎さん。

しかし、人の好さからどんどん連帯保証人になり、事業の失敗や自身の浪費癖もあって、借金が雪だるまのように膨らみ借金地獄に陥ります。

その結果、自己破産をすることになり、その影響で長年務めた「ルックルックこんにちは」の司会も降板しました。

自己破産後は、自虐的なキャラを売り物にしてテレビにも出演したりしていました。

林葉直子(元女流棋士・タレント)

破産総額:8千万円

女流棋士として一世を風靡し、将棋界の重鎮との不倫やヌードスキャンダルでも世の中をお騒がせした林葉直子さん。

父親が大邸宅を立てた後、多額のローンを抱えたまま、亡くなり、その負債を引き継いで自己破産をしてしまいました。

父親が負債を残して亡くなった場合は、遺産も含めて相続を放棄することも出来たのですが、そうは出来ない事情があったのかもしれません。

自己破産後は、棋士としても復帰したりしましたが、現在は闘病生活を送っています。

X JAPANのTOSHI(歌手)

破産総額:億単位

伝説のロックバンドX-Jpanのボーカルとして現在も活躍中のTOSHIさんは、 自己啓発セミナーの「ホームオブハート」にハマってしまったのをきっかけに1997年4月、X Japanを脱退します。

そして、自己啓発セミナーに15億円以上のお金を上納した結果、億単位の借金を抱えて、2010年1月に自己破産をしました。

自己破産をした後は、自己啓発セミナーを奪回し、X Japanのボーカリストとして再び大活躍をしているのは皆さんもご存じの通りです。

カンニング竹山(芸人)は自己破産をしたの?

借金総額:450万円

ネットの情報を見てみると、芸人のカンニング竹山も自己破産をしたように書かれていたりもします。

確かに、カンニング竹山さんは、浪費やギャンブルなどが原因で借金が450万円まで膨らんでしまい、債務整理を行ないました。

しかし、実際に行なった手続きは、自己破産ではなく特定調停の手続きだったようです。

参考記事:借金450万円を債務整理したカンニング竹山さんの体験談

自己破産をしないで借金地獄から脱出した有名人

その一方で、借金地獄に陥りながらも、そこから必死になって、借金地獄から脱出した芸能人もいます。

  • 加山雄三(俳優):100億円の借金を完済
  • 南野陽子(歌手・女優):数億円の借金を完済
  • ピンクレディーのミィ(歌手):3億円の借金を完済
  • さだまさし(歌手):35億円の借金を完済
  • 矢沢永吉(歌手):35億円の借金を完済
  • 林修(塾講師・タレント):1,800万円の借金を完済
  • 坂上忍(俳優・タレント):数億円の借金を完済

詳細はこちらの記事にまとめています。

参考記事:借金まみれのどん底から這い上がった人達

芸能人の場合、まだ勢いやパワーが残っていれば、「なにくそ」という思いで自己破産をせずに完済する方もかなりいらっしゃるようです。

自己破産から金持ちになるケースもある

有名人の自己破産のケースを見てみると、自己破産後の人生がパッとしないのではと思う人も多いかもしれません。

ただ、これは、芸能生活が絶頂の時に金銭感覚が麻痺してしまい、その後、芸能人としての勢いが落ちて借金地獄に陥り、自己破産をしたケースが多いので、自己破産は人生の終わりのように見えるのだと思います。

しかし、以前のような活躍までには到らなくても、皆さん、自己破産をした後も、様々な方法で再起を遂げています

また、X JAPANのTOSHIさんは、自己破産をきっかけに、自己啓発セミナーからの洗脳が解け、社会復帰し、X Japanが再結成されてからは、再びお金を稼ぎ出し、今では大金持ちにとなって豪邸に住んでいます

自己破産は決して人生の終わりではないのです。

takeshi1

多額の借金を抱えた場合、必死に働いて自力返済をするのも良いですが、債務整理を通じて人生の再起を図るという選択肢もありなので、まずは弁護士や司法書士へ気軽に相談をしてみて下さい。