借金60万円は人によっては、少ないと感じるのかもしれませんが、収入が少なく、月々の返済額が2万円を切って来ると、多いと感じる人が増えて来ます。

実際、借金は債務整理で解決するという方法もありますが、60万円でも任意整理などで解決することは可能なのでしょうか?

ここでは、借金60万円での任意整理の有効性や自力返済した場合の利息などについて解説をしていきます。

借金60万を任意整理する人はいる?

借金が60万円でも、任意整理をして解決した方はいらっしゃいます。

こちらの方の場合、3社から60万円の借金をしていたのですが、弁護士を通じて、任意整理を行ったところ、残債を50万円まで減額し、残債を分割返済することで債権者と和解をしています。

仮に借金の残債が減額されなくても、将来的に掛かる利息は原則カット出来るので、あとは元本だけを返済すれば良いというケースは多いです。

その場合、返済期間によって、月々の返済額は以下のようになります。

  • 3年間:16,667円
  • 4年間:12,500円
  • 5年間:10,000円

任意整理の場合、返済期間が長くなっても、利息は掛からないので、支払額が増えることはありません。

ですから、返済期間を伸ばしてもらえると、債務者であるあなたにとっては、より有利に働きます

ここら辺の交渉は、任意整理に強い弁護士や司法書士に相談すると、うまくいきやすくなるので、気軽に相談してみて下さい。

任意整理が出来ないケース


しかし、その一方で、以下のような方は、任意整理は出来ない可能性があるので、ご注意下さい。

  • 返済期間が短い、或いは、まだ一度も返済をしていない場合
  • 強制執行などの法的措置を取られてしまっている場合
  • 金利が低い場合(将来利息をカットしても利益を得られないので)

任意整理は、債権者との任意の交渉によって行われます。

ですから、債権者の心証が悪いと、交渉が難航して任意整理に応じてもらえなくなる可能性が高くなってしまいます

例えば、パチンコなどで借金が60万円まで急激に膨らみ、まだ全然返していないのに、「じゃあ、任意整理で」ということにはならないので、その点はご注意下さい。

借金60万円は自己破産で解決出来る?

借金が60万円でも返済能力がまったくない場合は、自己破産をして借金をすべて免責してもらうことも可能ではあります。

ただ、自己破産をすると、車や住宅のローンが返済途中だと、車や住宅が処分の対象となります。

また、自己破産を弁護士や司法書士に依頼した場合、数十万円の費用が掛かってしまうので、あまり効率的だとは言えません。

ですので、まずは、任意整理で解決出来ないか検討してみる方が現実的です。

借金60万は多い?


60万円の借金は、バリバリ働いて収入を得られる人にとっては、少ないかもしれません。

しかし、月収が少なかったり、やむを得ない事情で支出が増えてしまっている人にとっては多いと感じてしまうものです

特に、毎月ギリギリの生活をしている人や、返済日までにお金を準備できず、別のところから借りているような方は、早めに対処をしておいた方が良いでしょう。

借金60万の返済のギリギリラインは?

では、借金60万円を返済している人にとって、返済額がどれくらい下がってくると、やばいのでしょうか?

60万円の借金を抱えている方の中には、複数の消費者金融から金利18%で借りているケースが多いですよね。

もう少し、借金が増えると金利は下がって来るのですが、60万円だと、最大金利の18%になってしまうことがほんとんだからです。

その場合、月々の返済額ごとの返済期間と最終的に支払う利息の金額は以下のようになります。

月々の返済額 返済期間 利息の総額
30,000円 2年 118,684円
20,000円 3年5ヶ月 203,071円
15,000円 5年2ヶ月 323,120円
12,000円 7年10ヶ月 517,244円

毎月、3万円のペースで返せるのであれば、10万円ぐらい損しますが、2年で完済出来るので、まだ良い方でしょう。

ただ、毎月、2万円までしか返済に回せないと、返済期間が3年を越えて、完済までに支払う利息も20万円を越えるので、少しやばいと言えるかもしれません。

返済額が1万~1万5千円ぐらいのラインまで下がってしまっている人は、早急に対策を考えた方が良いでしょう。

まとめ

借金60万円は、元々収入が多い人や、一時的にでもバリバリ副業をして、収入を増やせる人であれば、自力返済をどんどん進めていけば良いかと思います

しかし、月々の返済額が2万円を切るぐらいの方は、返済期間がズルズル長引いて、結婚など、将来の人生設計に狂いが生じる可能性も出て来ます

もし、返済プランを立ててみて、完済のメドが立ちにくい場合は、早めに弁護士や司法書士に相談されることをお勧めいたします。

takeshi1

借金60万円が多いか少ないかは、その人の状況にとって重みがまったく違って来るので、返済がキツイと感じている方は、まずは無料相談から始めてみてはいかがでしょうか?