アコムは大手の消費者金融ということもあり、気軽に借りることが出来ますが、その一方で借金が膨らみ過ぎて返済が出来なくなる方もいらっしゃいます。

アコムに返済できない場合は、債務整理を行なうというのも一つの方法です。

債務整理と聞くと自己破産というイメージを持つ方も多いですが、アコムの場合は、任意整理で借金問題を解決できる可能性が高いので、その理由も含めて解説をしていきます。

アコムの借金を返済できない場合

アコムでは、返済方法として定率リボルビング方式という借入残高に対して、一定の割合をかけた額を最低返済金額にする方法を採用しています。

リボルビング方式を採用することによって、月々の返済額を抑えることが可能となりますが、それによって、返済額に占める利息の割合が増え、元本がなかなか減らなくなるリスクがあります

アコムの借金や元金が減らない理由

もし返済が難しくなってきたら、アコムに相談して、事情を説明し、返済日を伸ばしてもらったりする必要も出て来ます。

アコムの遅延損害金は免除が可能?

ただ、仮に返済の猶予をもらえたとしても、遅延損害金は年率で20.0%掛かってしまいます

人によっては、遅延損害金を免除または減額してもらえないかと思う方もいますが、その交渉は簡単ではありません。

アコムの遅延損害金を減額してもらうためのベストな方法

ですから、どうしてもアコムの借金が払えなくなった場合は、弁護士や司法書士に相談をして債務整理の手続きを行なう方が良いでしょう。

アコムで任意整理をするメリット

アコムで債務整理を行なう場合、個人再生や自己破産という手続きもあります。

しかし、以下の理由から、アコムの借金問題は任意整理でしっかり解決できる可能性は高いです。

裁判所を通さずに手続きが出来る

任意整理の良いところは、個人再生や自己破産と違って、裁判所を通さずに手続きを行なうことが出来るという点です。

任意整理の手続きは、債権者との任意の交渉によって行なわれますが、債権者によっては任意整理に応じてくれず、交渉が難航するところもあります

しかし、アコムは、大手の消費者金融であり、三菱UFJフィナンシャル・グループに属していて財政がしっかりしているので、和解交渉に柔軟に対応してもらえるというメリットがあります。

また任意整理をする場合は、アコムの債務整理用の連絡先を知らなくても、弁護士や司法書士が代理人となってくれるため、お任せしていれば大丈夫です。

もちろん、アコムからの催促もストップしますし、アコムから本人に直接連絡が来ることもありません。

過払い金が発生する場合も

もし、2007年以前から、アコムと取引があった方は、過払い金が発生する可能性があります。

アコムでは、2007年までグレーゾーン金利(利息制限法を超える金利)で融資を行っていたからです。

過払い金が発生すれば、アコムの借金の残債を大幅に減額をすることが出来ますし、場合によっては借金がなくなって逆にお金が戻ってくることもあります。

将来利息をカットして返済総額を大幅に減らせる

仮に過払い金が発生していなくても、任意整理には将来利息をカットすることが出来るというもう一つのメリットがあります。

アコムのような消費者金融の場合、15%~18%の高い金利でお金を借りている方も多いので、その分をカット出来れば、将来的に払う利息がゼロになり、最終的な返済総額を大幅に減らすことが可能となります。

さらに、任意整理を行なって和解をした後、通常は残債を3年間で返済していくようになりますが、アコムでは返済期間を5年で対応してくれることもあります

返済期間が長くなれば、月々の返済額はさらに減らせますし、元本のみの返済となるので、非常に楽になります。

債務整理後にアコムの再契約はできるか?

ただし、アコムで債務整理を行ったあとは、信用情報機関に約5年~10年間(任意整理であれば約5年間)、事故情報が登録されてしまうため、その期間は、新たな借入を行なうことが出来なくなります。

いわゆるブラックリストに載ってしまう訳ですが、事故情報が消えれば、再び、ローンを組んだり、クレジットカードを作ったりすることも可能となります。

ただ、事故情報が消えた後も、アコムと再契約をしようとする場合は、アコムの社内ブラックリストに債務整理を行った記録が残り続けてしまっているので難しいでしょう。

ですから、その場合は、アコム以外のところから借入を行なうようにして下さい。

takeshi1

アコムの借金を債務整理した場合は、このようなデメリットもありますが、それ以上に借金から解放されるメリットの方が遥かに大きいので、まずは気軽に弁護士や司法書士へ相談するようにして下さい。