借金50万円ぐらいなら余裕で返済できると思う方は多いかもしれません。

しかし、実際のところは、どうなのでしょうか。

ここでは、借金50万円を抱えている方の声を集めながら、そこから見える問題点や返済方法について解説をしていきます。

借金50万円は余裕で返済できるのか

借金50万円は余裕で返済できのかどうかは、その人の感じ方によっても変わってくるところがあります。

ただ、様々な人たちの意見を集めると、客観的に見れば余裕に見えるけれども、当事者はやばいと感じてしまっていることが多いという傾向があることが何となく見えてきます。

そこで、まずは、知恵袋や2ch(5ch)に寄せられている意見をいろいろまとめてみたので、ご参考にしてください。

知恵袋での意見

知恵袋をチェックしてみると、50万円の借金に対して、余裕は全然感じておらず、逆にアップアップになっている方が多いようです。

借金50万円が返せそうで返せません。
最近は半年ほど返済を滞納しています。

20歳の無職です。
借金が50万円あるのですが、これから生きていけるのでしょうか。

借金50万円の借り換えについて
新卒年収が350万円ほどの1年目です。
ショッピングローンで50万円分ほどのものを買ってしまい、
ローンの借入先の年利が12%以上で、とても長期返済のプランになっています。

50万円の借金はがんばれば一気に返せそうな感じもしますが、実際は、なかなか返済ができずにもがいている方がかなり多いのです。

2ch(5ch)での意見

その一方で、2ch(5ch)だと、悩んでいる方もいらっしゃいますが、それに対して、かなり過激な言葉でアドバイスをしている方もチラホラ見かけます。

消費者金融から借金50万あるんだが死にたい

50万円ぐらい甘い甘い
俺なんか2社から合計300万借りてるわ(笑)

50万以下の借金ぐらいさっさと返せゴミ屑共

50万の借金って利息は月15000円ぐらいか
10万借りると3000円ぐらい取られたの思い出した

たかが50万、されど50万という感じで、様々な角度から意見が飛び交っていますよね。

借金50万円は余裕だと感じられない理由


では、なぜ、借金50万円は余裕だと感じにくいのでしょうか。

借金50万だと金利が高い

借金50万円の借金が意外にヤバい理由は金利です。

借金が100万円、200円になってくると、もちろん返済は大変ですが、その一方で金利は下がる傾向にあります。

しかし、借金が50万円であれば、一般の銀行や消費者金融からお金を借りた場合、まず最大金利になってしまいます

銀行であれば、金利は14.5%ぐらいですが、消費者金融であれば、利息制限法の限界の金利である18%で借りてしまうことになるケースがほとんどです。

金利が18%で、50万円を借りた場合、借り入れ期間ごとの利息は以下のようになります。

  • 1日の利息:約246円
  • 1ヶ月(30日間)の利息:7,397円
  • 半年(180日間)の利息:44,383円
  • 1円(365日間)の利息:90,000円

1日に換算したら、それほど金額は大きくないように見えるかもしれませんが、1ヶ月で7,397円というのは、意外にズシリと来るものです

借金がギャンブルなどで増えている場合

借金50万円が余裕だと感じられない2つ目の理由は、そういった状態の方は、借金が増え続けている途中の方が多いという点です。

特にギャンブルで借金が増え続けている方に、50万円の借金は単なる通過点に過ぎません。

それまで、借金が増え続けてきた流れを切り替えるのは、簡単ではないのです。

収入が低いと地獄

収入が多ければ、50万円の借金ぐらいであれば、余裕で返せたりするものでしょう。

しかし、月収が15~20万円ぐらいだと、生活がギリギリになって、返済にお金を回すことが出来ず、50万円の借金を一向に減らせないリスクが一気に高まります

逆に、借金がジワリジワリと増えてしまうことの方が多いでしょう。

借金50万円の返済方法


では、50万円の借金を返済するには、どうすれば良いのでしょうか。

借金50万円を1年で返済するには?

