モビットは、大手の銀行系消費者金融です。

実は、モビットの借金を債務整理するのは厳しいという話もあるのですが、実際はどうなのでしょうか?

ここでは債務整理に対するモビットの対応と、トラブルを出来るだけ防ぐための対処法について解説をしていきます。

モビットを任意整理する場合

モビットの借金を任意整理する際に、まず、理解しておくべきことは、モビットでは過払い金が発生しないということです。

なぜなら、モビットは銀行系の消費者金融ということもあり、利息制限法を上回る金利で融資を行っていなかったからです。

しかし、だからといってモビットの借金を任意整理する意味がないことはありません。

モビットでは、

  • 将来利息をカットする
  • 残債を1年~5年で分割払いする

という形で和解することによって、トータルで支払う返済額や月々の返済額を減らすことが出来るからです。

モビットの返済額をどれだけ減らせるかはこちらの方法で簡単に調べることが出来ます。

また、モビットでは滞納していても任意整理を行なうことは可能です。

モビットの任意整理は厳しい?

しかし、その一方で、2ちゃんねるなどでは、モビットは任意整理中に裁判所へ訴えを起こすことがよくあるという話が出て来ます。

特に任意整理で受任通知を行った後、4ヵ月~6ヶ月で和解が出来なけれ訴訟を起こしやすいと言われています。

ちなみに個人再生や自己破産をする場合でも受任通知後、申立てが行なわれるまでは、訴訟の手続きを行なうことは法的に認められています。

ですから、モビットの借金を債務整理する場合は、必ず債務整理に強い弁護士や司法書士に依頼してスムーズに進めていかれることをオススメいたします。

↓モビットの債務整理についての連絡先はこちらの情報をご参考にして下さい。

モビットは滞納するともっとヤバイ?

モビットは、債務整理中も訴訟を起こす可能性がありますが、債務整理をしない場合は、もっと状況が厳しくなる可能性があります。

モビットでは滞納が2ヶ月ぐらいになった段階で、簡易裁判所を通じて訴状が送られてくるケースが多いからです。

訴状が来た後は、答弁書を提出しながら、裁判所で和解手続きを行っていくようになりますが、そこできちんと対応が出来ないと給料などを差し押さえられてしまいます

借金で簡易裁判所から訴状や支払督促が来た場合の対処法

takeshi1

モビットの借金は放っておくと、大変な状況に陥ってしまうので、早めに弁護士や司法書士に債務整理の相談をされるようお勧めいたします。