借金の返済が厳しくなってしまう大きな理由の一つとして利息の問題があります。

特に、アコムやプロミスなど大手の消費者金融からお金を借りている人達の中には、15.0%~18.0%と非常に高い金利で利息を払っている方が多いです。

月々の返済額に占める利息の割合が多いと、がんばって借金を返済しても元金がなかなか減りません。

逆に、少しでも返済が遅れると、今度は逆に20.0%ぐらいの遅延損害金が掛かってしまいます。

ただ、そういった時でも、借金の元金のみを返済するように出来る方法をご紹介していきます。

直接交渉は難しい

借金の返済が難しくなった時、直接、消費者金融に交渉をしようと考える方がいらっしゃいます。

もちろん、借金の返済が一時的に遅れたけれども、少しだけ待ってもらえれば、また元のペースで返済できるようになる見込みがあれば、その方法は有効です。

実際にアコムやプロミスに直接、交渉して、運が良ければ以下のような対応まではしてもらえる可能性があります。

ただ、どれだけ運が良くても、貸金業者との直接交渉のみで、元金のみの返済にしてもらうことは、まず不可能です。

債務整理であれば元金のみの返済が可能

もし、どうしても借金の返済が難しい場合、弁護士や司法書士を通じて、債務整理の手続きを行えば、元金のみの返済が可能となります。

法律事務所に債務整理の手続きを依頼した場合、以下の3種類の中からのいずれかを勧められます。

元金の観点から見ると、その違いは以下のようになります。

任意整理 過払い金(払い過ぎた利息)が発生していれば元金も減らせます。また、過払い金が発生していなくても将来利息をカットすることによって、元金のみの返済が基本的に可能となります。
個人再生 元金自体を約5分の1に減額することが可能です。
自己破産 借金自体をチャラにする手続きなので、元金を返済する必要もなくなります。

実際に、あなたがどの手続きでどれくらい借金を減らせるかは以下の方法で調べることが出来ます。

債務整理の手続きは、借金や債務をなしにする政府の法令に基づいて行なうので、かなり確実に借金を減らすことが可能です。

もちろん、債務整理にもデメリットはあります。

債務整理の手続き全体に共通したデメリットは、信用情報機関に事故情報が登録されて、ブラックリストに載った状態になるということです。

そのため、債務整理後、約5年~10年間は新たな借入をすることが出来なくなります。

ただ、そういったデメリットよりも、借金の元金のみを返済することが可能となったり、借金自体を大きく減額したりするメリットの方が大きいと感じた人は、債務整理の手続きを選択されています。

多額の利息を支払い続けるデメリット

債務整理の別のデメリットとして、弁護士や司法書士に手続きを依頼すると、法律事務所への報酬費用が発生するという点が挙げられます。

任意整理であれば費用は債権者一件あたり数万円ぐらいに収まりますが、自己破産になると数十万円単位で費用が掛かることがあるので、注意が必要です。

ただ、もし、あなたが高い金利のまま利息を払い続けていると、完済するまでに数十万円、または100万円以上の利息を支払う可能性が出て来ます。

つまり、多額の借金を抱えたまま放置するデメリットはかなり大きいと言えるのです。

takeshi1

このまま利息を払い続けるか、或いは債務整理を行って元金のみの返済に切り替えるか、弁護士や司法書士の意見も参考にしながら、一度、検討されることをお勧めいたします。