楽天カード 任意整理

楽天カードの支払いが難しくなってしまった場合、楽天は具体的にどういった流れで対応をするのでしょうか?

また、どうしても楽天カードの返済が出来ない場合は、弁護士や司法書士に依頼をして任意整理(債務整理)を行なった方が良い場合もあります。

ここでは、そうした方が良いタイミングと、楽天カードの任意整理に対する対応の傾向を解説していきます。

楽天カードで支払いが出来ないとどうなる?

楽天カードで支払いが出来ないと、楽天は以下のような順番で対応していくようになります。

4営業日後までは再振替で対応

楽天カードは、毎月27日が支払日(自動引落とし日)となっています。

もし、27日の支払日に引落し額を準備できなかった場合は、再振替サービスの対象となっている金融機関(※)の口座を持っていれば、お支払日以降の4営業日が、再振替サービスの対象日となります。

※楽天銀行、みずほ銀行、三井住友銀行など、全国の主要な17銀行プラスゆうちょ銀行が対象金融機関となりますが、ゆうちょ銀行だけは再振替サービス対象日が支払日の翌営業日のみとなっています。

もし、対象金融機関の口座を持っていない場合は、楽天カード側が指定する口座へ振り込む必要があります。

ちなみに、支払日に引落しが出来ないと、一時的に楽天カードは使えなくなります

ただ、上記の方法で、返済を行なえば、再度、楽天カードを使えるようになりますので、うっかり入金を忘れてしまったという方は、すぐに対応を行なって下さい。

1ヶ月後には強制解約

再振替サービスでの対応が難しかった場合、コンビニ払いが出来る振込用紙と一緒に催促状が送られて来ます。

また、延滞をした後は、遅延損害金(年20%)が掛かるので、その金額を含めたお金を支払う必要があります。

そして、支払日から1ヶ月を過ぎても、返済をしない場合、楽天カードは強制解約となり、復活させるのは難しくなります

また、その段階で、リボ払い分も含めた残額に関しても一括請求を要求されるようになります。

61日~3ヶ月後にはブラックリストに載る

それでも、楽天カードでの支払いの滞納を続けていると、滞納が61日~3ヶ月ぐらいになると、信用情報機関に延滞をしたという情報が登録されてしまいます。

いわゆるブラックリストに載った状態となり、約5年間、事故情報が残ってしまうため、その期間は新たな借入をしようとしても審査に通るのが難しくなります。

その後の対応は裁判所も含めた対応となり、最悪は財産や給与の差し押さえという事態に発展する可能性もあります

こういったプロセスは貸金業者に共通した内容となりますので、以下の記事も参考にして下さい。

参考記事:プロミスに返せない場合はどんなプロセスが待っている?

楽天カードを任意整理すべきタイミングは?

では、楽天カードで支払いが難しくなってしまった場合、どのタイミングで任意整理(債務整理)に着手すべきなのでしょうか?

実際、楽天カードで1ヶ月以上、滞納すると、楽天カードが強制解約になりますが、その段階では、まだ楽天の社内のみでの対応となっています。

ブラックリストに載ってしまうのは、滞納を61日~3ヶ月続けた場合なので、それまでは任意整理を行なわず何とか自力返済ができるよう努力するという選択肢もあります。

また、一つの方法として、返済方法をリボ払いに切り替えて、月々の返済額を減らすことによって、滞納を免れるという対処法もあります。

ただ、リボ払いは月々の支払い額を減らせる代わりに、トータルの返済額は逆に増えるというデメリットがあるので、そのリスクは事前に理解しておいてください。

任意整理を早めに行なうメリット

実際、返済が出来るかどうかというのは、最初の段階でも、ある程度、分かって来るものです。

ですから、もし、このままがんばっても、支払いが難しいと判断した場合は、早めに弁護士や司法書士に相談されることをオススメいたします。

ちなみに楽天カードの債務整理を弁護士や司法書士に依頼すると、すぐに受任通知が楽天カード側が送られます。

受任通知が送られると、遅延損害金が発生しなくなくなるだけでなく、債務整理の手続きが終わるまでは、月々の返済額を支払う義務も一時的になくなるいうメリットがあります。

そのような意味で、楽天カードの返済をズルズル滞納するよりは、任意整理を早めに行なった方がずっと良いと言えます。

具体的に楽天カードの借金や月々の返済額がどれくらい減らせるかは、以下の方法で簡単に調べられます。

この方法で、楽天カードの返済の苦労から一気に解放される方法が分かるかもしれません

楽天カードを任意整理する場合

任意整理の手続きを行なうと、楽天カードの将来利息をカットしたり、月々の返済額を減らしたりすることが出来ます。

もし、一括返済をする場合は、全体の返済額自体を減らしてもらえるよう楽天側に交渉することも可能です。

また、楽天カードは、他の消費者金融やクレジットカードに比べても任意整理に対して柔軟に対応してくれる傾向があります。

通常、任意整理後は、和解をしてから3年~5年で残債を分割払いするのが一般的となっています。

しかし、楽天カードの返済は和解後、5年~10年という長い期間で行なっても大丈夫なケースが多いです。

参考記事:楽天スーパーローンを任意整理する場合の対応と注意点

過払い金について

もし、楽天カードを、楽天KC時代(2011年6月以前)の頃から利用していて、かつキャッシング枠を使っていた場合は過払い金が返還される可能性もあります。

ただ、KCが分離された以降から楽天カードを使い始めた方は、過払い金が発生することはありません。

任意整理中のクレジットカードの使用について

楽天カードを任意整理の対象にすると、楽天カードは当然使えなくなります。

さらに、債務整理を行なうと、信用情報機関に事故情報が約5年間登録されてしまうため、その期間は、楽天カードだけでなく他のクレジットカードも使用することが出来なくなってしまいます。

参考記事:任意整理後にクレジットカードを残すことは可能?

ですから、任意整理後は、楽天カードも含めてすべてのクレジットカードが使えないことを理解とした上で、任意整理中にお金がないという事態が発生しないよう余裕を持って返済計画を立てるようにして下さい。

また、任意整理中でも、楽天銀行のデビッドカードであれば、任意整理をした人でも使うことが出来ます

デビットカードはETCの機能を付けることが出来ませんが、基本的には、クレジットカードと同じような感じで使えるので、任意整理を行なった後は、デビットカードを申込んでおくと便利です。

また、他のクレジットカードであれば、任意整理後、5年以上が過ぎれば、ブラックリストの情報が消えるので、再度、審査に通ることも可能となってきます。

しかし、楽天カードを任意整理した人は、楽天の社内ブラックに載ってしまうので、楽天カード自体を再度作ることは難しいでしょう。

任意整理で楽天カードを残すことは可能?

任意整理では、対象とする借金を選ぶことが出来るので、楽天カードの借金がそれほど多くなければ、楽天カードを任意整理の対象から外すことによって、楽天カードを残すことが出来ないか考える方もいらっしゃいます。

ちなみに、楽天カードを持っていない人であれば、任意整理後の返済中でも楽天カードを作れるという話があります。

参考記事:任意整理中に楽天カードの審査は通る?(みんなの体験談)

ですから、楽天カードは債務整理者でも作れるクレジットカードの一つとして有名になっています。

ただ、楽天カードは、新規では作りやすいけれども、途上与信で強制解約になりやすいという話もあるのでご注意下さい。

参考記事:任意整理で楽天カードを残すことは可能?落とし穴にご注意

takeshi1

楽天カードを任意整理すべきかどうかは、あなたの借金の状況によっても異なって来ますので、まずは弁護士や司法書士に相談されることをお勧めいたします。