任意整理を行なう際、やはり気になるのが、「任意整理後の生活は一体どうなってしまうんだろう?」ということではないでしょうか?

任意整理は他の債務整理の手続きである個人再生や自己破産に比べると、負担の少ない手続きです。

ただ、それでも任意整理後、約5年間はブラックリストに状態になるので、具体的に生活がどうなっていくのか解決をしていきます。

任意整理後の生活(デメリット編)

任意整理の手続きを行なうと、約5年間、信用情報に事故情報が登録され、その期間は新たな借入れが出来なくなります。

そのため、具体的には以下のような生活への影響が出て来ます。

ローンが組めなくなる

任意整理後、約5年間は、住宅ローンや車のローンなど、新たなローンを組むことが出来ません。

銀行や信販会社が審査を行なう際は、信用情報機関の情報がチェックされて、そこで任意整理をしたことが分かってしまうからです。

それでも、任意整理後のブラックリスト状態の時でも住宅ローンに通った方はいらっしゃいます。

参考記事:債務整理中に住宅ローンで審査に通った人の事例(2件)

ただ、実際、ローンの審査に通るのは、かなり稀なケースではあるので、信用情報の事故情報が消えるまで待って、それまでに頭金をしっかり蓄えておく方が得策です。

キャッシングが出来なくなる

任意整理後の生活で出来なくなるのは、住宅ローンやカーローンなどの大型のローンだけではありません。

少額のキャッシングも原則的には出来なくなります。

大手の銀行や消費者金融のカードローンはまず通らないでしょう。

また、中小の消費者金融であれば、任意整理後のブラックリストの期間中でも、借入が出来る場合もありますが、限度額が少ない可能性は高いです。

ただ、だからといって、闇金に手を出すのは絶対にやめましょう。

クレジットカードが使えなくなる

任意整理後、約5年間はクレジットカードが使えなくなります。

任意整理の対象にしたクレジットカードだけでなく、任意整理の対象から外したクレジットカードも、更新や途上与信のタイミングで使えなくなる可能性が高いです。

一応、楽天カードであれば、任意整理後でも審査に通るという話もあります。

参考記事:任意整理中に楽天カードの審査は通る?(みんなの体験談)

しかし、楽天でも、その後の途上与信で使えなくなる可能性があるので、必ずしもオススメの方法という訳ではありません。

任意整理後の生活で、クレジットカードが使えないといろいろ不便に感じるかもしれません。

ただ、通常のクレジットカードは使えなくても、家族カードやデビットカードであれば、所有することも可能なので、何らかの形でカードを利用したい方は、そちらの方法をご検討下さい。

参考記事:任意整理後もデビットカードなら作れる!

携帯電話の機種代は一括払いが原則

任意整理をしたからといって、携帯電話が使えなくなることは原則としてありません。

しかし、その一方で、機種代の割賦払いをしようとすると、その審査の際に、信用情報機関の情報を照会されるので、そこで難しくなってしまいます。

ですから、任意整理後の生活で、携帯の機種変更や新規契約をしたい場合は、機種代金を一括払いで支払うのが原則ということになります。

任意整理後の生活(メリット編)

しかし、任意整理後の生活は、デメリット以上にメリットもあります。

生活にゆとりが生まれる

任意整理では、払い過ぎた利息があれば、その分を残債から減額し、将来利息をカットして、残債を3年~5年で分割返済するというのが基本的な流れとなります。

任意整理後も毎月の返済はしばらく続きますが、任意整理前と違うのは、「返済をしても大半を利息として取られることはない」ということです。

ですから、返済をすれば、その全額が元本の返済に充てられます。

毎月の返済額が少なくなるだけでなく、借金も確実に減っていくので、経済的にも精神的にも生活にゆとりが生まれて来るでしょう。

実際、任意整理後は新たな借入れが出来なくなるというメリットがありますが、任意整理をすると、借金の負担が減るので、新たな借金をする必要性自体がなくなると言えるのです。

それに、任意整理をした人の中には、借金をするのはもうコリゴリだと思って、借入れが出来ないと言われた方が気が楽になる方もいらっしゃいます。

会社などの環境は変わらない

任意整理後、会社や近所付き合いなどの環境が変わってしまうのではないかと心配する方もいらっしゃいますが、任意整理をしたことが、職場の人などにバレることは、まずありません。

任意整理の手続きを行なうと、弁護士や司法書士が代理人として立ってくれて、貸金業者から債務者であるあなたに対して、直接、連絡が来ることもなくなるからです。

会社から借金を任意整理の対象にしない限り、会社があなたの任意整理について知ることは決して出来ないのです。

また、任意整理は同居家族に対しても内緒で行なえる可能性が非常に高い手続きでもあります。

参考記事:任意整理なら家族や会社に内緒で出来る4つの理由

任意整理後の生活で最も気を付けるべき点

任意整理後の生活は、借入関係では不便を感じることもありますが、それ以外の生活に関しては、普段通りの生活が続くといっても過言ではありません。

また、借金の負担はかなり減るので、生きる力も与えられてくることでしょう。

ただ、任意整理後の生活では、一点だけ注意すべき点があります。

それは、任意整理後の返済はキチンと行なうということです。

なぜなら、任意整理後の支払いが遅れると、再和解を強いられたり、個人再生や自己破産をせざるを得なくなったりと、かなり厳しい選択を迫られてしまうからです。

参考記事:任意整理後に支払いが遅れてしまった場合の対処法

ですから、任意整理後の返済で支障をきたさないよう、任意整理の手続きは必ず、債務整理に強い弁護士や司法書士に依頼されるこをお勧めいたします。

takeshi1

任意整理後の生活は、基本的にほとんど変わらないですし、借金の負担が減った分、心が軽くなりますので、まずは、気軽に相談をしてみて下さい。