任意整理することをきっかけにして、転職をして心機一転がんばろうという方もいらっしゃいます。

ただ、任意整理中や任意整理後に転職をしても大丈夫なのでしょうか?

ここでは、転職が出来るかという点や思わぬ影響を受けないための注意点も含めて解説をしていきます。

任意整理後の転職は可能

任意整理中や任意整理後に転職を行っても、基本的には、まったく問題ありません

確かに自己破産をする場合は、免責が確定するまで制限を受けてしまう職業があります。

しかし、任意整理の手続きは、職業の制限を一切受けないので、任意整理中でも任意整理後でも転職をする際に影響を受けることはないのです。

任意整理をしたことは会社にバレる?

同じ債務整理の手続きでも、個人再生や自己破産だと官報に情報が記載されてしまうので、転職先が官報をチェックするところだとバレてしまう可能性も多少は出て来ます。

しかし、任意整理を行なった場合は、官報に記載されないので、転職に影響は出ません。

その一方で、任意整理の手続きを行なうと信用情報機関に債務整理を行った事故情報が約5年間登録されてしまいます

つまりブラックリストに載ってしまうワケですが、もし、転職先が銀行や消費者金融だと、任意整理をしたことがバレてしまうのではないかと心配する人もいます。

しかし、銀行や消費者金融、あるいは信販会社が信用情報機関の情報を照会できるのは、クレジットやローンの申込を受けた時など目的が限定されています

転職する人の信用情報が問題ないかとチェックすると、明らかな違反行為となり会社側に罰則が適用されてしまいます。

もちろん、任意整理を行ったことは転職活動をする際に、わざわざ申告する義務や必要性もないので、安心をして頂いて大丈夫です。

任意整理後に転職をする場合の注意点

しかし、その一方で任意整理中や任意整理後に転職をする際に気を付けるべき点が3つほどあります。

転職後に収入は下がるかもしれない

転職をして給料が上がれば良いのですが、下がる場合もあります

給料が下がると、せっかく任意整理で和解をして、月々の返済額を減らすことが出来たのに、その返済額も払えなくなり、任意整理が失敗する可能性が出て来ます。

任意整理後に支払いが遅れてしまった場合の対処法

給料をもらうタイミングにご注意

給与の問題はクリア出来ても、転職をした際に、給料をもらうタイミングが後ろにズレ込むことがあります。

そこで空白が生じることによって、返済に支障をきたしてしまうケースも出て来ます。

任意整理後は、一時的にお金が足らなくなっても、消費者金融や銀行からお金を借りることは出来ないので、ご注意ください。

SNSに書き込まない

最近は、Facebookなど実名を出してSNSをする人が増えています。

転職をすると、会社の人にどんな人なのかSNSをチェックされることもあります

そこに借金問題に悩んでいるとか任意整理をしたなどの情報を書いているとバレることがありますから、余計なことは書かないようにしましょう。

担当の弁護士や司法書士によく相談をする

基本的に任意整理中や任意整理後に転職を行なうことは可能ですが、そこで決まる収入によって大きな影響を受ける場合があります。

ですから、転職を希望されている場合は、必ず担当の弁護士や司法書士によく相談しながら進めていくようにして下さい。

takeshi1

任意整理を行なうことによって、借金の返済額が大幅に減ることもありますので、それもチェックしながら、転職を本当にすべきかどうかという点も含めて検討してみて下さい。