借金をどうにかしたいという気持ちが極限が高まった時、どうするのが最も良いのでしょうか?

実際、借金の苦しみというものは、味わった人にしか分からない苦しさがありますよね。

そうった時、具体的にはいくつかの対処法がありますが、ここでは、最も効率の良い方法から、やってはいけないことまで説明をしていきます。

債務整理が一番手っ取り早い方法

借金をどうにかしたいと思った人にお勧めしたい最も有効な方法は債務整理の手続きをしてしまうことです。

これは、弁護士や司法書士の依頼をしたり、或いは、裁判手続きを行ったりして、合法的に借金を減らしてしまうというやり方です。

ある意味、借金を減らすための最短コースだと言えます。

また、債務整理には大きく分けて4つの方法に分かれます

任意整理

任意整理は、あなたに代わって弁護士や司法書士に債権者と交渉をしてもらい、将来的な利息をカットしたりして、返済負担を軽くし、最終的な返済総額を減らす手続きです。

最近は、減って来てはいますが、もし過去に利息を払い過ぎていた場合、借金の残債が大幅に減額されるケースもあります。

債権者と和解をした後は、3年~5年で残債を分割返済する流れになりますが、月々の返済金額を減らすことによって、完済までの流れがスムーズとなります。

任意整理は、債務整理の中では唯一、裁判所を通さない手続きなので、比較的に簡単に手続きをしやすいというメリットもあります。

特に安定した収入があり、借金の金額が100万円、200万円程度の方であれば、任意整理で解決出来てしまうケースが圧倒的に多いです。

特定調停

特定調停は、将来利息をカットしたり、残債を3年~5年で分割返済したりするという点で任意整理と似た手続きです。

ただ、弁護士や司法書士に依頼するのではなく、簡易裁判所の調停委員に、債権者との交渉を行ってもらうという点が大きく違います。

弁護士や司法書士に依頼しない分、費用は債権者1件あたり、数千円で済ますことが出来るというメリットがあります。

しかし、その一方で、裁判所に自ら出向かなければならなかったりするなど手間になる部分も大きいです。

また、調停後に支払いが出来ないと、すぐに強制執行を受けてしまうリスクもあります。

個人再生

個人再生は、民事再生法第13章の「小規模個人再生及び給与所得者等再生に関する特則」で定められ、借金を約5分の1に減らすことも可能な借金の減額手続きです。

そして、残債を原則3年間で分割返済していきます。

個人再生では、住宅ローンの返済は残した形で、残りの借金だけを減らすというやり方も可能です。

元々は、自己破産をしたいけれども、そうすると、住宅ローンが残っている家を失ってしまうリスクがある人を救済するような形で出来た制度です。

自己破産のように借金をチャラにすることは出来ませんが、大幅に借金を減額できる可能性が高いです。

任意整理は、借金の状況によっては、和解をした後でも返済を続けることが難しいケースがありますし、債権者によっては交渉に応じないケースもあります。

ですから、そういった時は、個人再生で法的に一気に借金を減額するのも一つの選択肢となります。

自己破産

自己破産は、原則として、すべての借金をチャラにする手続きです。

(ただし、税金や罰金など、非免責債権といってチャラに出来ない負債もあるので、その点ではご注意下さい)

債務整理と聞くと、真っ先に自己破産を思い浮かべる人も多いかもしれませんね。

借金が全額免除されるという点では、債務整理の中で最も強力です。

しかし、その一方で

  • 一定以上の財産は手放さなければならない(住宅ローンや車のローンが残っていると没収される)
  • 一時的に、制限を受ける資格がある
  • 借金の原因がギャンブルなど浪費だったりすると、免責不許可事由に該当し、余分な時間と費用が掛かってしまう

などのデメリットがあります。

ですから、安易に自己破産しかないと考えるのではなく、他の選択肢で解決出来ないか、じっくり検討してみる必要はあります。

どの手続きが良いか悩んだら?

