モビットは、大手の銀行系消費者金融です。

モビットの借金を任意整理するのは厳しく訴訟も起こしてくるという話もあるのですが、実際はどうなのでしょうか?

ここでは任意整理に対するモビットの対応と、トラブルを出来るだけ防ぐための対処法について解説をしていきます。

モビットを任意整理する場合

モビットの借金を任意整理する際に、まず、理解しておくべきことは、モビットでは過払い金が発生しないということです。

なぜなら、モビットは銀行系の消費者金融ということもあり、利息制限法を上回る金利で融資を行っていなかったからです。

しかし、だからといってモビットの借金を任意整理するメリットがないという訳ではありません。

モビットの借金も他の債権者と同様に、

  • 将来利息をカットする
  • 残債を1年~5年で分割払いする

という形で和解することによって、トータルで支払う返済額や月々の支払い額を減らせるというメリットがあるからです。

モビットや他の債権者への返済額をどれだけ減らせるかは以下の方法で簡単に調べることが出来ます。

モビットの任意整理は厳しい?

しかし、その一方で、2ちゃんねるなどで、モビットは任意整理中に裁判所へ訴えを起こすことがよくあるという話が出て来ます。

実際、モビットは債務者側が任意整理の手続きを行なうため、弁護士や司法書士を通じて受任通知を送った後、4ヵ月~6ヶ月で和解が出来なければ訴訟を起こしやすいと言われています。

ちなみに個人再生や自己破産をする場合でも受任通知後、申立てが行なわれるまでは、訴訟の手続きを行なうことは法的に認められています。

ですから、モビットの借金を債務整理する場合は、必ず債務整理に強い弁護士や司法書士に依頼してスムーズに進めていかれることをオススメいたします。

↓モビットの債務整理についての連絡先はこちらの情報をご参考にして下さい。

モビットは滞納するともっとヤバイ?

モビットは、債務整理中も訴訟を起こす可能性がありますが、債務整理をしない場合は、もっと状況が厳しくなる可能性があります。

実際、モビットへの返済が遅れると、ただ単に督促状が送られるだけでなく滞納が2ヶ月ぐらいになった段階で、簡易裁判所を通じて訴状が送られてくるケースが多いと言われています。

ネットで見ていると、モビットの滞納をしてから2ヶ月しか経っていないのに、口頭弁論期日呼出状及び答弁書催告状や答弁書が入った訴状が届いてビックリしている人もいらっしゃいます。

訴状が来た後は、答弁書を提出しながら、裁判所で分割払いなどでの和解手続きを行うことになりますが、そこできちんと対応が出来ないと給料や財産を差し押さえられてしまいます

参考記事:借金で簡易裁判所から訴状や支払督促が来た場合の対処法

ただ、モビットは、1~3ヶ月滞納をしたぐらいの状態であれば、任意整理に応じてくれます

訴状が届いた後でもあっても、債務整理の手続きを行えば訴状を取り下げくれる場合もあります。

ですから、モビットの借金問題を抱えている方は、出来るだけ早く弁護士や司法書士に相談されることをお勧めいたします。

takeshi1

モビットは債務者に対して厳しい対応をしてきますので、こちらも弁護士や司法書士に味方になってもらいながら、しっかり対応していきましょう。