アイフル 返済できない

アイフルに返済ができないと、どうなってしまうのでしょうか?

一応、アイフルでは支払い期日の3日前などにメールでお知らせするaiメール送信サービスを用意しています。

ただ、支払い期日が分かっていても、返せるお金がなくて滞納してしまうと、どうなってしまうのか解説をしていきます。

返済が一日でも遅れると遅延損害金が発生

アイフルからキャッシングをした後、返済が一日でも遅れてしまうと、ペナルティとして遅延損害金が掛かります。

アイフルの遅延損害金は年率20.0%です。

ですから、借入れ残高が100万円で、延滞日数が7日間であった場合、

遅延損害金=借入残高(100万円) x 遅延損害金年率(20%) ÷ 365日 X  延滞日数(7日間) =3,836円

という計算になります。

さらに、返済期日の翌日以降、アイフルから利用者に対して、催促の電話が掛かってくるようになります。

催促のレベルは、徐々にヒートアップ

アイフルから電話が掛かって来たら、いつまでであれば、返済が可能なのか聞かれます。

もし新たに指定された支払い期日までに返済できるのであれば、その日までに必ず支払うようにして下さい。

しかし、それでもアコムに返済ができないでいると、電話や書面を通じたアコムからの催促はさらにヒートアップします。

特に、返済期日を過ぎてから1週間が過ぎると、本格的にアコムからの催促が始まってきますが、その段階で、あなたは既にアコムからの信頼をかなり失っています

まだ信用情報機関に登録される(ブラックリストに載る)ワケではありませんが、利用限度額が減少したり、増額審査をしても断られる状態になってしまいます。

そして、アコムからの電話を無視していると、次は催促状が来ますし、それも無視していると督促状という法的な力がより強い書面が来るようになります。

返済できない期間が61日~3ヶ月になると

アイフルに返済できない滞納期間が61日~3ヶ月になると、状況はさらに深刻になってきます。

なぜなら、

  • 信用情報機関に登録される(ブラックリストに載る)
  • アイフルから一括請求をされる
  • アイフルがアストライ債権回収株式会社に債権を移行してさらに取り立てが厳しくなる

という問題が起こってくるからです。

さらに、最悪の場合は、アイフルから裁判所を通じて、給与を差し押さえられることがあります。

差し押さえができるのは、給料の最大4分の1までとなっています。

ただ、当然のことながら、会社にもアイフルで滞納をしていたことがバレてしまうので、そういった観点でもダメージは大きいです。

早めにアイフルに電話相談を

このようにアイフルへの返済が出来ない状況が続くと、他の消費者金融などカードローンを扱っている会社と同様に、アイフルもどんどん強く催促をするようになってきます。

ですから、アイフルへ返済ができないと感じた場合は、アイフルの会員専用のコールセンター(0570-000417)へ連絡をして支払い相談をするようにして下さい。

また、アイフルも大手の消費者金融なので、借金の取り立ては貸金業法の第21条によって定めれたルールに従って行なわれます。

ですから、いきなりアイフルのスタッフが家族や職場(勤務先)の人達へ連絡をすることはありません。

しかし、もし、アイフルからの連絡を無視し続けていると、やむを得ない事情であると判断されて、自宅や会社へ催促の電話が掛かってくるようになるので、気を付けて下さい。

アイフルに返済を待ってもらうことは可能か?

アイフルの返済が遅れる場合、電話や窓口で事前に支払いの相談をすることによって、返済日を変更して、待ってもらうことは、ある程度、可能です。

しかし、返済猶予は一週間ぐらいしか与えられませんし、その場合でも、損害遅延金は掛かります。

また、どうしても返済が厳しい場合は、アイフルに利息だけを支払えないか相談するという方法もあります。

この場合は、返済期日までに支払いをするのにで、事前に了承を得ていれば、遅延損害金は掛かりません。

参考記事:借金の利息だけ返済するのはレイクもプロミスも可能だけれど

ただ、この方法だと、元本は一切減らないですし、利息のみの返済は、出来たとしても1~2回のみなので、借金問題の本質的な解決には繋がりません

債務整理を行なえば取り立てがストップ

いくらアイフルと密に連絡を取り合っても、返済ができなければ意味がありません。

そんな時は、債務整理で借金問題を解決するという選択肢もあります。

特に、任意整理は裁判所を通さずに、手続きが出来て、多くの人達が利用しているのでお勧めです。

実際、以下の方法でアイフルの借金や返済額をかなり減らせることが分かって希望を持たれている方もたくさんいらっしゃいます。

任意整理を弁護士や司法書士に依頼すると、受任通知がアイフルに送られて、一時的に、取り立てや催促がストップしますし、和解が成立するまで月々の返済も免除されます

さらに、アイフルとの取引期間が長くて、過去に利息制限法で決められた上限金利以上の金利で利息を払っていた場合は、その分、借金の額を減らすことも可能です。

その上で、将来利息をカットし、月々の返済額を減らせるというメリットもあります。

takeshi1

自力返済が出来ればそれに越したことはありませんが、もし、自分ではアイフルへの返済ができないと感じた場合は、早めに法律の専門家に相談をして下さい。