任意整理を弁護士や司法書士に依頼した後、諸事情が発生したら、途中でやめることは可能なのでしょうか?

実際、任意整理の取り消しを行なう事情はいくつかのパターンがあります。

ここでは、事情別に起こることや対策についてお伝えしていきます。

支払いが可能となって途中で辞める場合

もし、身内が支援をしてくれたり、臨時収入があっったりしたことによって任意整理を途中でやめるということであれば、大きな問題はないでしょう。

ただ、任意整理を途中でやめる場合でも、その時は、既に信用情報機関に事故情報が登録されていることがあります

ですから、信用情報機関に情報開示請求を行ない、もし任意整理の情報が登録されている場合は、情報の削除を依頼する必要が出て来ます。

そこで、もし任意整理を登録を行ったことが誤った情報だと認められれば、削除してもらえる場合もあります。

また、弁護士や司法書士の報酬費用に関しては、もし着手金を払っていた場合、そのお金が返ってこないケースもあります。

法律事務所によっては、一定期間以内であれば返金をしてくれるケースもありますが、対応は分かれるので、必ず事前に確認するようにして下さい

費用が払えなくなって途中で辞める場合

その一方で、任意整理を依頼した後、リストラに遭って収入がゼロになるなど、さらに経済状況が悪化する人も中にはいらっしゃいます。

そこで、弁護士や司法書士に費用を払えないということで、途中でやめるとどうなるのでしょうか。

もし、弁護士や司法書士が辞任すると、最初に債権者に対して受任通知を送ったことにより、止まっていた支払いや取り立てが再開することになります。

それによって、さらに厳しい状況に追い込まれる可能性が高くなるので、個人再生や自己破産など別の手続きが可能か早めに検討して下さい。

任意整理後の和解後の返済ができない場合

任意整理で和解をした後、残債を分割返済することになりますが、その段階で払えなくなるケースもあります。

もし、任意整理後の返済途中に支払いが2回分、あるいは2ヶ月以上遅れると、任意整理で締結した和解内容が破棄されるので、その場合も結果的に任意整理を途中で辞めることになります。

参考記事:任意整理後に支払いが遅れてしまった場合の対処法

任意整理の和解書は債務名義ではないので、任意整理を途中で辞めても、すぐに給料の差し押さえなど強制執行がされる訳ではありません。

しかし、期限の利益を失って、債権者から残債を一括請求されてしまうので、早めに弁護士や司法書士に相談されることをお勧めいたします。

弁護士や司法書士を変更したい場合は?

もし、弁護士や司法書士に任意整理を依頼をしていたけれども、対応が良くなかったりした場合は、弁護士や司法書士を途中で変更することも可能です。

例えば、以前、アディーレが業務停止命令を受けてしまった際に、そこに任意整理の依頼をしていた人達の中には、途中で辞めて弁護士を変更せざるを得なくなったケースもあります。

ただ、この場合も、弁護士などが辞任して契約解除になると、その段階で、貸金業者からの取り立てが再開してしまうので、事前に次の弁護士や司法書士を決めてから変更するようにして下さい。

任意整理を途中でやめることは面倒

このように任意整理を途中でやめることは可能ではありますが、何かと面倒な部分が多いことも事実です。

ですから、そのような事態にならないよう、最初の段階で、弁護士や司法書士とよくコミュニケーションを取りながら、あなたに合った最適なプランを選ぶことが大切となってきます。

takeshi1

無料相談の段階であれば、いくらでもプランを変えることは可能なので、債務整理に強い専門家に相談して、より適切なアドバイスを受けるようにして下さい。