債務整理の種類について聞くと、「一体、自分はどの方法で借金問題を解決したら良いのだろう」と悩む方もいらっしゃるかと思います。

実際、あなたの借金の金額や内訳、そして返済能力などによって、ベストな種類はまったく異なります

ですから、あなたの借金を債務整理で減らす場合、具体的にどういった方法でどれくらい減らすことが出来るか、簡単に診断してもらえるサービスがあります。

弁護士や司法書士など、法律の専門家から無料でアドバイスを受けることが出来るので、気軽に利用してみて下さい。

専門家に相談するメリット

借金をどうにかしたいと思っている人は、今までも何とかしようと、自分なりにいろいろ考えてきたかたと思います。

ただ、自分で対策を考えるだけだと、限界を迎えてしまう可能性が高いです。

そんな時に専門家の方に相談すると、自分では思いつかなかったような方法を教えてもらえるので、アドバイスを受けてみる価値は十分あるものです。

過払い金が返ってくる場合も

もし、借金を長年に渡って返済し続けて来た方の中には、利息を必要以上に払い過ぎて来た方もいらっしゃいます。

そういった方は、債権者に問い合わせ、交渉をすることによって、借金を減らすだけでなく、逆にお金が戻ってくる場合もあります

それを過払い金というのですが、過払い金が発生している可能性についても、法律の専門家に相談をすれば、簡単に診断してもらうことが可能です。

自力で何とかする方法

債務整理を行うと、借金を確実に減らせるというメリットがあります。

しかし、その一方で、約5年~10年は、信用情報機関に異動情報(事故情報)が登録されるブラックリスト状態になってしまうというデメリットがあります。

だから債務整理は何とか避けたいという方にいくつかの方法をご紹介しておきます。

副業で一気に稼ぐ

債務整理は借金そのものを減らす手続きですが、それ以外の方法の基本は収入を支出より多くすることですよね。

もちろん、節約をして支出を減らすことも大切ですが、あなたは既にそういった努力をしてきて、既に雑巾を絞り切った状態になっているかもしれません。

ですから、そういった場合は、とにかく収入を増やすことが大切です。

実際、サラリーマンやアルバイトをしていると収入は上がりづらいかと思います。

ですから、そういった方は、副業をしてみることをお勧めします。

>>借金返済ができる副業の種類

普通のアルバイトだと、働いた分しか収入が得られません。

しかし、ある程度の安定した収入が既にあるのであれば、副業は、大きく稼げる可能性があるビジネスに挑戦してもいいかもしれませんね。

また、手っ取り早く、1週間で10万円稼ぎたいという方には、こういった方法もあります。

>>1週間で10万円稼ぐ方法!合法的なやり方のみ公開

ご自身の事情に合ったやり方を選んでみて下さい。

おまとめローンを利用する

もし、複数の業者からお金を借りている場合は、おまとめローンを利用して、借入れ先を一ヶ所にまとめることによって、金利を下げ、月々の返済額を減らすというやり方もあります。

おまとめローンを利用すれば、信用情報が傷つかずに、借金の負担を減らせるというメリットがあります。

ただ、おまとめローンは、銀行などの審査に通る必要があるので、信用状態が良くない人は、審査に落ちてしまうかもしれません。

さらに、金利は下がるといっても、ある程度の金利は残るので、出来るだけ早く繰り上げ返済をすることに越したことはありません。

放置するのは危険

ここでまで、借金をどうにかしたい方のために、いくつかの方法をご紹介しましたが、一番やってはいけないことは、現状を放置することです。

なぜなら、借金には、金利があって利息を取られるため、返済スピードが上がらないと、多額の利息を払わされる結果になってしまうからです。

ましてや、借金の返済が出来なくなって、より金利の高い別の貸金業者から借りようとすることは最悪の流れです。

普通の銀行や消費者金融から借りられなくなった人に対して、中小の消費者金融を勧める人もいます。

しかし、そういった方法は借金を泥沼化させる可能性が高いので、極力避けるようにして下さい。

最悪は給与や財産が差し押さえらえる

借金をどうにかするどころか、逆に支払いが出来なくなると、最悪は法的な処置を取られて、給与や財産を失うリスクがあります

最初は支払督促が来ますが、それを無視していると、仮執行宣言付き支払督促状が通知され、2週間以内に異議申立てを行わないと強制執行されます。

給与が差し押さえられる場合は、給与の手取り額の4分の1まで(4分の3が33万円を超える場合超えた分の全額)を失うことになってしまいます。

もちろん、そこで、借金をしていることが家族や会社にもバレてしまいます

借金を返済できない事情は様々ですが、そういった事情を業者に説明しても、業者が理解を示してくれる可能性は低いです。

ですから、自分で返すことが出来ないと思った場合は、早めに対処されることをお勧めいたします。

まとめ

借金をどうにかしたい場合は、最も手っ取り早くて効果的な方法は債務整理です。

債務整理には、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の種類がありますが、どの手続きが良いか法律の専門家に相談すると、無料で診断を受けることが可能です。

あるいは、副業で収入を増やしたり、おまとめローンで金利や月々の返済額を下げたりする方法もあります。

その一方で、現在の状況に対して、有効な対策を打てないと、余計な利息をどんどん払うことになってしまうので、いずれにせよ何らかの形で対処していかれることをお勧めいたします。

takeshi1

借金をどうにかする方法は、様々な方法があるので、専門家の意見も参考にしながら、スピード感を持って対処していって下さいね。