ろうきん全国労働金庫協会とは、労働金庫法に基づき、働く人達が、お互いに助け合うために作られた金融機関です。

では、ろうきんから借りているお金の返済が難しい場合に債務整理を行なうことは可能なのでしょうか?

また、債務整理が可能な場合に注意すべき点とは何なのでしょうか?

ろうきんを債務整理する場合の注意点

ろうきんからの借金が返済できない場合も、銀行や消費者金融からの借金と同様、債務整理の対象にして借金を減額したり、チャラにしたりすることが可能です

ただ、いくつか注意点があります。

任意整理ではあまり効果がない

ろうきんは、通常の銀行や消費者金融のような営利目的の金融機関ではありません。

労働者の利益を優先しているので、元々低金利のサービスとなっています

ですから、任意整理の手続きを行っても、過払い金が発生することはありません

また、任意整理で将来利息をカットすることが出来たとしても、そこで得られる経済的メリットは少ないです

そのため、弁護士や司法書士へ支払う費用を考えると、任意整理をしても意味がない可能性が高いでしょう。

会社にバレるリスクがある

ろうきんから借入をしている場合、返済は基本的に労働組合を通じて、給料から天引きという形になっています

ですから、個人再生や自己破産を行って、天引きがされなくなった際に、会社に債務整理を行ったことがバレるリスクがあります。

偏頗弁済に注意

ろうきんを債務整理の対象にした場合、きちんと手続きを行なわないと、受任通知が送られた後も、天引きが続いてしまう場合があります。

この場合、個人再生や自己破産の手続きでは、一部の債権者に優先して返済を行ったということで、偏頗弁済を見なされてしまいます

偏頗弁済だと判断されると、個人再生では余分に天引きされた分だけ弁済額が増えますし、自己破産では免責不許可事由に該当して管財事件となり余分な費用が掛かってしまうリスクがあります。

ですから、弁護士ともよく相談しながら、事前に天引きがされないよう手続きを行なうか、天引きされたら、すぐに返還請求をしてもらう必要があります。

ろうきんに相談して解決できるケースも

ろうきんの借金が返済できない場合、債務整理をするのも一つの選択肢ですが、ろうきんは営利目的の金融機関ではないので、相談をすれば柔軟に対応してもらえる可能性は高いです

具体的には、

  • 返済期間を延長して月々の返済額を下げてもらう
  • ボーナス返済を毎月返済に変更してもらう
  • 一定期間元金を据え置いて、利息のみの支払いにしてもらう

などの対応をしてもらうことも可能です。

それによって、債務整理をせずに解決が出来るかもしれないので、一度、ろうきんまで相談してみるのも良いでしょう。

takeshi1

ろうきんからの借金が厳しい場合は、ろうきんに直接相談することも有効な方法ですが、他社からの借金も多い場合は、まず、弁護士や司法書士に相談をしてみて下さい。

多くの人達が借金の悩みを解決しています!

「毎月の返済が厳しい・・・」
「返しても返しても借金が減らない・・・」
「取り立ての連絡が怖い・・・」

そんな時、法律の専門家に相談すれば借金を減らす方法を教えてもらうことが出来ます。

返済が難しい借金は放置すると毎日、利息が増えていくので、その分、確実に損をしてしまいます。

ですから、1人では決して悩まず、早めに相談をして、新しい人生の第一歩を踏み出してみて下さい。

>>今すぐ借金をどれだけ減らせるか調べてみる