債務整理を行なうと、ブラックリストに載って、消費者金融や銀行から借入が出来なくなることを心配する方がいらっしゃいます。

ここでは、その中でも代表的な消費者金融であるSMBCモビットやアイフルの例を挙げながら、債務整理後の借入が可能か解説していきます。

SMBCモビットやアイフルでは借入が難しい理由

まず、結論からお伝えすると、債務整理後、しばらくは、SMBCモビットやアイフルから借入をしようとしても審査に落ちてしまいます

なぜなら、債務整理を行なうと信用情報機関に事故情報が一定期間登録されて、ブラックリストに載った状態になってしまうからです。

SMBCモビットの規約アイフルの規約には、以下の2つの信用情報機関に加盟しているとそれぞれ記載されています。

例えば、JICCでは、債務整理を行った情報が“当該事実の発生日から5年を超えない期間”登録されると明記されています。

また、上記以外の信用情報機関として、全国銀行個人信用情報センター(KSC)があり、個人再生や自己破産を行なうと最大で10年間、事故情報が登録されてしまいます。

そして、KSCの情報はCRINというシステムを通じて、JICCやCICとも情報が共有されています。

ですから、債務整理を行った後、

  • 任意整理を行った場合:約5年間
  • 個人再生や自己破産を行った場合:約10年間

モビットやアイフルから借入が出来ない状況が続いてしまうのでご注意下さい。

ちなみに、モビットでは10秒簡易審査を行なっていますが、その段階で信用情報機関を照会されて審査に落ちます。

一方、アイフルの場合、一秒診断を受けた段階では、信用情報機関の情報が照会されませんが、正式な申し込みをする際に、照会されて審査に落ちます。

信用情報機関の情報が消えたかチェックするには?

ただ、信用情報機関に登録されている事故情報が消えれば、モビットやアイフルから、再び、借入が出来る可能性が出て来ます

もし、事故情報が消えたかどうかチェックしたい方は、上記の信用情報機関に情報開示請求を行なって下さい。

情報開示請求のやり方は以下の記事をご参考にして下さい。

CIC・JICC・KSCの違いと信用情報開示の請求方法

社内ブラックになっている場合は?

また、モビットやアイフルから元々借入を行っていて、それを債務整理の対象にしてしまうと、いわゆる社内ブラックリストに載ってしまいます

モビットの任意整理は厳しいって本当?

その場合、信用情報機関の事故情報が消えても、モビットやアイフルには、債務整理を行ったという記録が半永久的に残ってしまっているので、審査に落ちてしまいます。

ですから、モビットやアイフルを債務整理の対象にした方は、信用情報機関への登録期間が過ぎた後に、アコムやレイクなど他の消費者金融や銀行のカードローンに申込まれることをオススメいたします。

債務整理後はカードローンを利用しないようにする

モビットやアイフルは、いわゆる大手の消費者金融なので債務整理後の借入に対しては、どうしても審査が厳しくなります。

そこで、どうしてもお金を借りたい人の中には、中小の消費者金融や街金・闇金から借入をしようとする方がいらっしゃいます

任意整理後の借り入れは本当にダメ?融資可能なところは?

しかし、一般的に債務整理後でもお金を借りれるところは、

  • 金利が高い
  • 限度額が少ない
  • 取り立てが厳しい

という3拍子が揃っていて、非常に危険です。

ですから、やはり、一番良いのは、債務整理後にモビットやアイフルから借入をする必要性がなくなるという状況を作るということです。

以下の方法を使えば、あなたの借金の返済負担をどれだけ減らせるか無料で診断してもらうことが出来ます。

そこで無理のない返済シミュレーションを立ててみてください。

takeshi1

債務整理後に、借入が必要となる状況を作らないようにすることが出来れば、余計な心配をする必要はありませんので、まずは弁護士や司法書士によく相談しながら、手続きを進めて下さい。

多くの人達が借金の悩みを解決しています!

「毎月の返済が厳しい・・・」
「返しても返しても借金が減らない・・・」
「取り立ての連絡が怖い・・・」

そんな時、法律の専門家に相談すれば借金を減らす方法を教えてもらうことが出来ます。

返済が難しい借金は放置すると毎日、利息が増えていくので、その分、確実に損をしてしまいます。

ですから、1人では決して悩まず、早めに相談をして、新しい人生の第一歩を踏み出してみて下さい。

>>今すぐ借金をどれだけ減らせるか調べてみる