借金を返済するために、まず大切なのは返済計画を立てることです

大体でも良いので、返済期間を決めて、最低でもこれぐらいには、完済するという目標を決めましょう。

もし、1年で50万円を返済しようと決心した場合、金利ごとに月々の返済額は以下のようになります。

  • 金利18%:毎月45,845円
  • 金利14.5%:毎月45,011円

毎月4~5万円の返済をするのは、キツいように見えるかもしれません。

ただ、現実的な目標が分かれば、あとは、それに見合った努力をしていくだけです!

期間限定で返済をがんばる

給料が少ない人にとって、借金50万円を返済することは確かに大変です。

しかし、事前に期間を決めて、その間であれば、必死になってがんばると決心すれば、何とかなるものです

例えば・・・

それまで、週末は休んでいたならば、週末も引っ越しや軽作業のアルバイトをしたり、何らかの副業をしたりすることによって、返済額を増やすことが出来ます。

1日で1万円稼ぐことができれば、1ヶ月で8万円返済に回すことができますよね。

もちろん、そういった生活をずっとやれと言われたら、難しいでしょうが、最長でも1年と決めておけば何とかがんばれるはずです。

あるいは、平日の夜に時間を取れる人であれば、飲食店やコンビニでバイトを入れるのも良いでしょう。

平日に2時間ずつ、時給1,200円で働ければ、1ヶ月で4万円ぐらいは稼げます。

何度も言いますが、あくまでも期間限定です。

あと、収入を増やすのが難しいという方は、期間限定でミニマリストを目指すのも良いかもしれません。

  • 生活水準を下げて、安い家に引っ越す
  • 食事を1日1~2食にする
  • 交際費を減らす

ミニマリストとしての節約方法の具体的な内容はこちらをご確認ください。

>>ミニマリストになれば借金返済は簡単にできる!?

副業も節約もしたくないという方は、厳しいことを言うようですが、50万円の返済は諦めた方が良いです。

ギャンブルや買い物依存症になっていたら流れを断つ

先ほどもお伝えしたように、もし、ギャンブルにハマっていたり、買い物依存症になっていたりした場合は、そういった状況をいち早く解消することが大切です。

支出が一気に増える要素があると、どんなに返済をがんばっても限界があるからです。

もし、個人の意思で依存症を克服することが難しい場合は、専門家の力を借りることも必要です。

>>ギャンブル依存症で借金地獄!そんな時に便利な相談先一覧

50万円で自己破産は可能なの?

50万円の借金が返済できずに絶望している人たちの中には、自己破産をしようかと考える方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、現実的に考えて、50万円の借金で自己破産をすることは難しいです

この点に関しては、弁護士事務所もそのような見解を述べています。

借金額と収入・財産などを比較し、「支払不能」といえる場合に破産ができます。状況にもよりますが、借金が50万円を下回る場合は破産できないことが多いと思われます。

実際、弁護士に自己破産を依頼すると、費用だけで50万円ぐらい掛かります

また、法テラスに依頼すれば、安くできるとも言われていますが、それでも15~16万円は掛かります。

自己破産のデメリットを考えると、やはり自己破産は現実的ではないと言えます。

ただ、その一方で、任意整理であれば、裁判所を通さずに、弁護士や司法書士を通じて、将来的に掛かる利息をカットし、残債を3年~5年で返済するという形で和解することも可能です。

その場合は、弁護士や司法書士に支払う費用も安いところであれば、債権者1件あたり、2~3万円で行うことも可能なので、一度、無料相談を受けてみるのも良いかと思います。

>>任意整理に強いおすすめ法律事務所&相談所

まとめ

借金50万円は余裕に見えるかもしれませんが、いざ、当事者になると、意外に大変なことに気が付く方も多いです。

知恵袋や2ch(5ch)を見ると、50万円の借金で絶望を感じている方もいらっしゃいます。

ただ、50万円の借金は、それこそ、期間限定で死ぬ気でがんばれば、何とかなる金額です。

1年あれば、十分なので、その期間だけでも、必死になって返済をがんばってみてはいかがでしょうか。

takeshi1

諸事情でどうしても返済が難しい場合は、任意整理という選択肢もあるので、気軽に弁護士や司法書士に相談をしてみてください。