借金 150万円

借金が150万円になると、一般のサラリーマンにとって返済の余裕がなくなり、かなりキツくなってしまいます。

しかし、この借金額の場合であれば、個人再生や自己破産ではなく任意整理で解決することも十分可能です。

ここでは、借金が150万円まで膨らんだ飲食店勤務の人が、債務整理(任意整理)を通じて、どのように借金問題を解決していったのか体験談を紹介していきます。

多重債務で借金が150万円に

栃木県在住の41歳、飲食店勤務の男です。

私は以前、パチンコなどにハマったことがり、消費者金融3社から150万円の借金がありました

アコムに75万、モビットに45万、ジャパンネット銀行に30万という内訳だったと思います。

稼ぎが低かったことから自由に使えるお金がなく、最初はほんの少し借りるつもりで借りたのがはじまりです。

それからというもの、額がどんどん大きくなっていって、最終的には、借金の支払いをするために他の消費者金融から借りるという、多重債務にありがちなことをしていました。

借金が150万円になった時点で利息もかなり高くなり、さすがにこれはまずいと思って、借金相談が出来るところを探していたところ、このようなサービスを見つけました。

そこで弁護士事務所を紹介してもらい、任意整理をすることになったわけです。

150万円の借金を任意整理したら

債務整理をすることで、元金の支払いだけでよくなり、過払い金請求によって多少、借金が減ったかと思います。

それでも115万は返済しなくてはならず、これを6年という長期にかけて返済していくことで和解しました。

月の返済額にして1万600円。

この額を、稼ぎが低い私の給料から捻出していくのは正直大変でしたが、自分の小遣いを削ってでも返済していきました。

それに任意整理をすることによって、高い利息は払う必要がなくなり、元本のみを返済すれば良くなったので、そういった点でも気持ち的にはかなり楽になりました。

任意整理はデメリットよりメリットの方が大きい

債務整理というと、自己破産と同じようなイメージを持っている人もいるかと思いますが、任意整理を行なった私の場合、特に生活上、なにかが変わるということはありませんでした

持ち家や車を差し押さえられることもないですし、職場にバレるということもありません。

ただ、当面はクレジットカードを作ったり、ローンを組んだりすることができなくなるということだけです。

さすがに借金にはこりごりしていたので、私にとってそんなことは、たいしたデメリットではなかったです。

それよりも、債務整理をすることで借金返済の重圧からかなり解放されて、毎月、決められた返済額で返済できるようになるというのは、以前と比べて天と地の違いがあります。

また、債務整理で借金を完済した後、気持ちにも余裕が出来たので、それから結婚をすることにもなりました。

私の場合、過払い金請求によってそれほど多くは減額になりませんでしたが、人によっては150万円の借金でも、50万、100万も返金されることがあるようです。

ですから、現在、借金で苦しい生活をしている人は、債務整理をすることをおすすめします。

takeshi1

こちらの方がおっしゃるように、人によって150万円の借金の減り方は変わってきますので、あなたの借金がどれくらい減るかは一度返済シミュレーションをして確認されることをオススメいたします。