FX 失敗 借金

FXで失敗して借金地獄に陥って返済不能になる人は結構いらっしゃいます。

FXはレバレッジを掛けられるため、ついつい自分のキャパ以上のお金をつぎ込んでしまい、足元をすくわれるケースが多いからです。

ここでは、FXで失敗し、断末魔の状態に陥った人達の体験談のまとめた上で、多額の借金を抱えてしまう理由、そして、そうなってしまった時の対処法や注意点について解説をしていきます。

FXで失敗した人達の断末魔の体験談まとめ

まずFXで失敗した人がどれだけ悲惨な状況になっているのか、その体験談を簡単にまとめてご紹介いたします。

FXのバーチャルデモだと半年で資金が80倍~100倍になったので、会社を退職して、退職金や定期預金の解約、そして消費者金融からの借金、合計2000万円でFXを始めました。

でも、三日連続でロスカットになって、資金がなくなり、妻とも離婚することになりました・・・

2,998万円あった残高が一晩で、12万円になっていた。

もうトイレに行くことすら出来ないよ・・・

酒もタバコもギャンブルもやらないで貯めた500万円がFXで全部なくなった・・・

4,000万円ぶっ飛んだwww

年収が320万円なのに、返せるはずないよ・・・

スイス円の暴騰で旦那に内緒で投資した1,300万円を溶かしてしまった・・・

どうにかして助けて・・・・

FXで失敗した人の体験談は全財産を失うだけでなく借金を抱えて人生終わったと絶望している人や、断末魔の叫びことを上げている人など、かなりエグイものが多いです。。。

2chやブログなどでチェックしてみると、いくらでもこういう話は出て来ます。

FXの失敗で借金地獄に陥ってしまう理由

ところで、FXで失敗すると、なぜ借金地獄に陥ってしまうことがあるのでしょうか?

レバレッジの仕組み

まずFXで大きな損失を生んでしまう原因はレバレッジにあります。

FXでは、個人の場合、手元の資金に対して、最大25倍までの金額で取引が出来るようになっています。

しかし、この手法を使うと、成功した時は大きく儲かるのですが、失敗すると莫大な損失を生んでしまいます。

ただ、FXでは、レバレッジで必要以上の失敗を防ぐため強制ロスカットというシステムを導入しています。

そこで損失額が元手の資金を下回ると、強制的に取引を終了させ、それ以上の損失を防ぐようになっているのです。

このルールがうまく適用されれば、最悪、資金がゼロになっても、マイナスにはならないのでFXで借金を抱えることはないように見えます。

ロスカットの抜け穴

しかし、以下のような場合、ロスカットのルールがあっても借金を抱えてしまうことになります。

レートの変動が大きすぎた場合

2011年にスイスフランのレートが数分で30%変動したという出来事がありました。

このように為替レートの変動スピードがあまりに早いと強制ロスカットが追いつかず、大きなマイナスを生んでしまうケースがあります。

夜中や週末に大きくレートが動いた場合

為替は、世界中で取引が行なわれていますので、夜中や週末など日本で取引外の時間に、海外で為替レートが大きく動いてしまうこともあります。

そこで、タイミングが悪いと、大きく損をしてしまいます。

借金をして投資資金につぎ込んでいた場合

これが最もありがちなケースからもしれません。

FXにハマる人の中には、ついつい欲が出てしまって、銀行や消費者金融から借金をして、それを元手に投資をする人がいます。

その場合、強制ロスカットになっても、取引の残高上はゼロになるだけですが、貸金業者からの多額の借金はそのまま残るようになります。

FXの失敗で借金を抱えて返済不能になったら?

こういったリスクを避けるためにも、レバレッジを使ったり、自分の持っている全財産をつぎ込んだり、あるいは借金をしてまで投資をしたりすることは絶対に控えるべきです。

ただ、それでも既にFXの失敗で多額の借金を抱えて返済不能となり、断末魔の叫び声を上げながら助けを求めている人もいらっしゃるかと思います。

そういった場合は、債務整理を行なうことによって、借金を減らしたり、チャラにしたりすることが出来ます

実際にあなたがどれくらい借金を減らせるかは、こちらの方法で簡単に調べることが出来ます。

FXの借金だと自己破産できないって本当!?

ただ、FXの失敗で借金を抱えて返済不能になった人が債務整理をする場合は、一つ気を付けるべき点があります。

それは、自己破産を行なう場合、借金の原因がFXだと、免責不許可事由に該当しまう場合があるということです。

自己破産ができない場合~免責不許可事由に該当したらダメ?

そうなってしまうと、借金の免責を受けられないので、そのままでは、自己破産は出来ないということになります。

ただ、その場合でも弁護士を通じて裁判所に対して誠実に対応していくことを通じて、裁量免責という形で、最終的に借金をチャラにできるケースは意外と多いです。

また個人再生という手続きであれば、借金の原因に関係なく、債務を約5分の1に減らすことも可能です。

つまり、FXが失敗で多額の借金を抱えてしまっても、そこで人生が終わるではなく、何らかの形で対処をしてくことは十分可能なのです。

takeshi1

FXで失敗した場合、失ったお金は返って来ませんが、前を向けば再起のチャンスは出て来ますので、希望を持って法律の専門家に気軽に相談をしてみて下さい。