借金を早く返すコツについて、ここでは8つの方法をご紹介していきます。

借金生活が続くと、それが当たり前のような感覚になって来てしまうことってありますよね。

ただ、それは精神衛生的な観点から見ても良くありません!

ですので、ここで紹介したコツを参考にしながら、借金生活を一日でも早く終わらせられるようがんばりましょう。

借金を早く返すコツ

返済計画を立てる

まずは、あなたの借金の返済計画を立てて行きましょう。

もちろん、計画を立ててもその通りにうまくいくとは限らないという意見もあります。

ただ、今の借金の額と金利で、月々の返済がこれぐらいだと、返済期間がどれくらいで、利息がトータルでいくら掛かるのか、きちんと把握することが大切です。

200万円の借金返済についての記事でもまとめましたが、ここで重要なコツは、完済までに支払う利息を把握することです。

その利息分=あなたの損失ということになるので、借金を早く返すというモチベーションは一気に高まるでしょう。

金利が高い借金から順番に返済する

借金の金額が多い人は、消費者金融や銀行など複数の貸金業者から借りていることが多いです。

その場合は、必ず、金利が高いところから順番に返済していきましょう。

もちろん、家族や友達から借りている場合、信頼関係を壊さないために早く返済した方が良いこともあるかもしれません。

ただ、金利が高い借金があると、確実に利息が増えてあなたを苦しめて行くので、可能な限り、そういった借金から早く返すようにして下さい。

まず返済額を確保する

借金を早く返すのは苦手な人は、

「給料をもらった後、生活費を使って、お金が残ったら返済に回そう」

と発想します。

しかし、借金を早く返す人は、給料をもらったら、まず返済額を確保して分けてしまいます

そして残った金額で何とかやりくりするようにしていきます。

人間は、「お金があればついつい使ってしまいたくなる」という心理が働きやすいものです。

ですから、給料をもらったら、とにかくまず返済分を払ってしまって、逃げ道をなくすことが、借金を早く返すコツです。

節約をする

節約を徹底することも借金を早く返す方法として大切なコツとなってきます。

生活の中で無駄なものがないか、以下の記事を参考にしながらチェックしてみてください。

借金返済の為の節約術を一気にご紹介!

副業をする

収入が増えれば、借金を返すペースは間違いなく早くなります。

そのために、有効なのが副業です。

以下の記事で借金返済につなる副業を紹介していますが、頑張れば、月に数万円~数十万円稼ぐことも可能です。

借金返済ができる副業の種類

そういった意味で、副業は借金を一気に減らす可能性を秘めいていると言えます。

借金依存症の習慣をただす

いくら、収入が増えても、買い物やギャンブルなどの依存症になっていたら、バケツに穴を空けたように、お金がなくなり、さらに借金が増えていきます

ですから、そういった依存症の体質になっていると感じたら、生活習慣を改善したり、あるいはカウンセリングを受けたりしながら、借金を作ってしまう生活を正していきましょう。

買い物依存症の改善方法

借り換えて借金を一本化する

もし、借入先が複数ある場合は、借り換えをして借金を一本化するというのも一つの有効な方法です。

なぜなら、借金は一本化すれば金利を下げられるからです。

銀行などでは、借金の一本化を目的としたおまとめローンのプランを提供しているところもあります。

ただ、おまとめローンにはいつくかの注意点もあるので、リスクも把握した上で検討していくことが大切です。

債務整理をする

もし、一気に借金を早く返したいのであれば、債務整理を行なうのが、最も有効でしょう。

もちろん、借金をコツコツ返済しても大丈夫なのであれば、その方法でも良いと思います。

しかし、月々の返済額が予想以上に増えてしまって、どうしようも出来なくなったら、債務整理は非常に効き目があります。

実際、債務整理を行なうと、信用情報機関に事故情報が登録され、ブラックリストに載った状態になるというデメリットもあります。

ただ、それ以上に借金生活を終わらせるというメリットはかなり大きいので、一度、検討してみる価値は十分あるかと思います。

債務整理には、任意整理、個人再生、自己破産と、その人の収入や借金の状況に合わせて、種類を選ぶことが出来ます。

ですので、弁護士や司法書士に相談すれば、最適なプランを提示してもらえるでしょう。

債務整理で借金をどれくらい早く減らせるかは、以下の方法で簡単に調べることが出来ます。

takeshi1

借金を早く返す方法はいろいろありますが、あなたに合ったやり方を見つけて、借金のストレスから解放された人生を早く実現されることを願っています。