借金一括 返済できない

借金の返済ができない状態が続き、催促や督促の連絡を無視し続けていると、借金の一括返済を要求されるようになります。

ただ、分割返済でも払えなかったのに、一括返済をされても、できない可能性はより高まってしまいますよね。

ここでは、借金の一括返済をされる条件と、その場合の対処法について解説をしていきます。

借金の一括請求される条件は?

借金の滞納を放置していると、債務者は期限の利益を喪失するようになり、その時点で分割払いが出来る権利を失うため、それ以降、貸金業者は債務者に対していつでも一括請求が出来るようになります。

期限の利益を失う条件は、消費者金融や銀行のカードローン、あるいはクレジットカードの規約に記載されていますが、借金返済が遅れた場合に関する条件の例は以下のようになっています。

(リンク先をクリックすると、規約のページへ飛びます)

貸金業者 期限の利益を喪失する条件
アコム ショッピング等の利用代金について支払期日に弁済金の支払を遅滞し、当社から20日以上の相当な期間を定めてその支払を書面で催告されたにもかかわらず、その期間内に支払わなかったとき
レイク 会員が本契約に基づく返済を1回でも怠ったとき
オリコ 債務の支払いを遅滞し、オリコから20日以上の相当な期間を定めた書面による催告を受けたにもかかわらず、その期限までに支払いがなかったとき

期限の利益を喪失すると、貸金業者は、

  • 内容証明郵便による督促状
  • 簡易裁判所を通じて送る支払い督促

などを通じて、遅延損害金をプラスした金額で、借金の一括返済を要求するようになります。

借金で簡易裁判所から訴状や支払督促が来た場合の対処法

借金の一括返済ができないとどうなるか?

ただ、借金の一括返済を請求されると、ますます返済ができない可能性が高くなってしまいますよね。

その場合は、貸金業者に相談をして、分割返済が出来ないか交渉しようと考える人もいるかもしれません。

しかし、一括返済された段階で、あなたは既に貸金業者からの信頼を失っているので、交渉にはなかなか応じてもらえない可能性が高いです

また、裁判所を通じて、通知が来た場合は、2週間以内に異議申し立てをして、裁判で交渉を行なう必要も出て来ます。

ただ、そこで分割払いを要求しても、かなり厳しい結果に終わる可能性が高いです。

また、一括返済の請求を無視していると、財産や給料の差し押さえを受けてしまうようになってしまいます。

借金返済は不可能だと思ったら?

実際、一括返済を要求されても、返済するためのお金のメドが付いたら良いのですが、そのようにうまく行かないケースも多いです。

ですから、その場合は、法律の専門家に債務整理の相談をされることをお勧めいたします。

債務整理を弁護士や司法書士に依頼し、受任通知が貸金業者に送られると、その段階で、取り立てや催促、そして一括返済の要求がピタッと止まります

あとは、代理人である弁護士や司法書士を通じて、借金を減らしたり、将来利息をカットしたり、あるいは借金自体をチャラにしたりするための手続きを取っていくようになります。

実際に、あなたの借金がどれくらい減らせるかは、こちらの方法を使って簡単に調べることが出来ます。

takeshi1

借金の一括返済を請求されたら、放っておくと、大変なことになってしまいますから、返済できないことが分かったら、出来るだけ早く、法律の専門家に相談するようにして下さい。